海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン特派員ブログ > 【新型コロナウイルス】ジョンソン首相の容体&ロック...

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月 8日

【新型コロナウイルス】ジョンソン首相の容体&ロックダウン延長の兆し(2020年4月8日現在)


【新型コロナウイルス】ジョンソン首相の容体&ロックダウン延長の兆し(2020年4月8日現在)

今も猛威をふるい続ける新型コロナウイルスCOVID-19、本日2020年4月8日現在イギリス国内での感染者数は5万5242名(そのうち死亡者数は6159名)と公表されています。


先々週に自身が感染し首相官邸にて自己隔離していたボリス・ジョンソン首相は、症状が重くなったため3日前からロンドン市内にあるセント・トーマス病院に入院。その翌日には集中治療室に移動となり看護を受けています。


とはいえ肺炎にはいたっておらず、酸素マスクの使用はあってもさらに重篤な場合の人工呼吸器は不要という、今のところ安定した容体とのこと。明るいムードメーカーでもあり国民に人気のある首相の、1日も早い快復が望まれています。


7apr2.jpg


また先週から今週にかけて、イギリス国内の全世帯(約3000万世帯)に、この首相からの手紙が郵便局ロイヤルメールにより配達されました。


内容はすでにジョンソン首相および保健相らが、毎日のように記者会見で繰り返していたこと。すなわち現在のコロナ禍を克服するためには国民一丸となって協力し、自宅待機することが何よりも大事。そしてわれわれのために日夜尽力している医療従事者らへの謝辞などで、この手紙配布によって改めて念を押しているかたちです。


そんななか、奇しくもジョンソン首相入院が報じられたのと同じ2020年4月6日の夜には、エリザベス2世女王による異例の緊急スピーチが全国放映されました。チャールズ皇太子も先だってウイルス陽性となり自己隔離していたこともあり、女王陛下にとっても深刻なこの事態。やはり国民の協力への感謝と励まし、医療従事者はもちろん今も国民のために働く人々への心のこもったメッセージでした。


イギリス国民に不要不急の外出をしないよう、少なくとも3週間のロックダウンが宣言されてから本日で16日目。まだ感染拡大はピークは迎えておらず、今後も感染者そして犠牲者の増加が予測されている現在、21日間を過ぎても延長される見込みが報じられています。


なおロンドン交通局によると、すでに9名のバス運転士がCOVID-19感染により死亡しています。今もロンドンの動脈として稼働する路線バスですが、利用客にはなるべくうしろのドアから乗車するよう呼びかけています。また運転手のすぐうしろにあたる、最前列席に座るのも控えて欲しいとのこと。


さまざまな制約があり不便ではありますが、安全と健康に代わるものはありません。イギリス、日本、また世界各地の皆さまも、どうぞ気をつけてお過ごしください!


イギリス国民医療機関NHSによるCOVID-19公式Webサイト
https://111.nhs.uk/covid-19

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報
2020年4月 8日
« 前の記事「【新型コロナウイルス】イギリスの現況&日本へ入国後の検疫措置など(2020年4月3日現在)」へ
»次の記事「【新型コロナウィルス】英国ロックダウン延長&日本大使館からのお知らせ(2020年4月17日現在)」 へ
ロンドン特派員 新着記事
Zoomで気軽に参加、HISロンドン「ナショナルギャラリー」宗教画セミナーがおもしろい!
7月10日より、日本からイングランドに入国する際の14日間の自己隔離が不要になりました
7月8日にナショナルギャラリー再開、ロンドン塔も7月10日から、ほか
行動規制の緩和が進むイギリス、7月4日から再開する観光スポットなど
最近のロンドン地下鉄サービス状況(2020年6月24日現在)
【新型コロナウイルス】ロンドンでも電車やバスでマスク着用義務:2020年6月15日より
【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)
【新型コロナウイルス】英国の現況&滞在許可期限延長の特別措置など(2020年5月23日現在)
1年前の同じ月に投稿された記事
メイフェアで気軽にアート気分なカフェ・タイム!王立芸術学院(RA)
キングス・クロス駅のフォトスポットは、ハリー・ポッターの「あれ」!
カズオ・イシグロ原作、映画「日の名残り」ロケ地になった館へ!
レトロで可愛いミシュラン・ハウス、お勧めスポットです!

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集