海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

以前よりレゴランドに行きたいと子どもにせがまれていたので、今年こそは連れていかねば、と気負っていたところにまさかの新型コロナウイルス発生。今年はダメかと思っていたところ、ちょうどおりよく夏休みがはじまる先月7月4日から再オープンしました。

D78C1D3A-79EF-4F58-9223-72C127CA200E.jpeg

子どもの数年ごしの願いをかなえるべく、イギリスの『レゴランド・ウィンザー(LEGOLAND Windsor)』に行ってきました。ウィンザーとは、ヘンリー王子夫妻(2018年当時)が挙式したウィンザー城(Windsor Castle)が近くにあり、イングランド南東部に位置するウィンザーという街のことです。


コロナ後の入園方法

コロナ後にこういったテーマパークを利用するのははじめてなので、若干緊張して開園時刻をすこし過ぎた10時に到着しました。駐車場はそれほど混んでいなかったのですが、入り口に向かう通りにはなにやらすでにができており、ほどよい混み具合です。

8AFC7EDA-2480-4E91-9D5D-3D0B41ECE82A.jpeg

列をたどると手荷物検査があり、その後はひとりずつ検査器で熱があるかのチェックをされたりと、それゆえの行列でした。チケット売り場はありますが、当日券とオンライン事前予約では40%も値段の差があり、(2020年8月時点でオンライン価格ひとり26ポンド)購入時に並ぶ必要もないので、ほとんどのひとがオンラインチケットを持っているようでした。子ども料金はなく、身長90センチ以下の幼児のみが入場無料でした。


眼下に広がる絶景ビュー

ぶじ入場ゲートをくぐり抜けしばらく直進すると、視界がやけにひらけています。遠くのほうに緑と街並みのようなたてものがうっすら見え、園内なのになぜそんな風景が?とふしぎに思って近づくと、あっとおどろきました。

7369B5FB-DB53-4C96-8E8F-9AAABD1A6908.jpeg

どうやらこのレゴランドは高台にあるようで、そこからは街が一望できる圧巻のパノラマビューが広がっていました。ほかの園内敷地は下のほうにあるようで、グルっと一周するにはそこから坂をくだり、最終的には出口までまたひと山のぼるようなイメージです。おとなとしては遊具施設よりも、この景色を眺められただけでも十分価値があるほど、すばらしい景色でした。


精巧なつくりのミニランド

すこし下のほうに階段でおりると、そこには世界中の観光地をレゴブロックで再現した「ミニランド(Miniland)」がありました。

2AF07071-9492-47DC-8667-8B4455CEF202.jpeg

残念ながら日本はありませんでしたが、さすがに英国エリアはロンドン各所にスコットランドまでそろっており、民謡をBGMにするなどの充実ぶりでした。

05B273E8-FAB3-4563-B68A-BDDDAD16F405.jpeg

擬似水路にほんもののカモ、それも子ガモがスイスイ泳いでいたり、ハトが建てものの間を闊歩していると、やけにハトが大きく見えたりするのがおもしろく、なごみました。


30秒で記念コイン作り

ぜひ試してもらいたいのが、園内各所に設置されている記念コイン製造機で作れるコイン作りです。値段はたったの1.1ポンド!それも、0.1ポンド(1ペンス)は手元に戻ってきます。記念コインとして。

3B4EFF3E-EEEA-4FD9-A507-1606E87BFE29.jpeg

1ポンドと1ペンスの2つの硬貨を機械にセットし、レバーを自分でぐるぐる
回すとアラ不思議。1ペンス硬貨がペロンと伸びて表面にレゴキャラクターが刻印されてはき出されます。しっかり「ウィンザー」の字もあり、旅の記念にピッタリです。


効率的にまわりたい乗りものアトラクション

テーマパークや遊園地といえば、乗りもののアトラクションをいかに多く利用できるか、ということがかなり重要なポイントになってくるかと思います。レゴランド・ウィンザーでは、別途25〜90ポンドまでの「リザーブ&ライド(Reserve & Ride)」券を購入すれば、値段に応じたさまざまな特典を受けられます。


基本は行列に並ばず、別レーンから「割りこみ」ができることが大きな特徴ですが、そのほかにも登録したモバイル端末にリアルタイムの待ち時間が表示されたり、乗りものの予約、キャンセル、変更ができたりと時間を短縮できます。


乗りものは、そのほとんどが入園料に含まれていて追加で支払う必要がありませんが、そのぶんどこでも公平に行列ができていて、待ち時間はかなりのものでした。実際わが家は、今回開園から閉園まぎわまでミッチリと滞在しましたが、そのほとんどは「待ち時間」に費やされたといっても過言ではありません。


ゆいいつの救いといえば、閉園が近づく16時代になるとぐっと列が短くなり、どのアトラクションもスイスイと順番が回ってきたことです。


時短、節約につながる持ちこみテク

行列といえば、今回もっとも時間をとられて並んだのは、皮肉なことにアイスクリーム屋さんでした。天気は快晴、それでもイギリスなので日陰に入ればすぐに肌寒くなりますが、日差しがあればノースリーブにワンピースと目いっぱい夏を楽しむのと同じく、イギリス人にとってアイスクリームは夏の風物詩として欠かせないアイテムです。

18E34932-02F4-4C97-8E38-00F04C4D1F2A.jpeg

かくいうわが家も外出先で子どもたちのアイスはお約束で、結局小一時間近く並ぶ羽目になりました。昼食も、売っているのはせいぜいホットドックかハンバーガーくらいで(食べたあとに大型のピザ店も見つけましたが)、今はこの社会的距離の関係で店内の席は縮小されており、座る場所もままならない、という子連れには少々難しい状況に。

