海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン3特派員ブログ

イギリス/ロンドン3特派員ブログ ふじはる

イギリス・ロンドン3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

イギリスでは10月末になると、11月11日のリメンブランスデーにいたるまでの数週間、町を歩く方の多くや、アナウンサーやスポーツ選手など、公に出る方のほとんどが赤い花のバッジや、飾りを着けています。今回はこの赤いポピーの飾りと、記念日について紹介します。
E163E545-7995-47B1-B639-B7454CCF99CA.jpeg

リメンブランスデー(英語: Remembrance Day、もしくはPoppy Day)は、1918年11月11日の第一次世界大戦終結を記念してイギリス国王ジョージ5世によって定められた記念日です。同日の午前11時には、英国内で第一次大戦の戦死者を追悼するための2分間の黙とうが行われます。


毎年この時期になると、ポピーのバッジが町のいたるところで、数万人のボランティアにより販売されます。これらの寄付で集められたお金は、戦争で家族を亡くした方や退役軍人、戦争によって人生が変わってしまった方々を助けるために使われています。


バッジだけでなく、リースやリストバンドなど種類が豊富で、この時期になると公共交通機関のナンバープレートにもポピーが取りつけられます。テレビのレポーターやアナウンサーはほぼ全員着用しており、この時期にポピーを着用してない方が番組に出演すると、テレビ局や個人にクレームが押し寄せるようです。

0D0FFF77-E575-4D15-B810-BA4A440DE154.jpeg
なぜポピーの花がシンボルになっているかという点では、戦争があった草原に、亡くなった方の遺体を養分に繁殖した赤いポピーが咲き乱れていたという説。傷ついた方の血で染まった場所を遠目で見ると、ポピーが咲いているように見えたから、と、諸説あるそうです。


一方、ポピーを着けることに否定的な方も少なくありません。


リメンバランスデーは、第二次世界大戦以降のすべての戦争におけるイギリス人兵士の犠牲を追悼し、【英雄】として彼らに敬意を表す日であるため、イラク戦争やアフガン戦争に反対している方や、戦争を美化しているようにも見えるこの行動に抗議の意を示し、ポピーを着用しない人たちもいます。


ほかにも、ポピーの同調圧力への嫌悪感で着用をしない人、軍事関係者への強い思いゆえに、周囲の人が安易にブローチを着用していることに抵抗を感じるという人の話も聞きます。
9A753AE3-C869-45FB-89C9-348A952B8158.jpeg


2020年11月 5日

2020年11月3日、英国政府は英国に対するテロの脅威評価レベルを5段階の上から2番目のSevere(深刻。テロが発生する可能性が高い)へと引き上げました。


詳細についてこちらでもお伝えします。


パテル内務大臣は自身のTwitterを通じて、「Joint Terrorism Analysis Centre(合同テロ分析センター)は英国のテロ脅威度をSubstantial(相当)からSevere(深刻)へと変更した。これは予防措置であり、いかなる具体的な脅威に基づくものではない。国民は引き続き警戒を続け、あらゆる不審な行動を見かけた際には警察に通報すべきである」と伝えています。

明日11月5日より、イングランドにおいてロックダウンが始まることにより在住者の行動も制限されることにはなりますが、やむを得ずテロの標的となりやすい場所(公共交通機関や不特定多数の人が集まる場所など)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い不審な状況を察知した場合は速やかにその場を離れるなど、安全確保に十分注意を払ってください。


2020年11月 5日

2020年10月31日、ジョンソン首相は,イングランドにおける新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、11月5日(木)から12月2日(水)までの1ヵ月間、イングランド全体におけるロックダウンを行う予定であると発表しましたので、発表のうち重要な部分について以下のとおりお知らせします。

発表の詳細については、次の英国政府ウェブサイトをご覧ください。
https://www.gov.uk/government/news/prime-minister-announces-new-national-restrictions


