海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン2特派員ブログ > 11月5日はボンファイヤーナイト!どんなイベント?

イギリス/ロンドン2特派員ブログ いほっち さん

イギリス・ロンドン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月 5日

11月5日はボンファイヤーナイト!どんなイベント?


11月5日はボンファイヤーナイト!どんなイベント?

毎年11月5日、英国のいたるところでたくさんの花火が打ち上がります。
 
このボンファイヤーナイト、別の名を「Guy Fawkes Night」といい、毎年盛大に楽しまれています。
   
本日はそんな気になるボンファイヤーナイトについて、徹底解説していきます!

  
free-image-bonfire-night.jpg

ボンファイヤーナイトってどんなイベント?

ボンファイヤーナイトとは、UKで毎年11月5日に行われる、花火のイベント。
 
市町村が主体となり、各地で盛大に花火が打ち上げられます。
 
なぜ11月5日に花火......?
その由来は1605年までさかのぼります。
 
1605年11月5日、Gunpowder Plotという団体の一員であるGuy Fawkes氏が、国会議事堂を爆破しようと企みました。
しかし、英国会議事堂(House of Lords)のもとに火薬を敷いたところで見つかり、逮捕。
 
00-guy-fawkes.png
 
Guy Fawkes氏の作戦は失敗に終わり、無事に英国会議事堂の平和は保たれました。
 
「Guy Fawkes night」は、この一連の騒動を忘れないために設定された記念日なのです。

この日を忘れないために作られた歌まであります。

"Remember, remember the fifth of November,
Gunpowder treason and plot.
We see no reason
Why gunpowder treason
Should ever be forgot!"
 
火薬で爆破されそうになった、あの11月5日を絶対に忘れるな!
みたいな感じの歌です。
 
子供から大人まで、イギリス国民に広く知られており、11月5日の花火の音を聞くと思い出される伝統的な歌です。
ちなみに2番以降もあるようですが、知っている人のほうが少ないようです。
 
いまや、花火を楽しむためのいい理由になっている、あの日のGuy Fawkes氏の爆破作戦。
しかし歴史を重んじる英国では、そのイベントの裏にある歴史もしっかり大切にされています。
 
11月5日だけでなく、前後1~2日で行われるエリアもありますので、11月上旬はボンファイヤーナイトに参加して花火を楽しんでみるのもいいかもしれません。
 
各地域で行われる日程が異なり、観覧のためのチケットも用意されています。
気になる方は、ぜひ「Bonfire Night 地域名」でぜひ検索してみてくださいね。

いほっちブログではこの他にも【イギリス生活を豊かにする100のこと】として、イギリスでのお出かけやショッピングが楽しくなるアイディアを発信しています!


また、もし記事が参考になりましたら、下のバナーをクリックして応援してもらえるとうれしいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2021年11月 5日
« 前の記事「【新規オープン!】TA TURU STOREで本場フランスのクレープ&ガレットを食べてみよう♪」へ
»次の記事「【11月11日11時】Remembrance Dayはいったいどんな日?」 へ
ロンドン2特派員 新着記事
The Churchill Armsで最高においしいタイ料理をいただく!
【チョコ好き必見】Knoopsのホットチョコレートがおいしい!
【11月11日11時】Remembrance Dayはいったいどんな日?
11月5日はボンファイヤーナイト!どんなイベント?
【新規オープン!】TA TURU STOREで本場フランスのクレープ&ガレットを食べてみよう♪
【11月7日まで!】JAPAN HOUSEのオリンピック展示を見に行ってみよう!
【期間限定!】ダイアナ妃のウェディングドレスを見に行ってみよう!
【今年は10月3日!】イギリス年間行事ハーベストフェスティバルってなに?

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン2特派員

    ロンドン2特派員
    いほっち さん
    イギリス情報サイト「いほっちBLOG」で、ガイドブックには載っていないような、お出かけ・食・買いもの・旅先を「100のこと」として発信中! 幼少期をロンドンで過ごし、学生時代はシドニーに留学、現在再びロンドン暮らし。渡英前は大手おもちゃ会社に勤めており、ワクワクする楽しいことが大好きです。そんな自分の海外での挑戦や発見が、読んでくれるあなたにとっての、心ときめく体験に繋がりますように!
    ★100のこと ★インスタ DISQUS ID @disqus_mpQrF9ftSM

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集