海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン3特派員ブログ > Wimbledon(ウィンブルドン)観戦

イギリス/ロンドン3特派員ブログ ぽちこ

イギリス・ロンドン3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月 7日

Wimbledon(ウィンブルドン)観戦


メール プリント もっと見る

Wimbledon(ウィンブルドン)観戦

ウィンブルドン選手権
日本では全英オープンとも呼ばれる、世界で最も大きなテニスの大会の一つです。
イギリスのウィンブルドンで毎年6月最終月曜日から2週の日程で開催されます

休日はとても人気が高く、コート内で観戦するためには早朝から長蛇の列に並ぶ必要があります。
*知人は1週目の休日に始発電車で向かい、整理券番号は5,000番台、お昼過ぎにコートに入る事が出来たそうです。

決勝戦ともなると、チケット獲得のため2週間前からテントをはって待機している人もいるほどだとか。

私たちが訪れたのは、最終日曜日の決勝戦ではなく、
その前日土曜日女子シングルス決勝とダブルス決勝戦です。
コート内での観戦は諦め、午後3時頃に会場に到着しました。
この時間ともなると、並んでいる人は誰一人おらず、スイスイ会場まで進むことができました。子連れで観戦をしたい方や、雰囲気だけ味わいたい方には大変オススメな方法だと思います。

ウィンブルドンに最も近いTUBEの駅:Southfields
なんと!駅のホームがテニスコートの風合いに装飾されています。
ムードを高めてくれますね♡
FullSizeRender1.jpg

駅から出たら、ウィンブルドンの旗を伝って道を進んでいきます。
途中M&S(マークスアンドスペンサー スーパーマーケット)もあり、水や食料の調達も可能です。会場内にも飲み物や食事が購入できるスペースもあります。
ただし、会場内持ち込みには厳しい制限があるのでHPにて確認する必要があります。
アルコールの持ち込み上限が定められているほか、観戦用の椅子は持込不可です。

*我が家は色々チェックしたにも関わらず、栓抜き、子供用の小さいボールを没収されましたが、1ポンド支払い、帰りに回収できました。
2IMG_8301.JPG

会場入り口へ続く列の始まり。
遅い時間だった為、ガラガラです。
4FullSizeRender 2.jpgFullSizeRender 3.jpg

列に並ぶとこんなステッカーがもらえます。
I've queued in the sun,wimbledon 2017 のメッセージが入ってました。
5FullSizeRender.jpg

そしてコーヒー無料で飲み放題
6FullSizeRender 7.jpg
FullSizeRender 4.jpg
セキュリティーチェックを抜けると、会場入り口へ。
大人;15ポンド
これはGrounds admission 会場内に入る為のチケットであり、コート内に入るためには別にチケットを買う必要があります。
日にちにより異なります。
決勝戦のセンターコート料金:210ポンド

FullSizeRender 6.jpg
FullSizeRender 5.jpg

偶然ですが、翌日の決勝戦に備えて、フェデラー選手が練習していました!!
奇跡です!!!!!

fedIMG_8258.JPG

センターコート前の芝生
女子決勝戦は大賑わいで足の踏み場がありません。IMG_8274.JPG

IMG_8292.JPG
ストロベリークリーム
2.50ポンド

ウィンブルドンの名物
ストロベリークリームは、砂糖に生クリームをとろ〜んとかけただけのデザート。
旬のいちごの酸味とクリームがとっても
スッキリしてて美味しくいただけます。

夏の到来を知らせるこのデザートはウィンブルドンだけでなく、この時期イギリスのレストランやカフェでも扱っているお店が多くなります。


芝生に寝転がりながら、
お酒を飲んだり、
談笑したり、
皆思い思いの観戦スタイルで
ウィンブルドン選手権を楽しんでいました。

まとめ
チケット購入方法
入り口で観戦希望のコートを選択し購入。
コート外の芝生エリアにてモニター観戦可。
金額は日程やコートによって異なる。
最安値;8ポンド 最高値;210ポンド

行き方
District Line "Southfields"駅から歩いて15分程度

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2017年9月 7日
« 前の記事「ロンドンの素敵な"バラ園"」へ
»次の記事「ロンドンのトイレ事情」 へ
おすすめ記事
    ロンドン3特派員 新着記事
    旧1ポンド硬貨 使えなくなる?!"£"
    フォトジェニック ロンドン・ビッグベンのすすめ
    ロンドンのトイレ事情
    Wimbledon(ウィンブルドン)観戦
    ロンドンの素敵な"バラ園"
    イギリスにきたら行くべきおすすめ世界遺産②グリニッジ天文台
    イギリスにきたら行くべきおすすめ世界遺産
    圧倒的な支持率を誇るVictoria & Albert Museum (ヴィクトリア アンド アルバ-トミュ-ジアム)

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン3特派員

      ロンドン3特派員
      ぽちこ
      2015年夏から、夫の転勤により英国ロンドンで子供と3人で暮らしています。 子供を現地の小学校へ通わせており、日本での生活とは全く異なる習慣に刺激を受ける毎日です。 様々な人種が入り交じっているので、異文化交流の機会が大変多く感じます。 育児と家事のかたわら、ロンドンのホットスポットへ繰り出すのが私の楽しみです。 DISQUS ID @keikotsuchiya

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集