海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン2特派員ブログ > 歩いて回るユダヤ教ツアー

イギリス/ロンドン2特派員ブログ 櫻木 さとみ さん

イギリス・ロンドン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月 3日

歩いて回るユダヤ教ツアー


歩いて回るユダヤ教ツアー

Night.jpg
すっかり暗くなるのが早くなりました、そしてついに2020年11月5日のガイ・フォークス・ナイトから2回目のロックダウンが始まることになりました。
パブにパトロールに来ていた女性警官の帽子を背後から取って走って逃げる若者など、TVを見るとモラルの低下もここまで来たのかと驚くような場面を目にします。
酔って騒いで人のことなどお構いなしな振る舞いをする方は、コロナにもお構いなしなようです。


コロナ禍前に行われていた、ユダヤ教のウォーキングツアーを紹介します。
移民の苦労や、生まれてから個人の考えとして植えついたユダヤ教の教えを守る人から、礼儀や道徳について学べるものがあるのではないでしょうか。

東ロンドンを歩いて回るユダヤ教ツアー

Start.jpg
ツアーのスタートはAldgate East駅前から、ユダヤ人が19世紀に祖国での殺戮から英国へ逃れてきて、定住したという歴史をガイドさんとともにたどっていきます。 ツアーの参加者は10人程度でした。ガイドさんが最初にツアーの概要や歴史的背景などを説明してくれます。
■Jewish London Walking tour
・住所: Stephen Burstin, 23 The Albany, Sunset Avenue, Woodford Green, IG8 0TJ, England
・URL: https://www.jewishlondonwalkingtours.co.uk/

ツアー最大の見どころ、一般人でもシナゴーグに入れる

Sinagoguejpg.jpg

通常一般人は入れないというシナゴーグに入れてもらえました。


シナゴーグに入れないと、ツアーの魅力が半減してしまいそうです。 お祈りをする祭壇など、一般人が立ち入ってはいけないエリアがあるものの、ユダヤ教のシンボル「ダヒデの星」があちこちにあるシナゴーグの神聖な空間を感じられます。 神聖なので装飾物に触らないように、と注意がされました。

Letters.jpg

ユダヤ教の跡地

東ヨーロッパは移民が住み着く過程で、貧しさや病気、差別などと戦ってきた歴史を持っています。
下の写真は、20世紀のはじめ、1902年、ユダヤ教カレンダーで5662年にBrune street に移動してきたSoup kitckenという建物です。ここはかつて、貧しいユダヤ人コミュニティにスープとパンを提供していた場所とのことです。入口と出口が別々となっており、ワンストップで入口側のドアから入って食事をして出口から出るような構造になっていたようです。 入口の扉にWay in、出口の扉にWay out と書かれているのが見えます。


窓を囲んでいる特徴のあるカーブした装飾ですが、これはGreece keyとよばれる、ギリシャやローマでよく使われていた装飾だそうです。

Building.jpg

下の写真の左側、銀色の高い柱の上に月のマークがランドマークになっている場所は、Brick LaneのもとGreat Syangogueとよばれるシナゴーグがあった場所なんだそうです。いまはGreat Mosqueとよばれるモスクになっています。
19世紀にユダヤ人がこの地に移住してきたときに、もともとはフランスから移住してきたプロテスタントが使っていた教会をシナゴーグに変えて信仰の場所としたそうです。そのあとユダヤ人コミュニティが北ロンドンに移るとともに、1947年から西パキスタンとの内戦から逃れてきたバングラディシュのコミュニティがBrick Laneあたりのおもな住人となり、それにともなってこの建物もモスクに変わったとのことです。

もともと150あった東ロンドンのシナゴーグですが、現在は4つしか残っていないそうです。このBrick Lane にあったシナゴーグもなくなってしまったシナゴーグのひとつだそう。

もともとあったコミュニティがいつの間にかなくなってしまうというのは、ロンドンではよくあることのようです。


かつてあったコミュニティが作った町並みや生活感は新しいコミュニティによって塗り替えられてしまうのですが、それでも建物などはそのまま残っていることが多いです。残った建物や目印になる時代の名残から、それぞれのコミュニティが町を作り上げた時代の移り変わりを知るのはおもしろいものです。

Brick lane.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2020年11月 3日
« 前の記事「ストリートフード的なタイカフェ Rosa's Thai Cafe」へ
»次の記事「ロンドンのベニス Warwick Avenue Station」 へ
ロンドン2特派員 新着記事
17世紀Civil Warの舞台にもなったBasing Houseでネイチャートレイル
York発祥のオレンジチョコレート
ロンドンのベニス Warwick Avenue Station
歩いて回るユダヤ教ツアー
ストリートフード的なタイカフェ Rosa's Thai Cafe
なんとなくさびしい2020年のHalloween
水に囲まれた村Sheppertonでリフレッシュしよう
ロンドンオリジナルコスメショップもユニークなものがいっぱいのBrixton village

イギリス ツアー最安値


2020/12/1更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン2特派員

    ロンドン2特派員
    櫻木 さとみ さん
    中国やマレーシアなどアジアの国での滞在を経て、ロンドンに来て2年になります。Webライターなどをやっています。 イギリスに来て、散歩したり公園に行くだけで、楽しい時間を過ごせるということを発見しました。アウトドア好きが多いイギリス、昔と変わらず散歩をしたり、サイクリングをしたりすることが娯楽になっている生活環境で過ごしていると、心が豊かになる気がします。散歩スポットやガーデンなど町歩きを楽しめる場所を紹介したいと思います。 DISQUS ID @disqus_VjBNghrxgs

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集