海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン3特派員ブログ > 【ロイヤルアスコット】女王陛下に必ず会える場所、賭...

イギリス/ロンドン3特派員ブログ ふじはる

イギリス・ロンドン3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月27日

【ロイヤルアスコット】女王陛下に必ず会える場所、賭け方や会場の様子をレポート。


【ロイヤルアスコット】女王陛下に必ず会える場所、賭け方や会場の様子をレポート。

IMG_3418 2.JPG
ロイヤルアスコットはイギリス王室主催で開催される競馬レース。来場者にはシルクハットやヘッドピースなどの着用を義務づけるドレスコードがあり、華やかな社交場ということでも有名です。エリザベス女王と王室関係者は開催期間中の5日間、毎日ウィンザー城から馬車に乗りロイヤルアスコットの会場へ入ります。

前回の記事で【ロイヤルアスコットとは何か】 を紹介したので、今回は実体験のレポートをお伝えします!

43529830.d50ba25f5246a3a64870e9cd17fcdfcc.19061916.JPG
ロイヤルアスコットの入場エリアでは荷物検査とドレスコードのチェック、人によっては年齢確認があります。


イギリスでは日本人は童顔に見られる傾向があるので、国際免許証やパスポートのコピーを携帯することをおすすめします。飲み物、食べ物の持ち込みはできないので、ご注意を。




無事に入場できたところで、王室関係者入場パレード「ロイヤルプロセッション」が行われる会場中央のパドックへ向かいます。


ロイヤルプロセッションは14時から行われ、女王陛下、王室関係者は中央広場を時計まわりに回られます。

ここで最も注目されるのはほかでもない、女王陛下のお召し物。なぜなら「今日の女王の帽子は何色か」という賭けごとに、多くの人が賭けているから。


私たちはお召し物には賭けそびれたものの、女王陛下やロイヤルファミリーを間近で拝見することができ感動しました。
IMG_3427.JPG

そのあとは14時30分から始まる初回レースの出場馬がお披露目されます。ダビスタ99でG1優勝馬を育て上げた筆者としてはパドックで当てに行く勢いで拝見しましたが、何も得ることはできませんでした......


パドック見学が終わるといよいよ馬券の購入です。会場内には馬券を販売している業者が数多くあり迷ってしまいますが、基本的には賭けたい馬の倍率が一番高い業者を選びます。ちなみに「TOTE」という販売所では£2から賭けることができ、係りの人がいろいろと説明してくださったので、最初の馬券購入が安心してできました。初心者には、1着を予想する「To Win」がわかりやすくておすすめです。
IMG_3419.JPG

レースが終わり、あっさり財産を失ったところで会場を散歩してみました。


会場にはバーやレストラン、ギフトショップなどが充実していました。ギフトショップの店員さんによると、お店の一番人気はヒールに疲れた女性が購入するフラットシューズだそう。写真撮影できる場所もあり枠には長蛇の列ができていましたが、人が少ないレース中だとスムーズに記念写真を撮ることができました。

IMG_3425.JPG


最後はギフトショップでフラットシューズを購入して帰路へ。賭けには負けたものの、イギリスで夏の大イベントの雰囲気を存分に楽しむことができました。以上、ロイヤルアスコットの体験レポートでした。

ふじはるInstagramはこちら ..✈︎

Instagram:@flying_momongar

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦
2020年6月27日
« 前の記事「【イギリス】コロナ自粛の追加緩和、パブや美容院が営業再開」へ
»次の記事「【ロンドン】交通機関乗車レポート、現在のバスや地下鉄、市内の様子について」 へ
ロンドン3特派員 新着記事
【ロンドン】外食解禁!CONRADのBlue Boar レストラン&バー
【イギリス】入国時14日隔離の免除国、対象の全59ヵ国まとめ【入国時自主隔離制限】
【ロンドン】交通機関乗車レポート、現在のバスや地下鉄、市内の様子について
【ロイヤルアスコット】女王陛下に必ず会える場所、賭け方や会場の様子をレポート。
【イギリス】コロナ自粛の追加緩和、パブや美容院が営業再開
【イギリス】ロイヤルアスコットって何?ドレスコードや歴史、会場の様子
ロンドンで卵子凍結検討中。費用と35歳以下の卵子凍結無料プログラムの紹介。
【イギリス】2020年6月15日営業再開業種一覧。新ガイドラインと7月4日以降の営業再開店舗。

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン3特派員

    ロンドン3特派員
    ふじはる
    ロンドンに移住し、2年。投資顧問会社で働いています。ファッション雑誌のオフィシャルブロガーから地球の歩き方Web特派員へ。ロンドンの飛行機発着便数の多さを活かし、月1回の海外旅行が目標。おいしいロンドングルメを求め日々を過ごしています。イギリス発の弾丸旅行や日本人に合う現地のレストランを中心に、日々の情報を更新します。知りたい事や行って欲しい場所がある方は、Instagram のDMまでご連絡ください。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集