1. 11月5日(木)からは皆が家にいなくてはならない。以下のような特別な理由のみ外出が可能である。
(1)教育。
(2)在宅勤務ができない仕事。
(3)屋外での運動やレクリエーション。その場合でも同じ世帯内同士で行うか、別の世帯と一緒に行う場合はあなたひとりとその別世帯のひとり(サポートバブル)と行うこと。
(4)医療や診療、ケガや危険から逃れるためのもの。
(5)食品や必需品の購入。
(6)脆弱な人々のため、またはボランティアとしてケアを提供するため。
例外については法律で規定されている。また、単身世帯は別の世帯と排他的なサポート・バブルを形成できる。また、子供は両親が別居している場合、相互の家へ行き来が可能である。


2. 非必需品の店、レジャーおよびエンターテインメント施設はすべて閉鎖される。ただし、クリック&コレクト型のサービスは継続できる。スーパーマーケットなどの生活必需品の店は開いたままであり、買いだめの必要はない。パブ、バー、レストランも持ち帰りやデリバリーを除いて閉じなければならない。


3. 可能であれば、自宅で仕事をする必要がある。ただし例えば建設業や製造業など、自宅で仕事ができない場合には、職場は開いたままでよい。春(前回)に実施された遮蔽は今回導入されない。臨床的に脆弱な人、または60歳以上の人は、規則に従いほかの人との接触を最小限に抑えるよう特に注意する必要がある。また、臨床的に非常に脆弱な人は、ほかの人との接触を最小限に抑えるだけでなく、自宅で仕事ができない場合は仕事に行くべきではない。


4. 休日に家から離れることに対する免除はない。仕事、教育、または、そのほかの法的に許可された免除がない限り、海外または国内を旅行できないことを意味する。仕事を含む特定の例外を除いて、主たる住居から離れて一晩滞在することは許可されない。インバウンドの海外旅行は引き続き旅行回廊アプローチ(Travel Corridor Approach)によって管理され、現在国内で休暇を取っている人は休暇を終えることができるが、合理的な理由なしに外出しないという要件が適用される。


5. 職業紹介所、裁判所、市民登録事務所などの公共サービスは引き続き営業する。葬儀と個人の祈りを除く礼拝所での共同礼拝、組織化されたチームスポーツ、または子供たちの活動について免除はない。
エリートスポーツは、現在のように観客なしで継続することは認められる。


6. 一時解雇制度として知られるコロナウイルス雇用維持スキームは12月まで継続される。従業員は現在の非就労期間分の給与の80%、最大£2500までを受け取ることができる。労働者を維持する雇用主の費用は、本日終了する現行制度と比較して削減されることになる。


7. 若者を教育にとどめることは国家の優先事項であり、学齢前施設、学校、専門学校、大学はすべて開いたままとなる。親と保護者は子供たちが学校に通い続けることができるようにすべきである。ただし大学や成人学習提供の場合は、可能ならばオンラインでの提供を増やすことを検討すべきである。


8. 親は自分たちが働くことができるように合理的に必要な場合は、認定されたチャイルドケア、あるいは別の育児活動に引き続きアクセスすることができる。親は子供が13歳またはそれ以下の場合、非公式の育児を目的として、ほかの世帯と育児バブル(Childcare Bubble)を形成することができる。


9. 新型コロナウイルス以外の医療ニーズに対する備えを継続することが不可欠である。臨床医が別のことを言わない限りは、引き続きNHSを利用し、スキャンあるいはそのほかの検査、診察、薬や治療を受けることができる。


2020年11月 4日
2020年11月 1日
2020年10月27日
2020年10月22日
2020年10月13日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン3特派員

    ロンドン3特派員
    ふじはる
    ロンドンに移住し、2年。投資顧問会社で働いています。ファッション雑誌のオフィシャルブロガーから地球の歩き方Web特派員へ。ロンドンの飛行機発着便数の多さを活かし、月1回の海外旅行が目標。おいしいロンドングルメを求め日々を過ごしています。イギリス発の弾丸旅行や日本人に合う現地のレストランを中心に、日々の情報を更新します。知りたい事や行って欲しい場所がある方は、Instagram のDMまでご連絡ください。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集