DF6E306F-DBA8-43DA-A3BE-CF24B9B202B4.jpeg

苦労して食べたあとに再びアトラクションで並んでいると、とあることに気づきました。イギリス現地のママさんたちは、インド系なら自家製麺を、白人系ならさまざまな種類の手作りサンドイッチにジュース、スナック、くだものをクーラーバッグから取りだして子どもたちに食べさせています。

93D36BA7-9F2D-44B0-BA0F-93D98383BA46.jpeg

せわしないのとお行儀面ではあまり模範的な例とはいえないかもしれませんが、園内にはベンチもたくさんあることですし、こういった娯楽施設では食べもの持参!が時短と節約のカギだったかもしれません。若い家族連れだけでなく、お孫さんを連れたご高齢のカップルでもこのパターンは多かったのでイギリスでは見慣れた光景なのだと思いました。


ちなみに、わが家が利用したハンバーガー店にはほかにも日本人家族がおり、同じような行動パターンになんだか安心して、勝手に親近感がわいていました。


おみやげショップで旅のしめくくりを

さいごはおとなも子どももお待ちかね、レゴグッズが豊富に売られているみやげもの店のご紹介です。園内各地に小さなショップはありますが、やはり大御所は出入り口付近の大型店。


入場者数の制限から、ほんのすこしだけ並びましたが、とくに問題なくすんなりと入店しました。中はTシャツやリュックサックといったファッションから、定番のレゴブロックのセット、ニンジャ・ゴーなどの特定ブランドのコーナー、セール品に「レゴランド・パークセット」といった新商品などがところ狭しと積まれ、レゴ好きでなくても自然に興奮してしまいます。

7CDD4CCD-AE9C-4F91-BDEC-EC300FEA263A.jpeg
女の子のコーナーもしっかりあり、幼児向けのデュプロ、おとな目線で見てもカッコいい文房具やエコバッグ、旅行カバンの札など、老若男女問わず楽しめる商品が満載です。

「Hard to find」というコーナーは文字どおりほかではあまり売られていないのでしょうか。希少性を感じました。

51D0E491-B876-4070-8304-7B3D0BB06734.jpeg

また、手が出しやすくおなじみのキーホルダーは4.99ポンド均一でズラリと並び、真剣なまなざしで選ぶおとうさんなど、たくさんのおとなが群がっていました。

7FEEFF35-2DBF-4BC4-9ACD-A4C4B715A8E3.jpeg

新型コロナウイルスが終息し、「どこのレゴランドに行こうか」と迷ったときは、イギリスの「レゴランド・ウィンザー」も候補のひとつに入れてみてはどうでしょうか。


2020年8月 8日

昨年2019年は、日本で長い間途絶えていた英国産牛肉輸入23年ぶりに再開された、イギリスの畜産業界にとって感慨深い年になったようです。同時に、英国産の羊肉(ラム)の輸入も初めて認められました。

000.jpg

イギリスの牛肉は赤身の評価が高いとのことですが、日本では最近でこそ赤身のヘルシーさが注目され始めましたが、伝統的に霜ふり牛が人気の日本ではラム肉同様、イギリスの肉事情はあまり知られていないのではないでしょうか。そこで今日は、レストランの注文時にも役立つような肉の部位名を英語で紹介するなど、お肉情報をお伝えします。


かたまり肉文化

イギリスに越して来たばかりの当初、手間どったことにスーパーでの買いものがあります。見知らぬ野菜にもとまどいましたが、肉の種類、形態、部位名が日本とかなり異なるので、何を買えばいいのか判断がつかず、選ぶのに時間がかかりました。

F847ED79-F6F2-4E3E-B0C2-3D79CC704373.jpeg

まず、日本ではあたり前のパックに入っている薄切り肉が見当たりません。角煮やチャーシューにするような塊肉(pork tenderloin fillet)か、ステーキ肉(steak)か、カレー用肉(diced pork/beef/chicken)か、せいぜい豚カツ肉(pork loin steak)かしょうが焼き(Thin Cut Pork Loin Steaks)程度まで。小間切れ肉のような日本で慣れ親しんだ形態のお肉が存在しません。


正確にいえば韓国や中国など、アジア食材店まで出向かないと、普通のイギリスの地場スーパーでは手に入りません。この事実を初めて知ったときは動揺しましたが、必然的にそのあとはサイコロ状になっているカレー用肉や「炒めもの用(stir fry) 」という、豚カツ肉を細切りにしてあるもので代用しています。それでも便利なせいか、品切れがけっこうあるので油断なりません。


日本とは逆の値段設定

日本では豚バラ(pork belly)がほかの部位に比べて高かった気がしますが、こちらは当然うす切りはないもものの、棒状のかたまり肉がボンボン入って安めです。そのかわり、スペアリブ(spare ribs)が手に入りにくく、ポークリブ(pork ribs)という、スペアリブよりやけに骨と身が長い部位を代替にしています。


牛肉は日本でもそうですが、値段と味が如実に比例します。種類も日本でよく知られたサーロイン(sirloin)やフィレ(fillets)牛のほかにランプ(rump)肉など、複数の種類があります。そのためはじめは選ぶ自信がなかったのですが、友達の家で出されたステーキサラダがおいしく、「イギリスのお肉でもこんなにレアで食べられるんだ!」と感動し、以来教えてもらったリブアイ・ステーキ肉(ribeye)という部位のものを愛用するようになりました。


そして一番手こずったのがとり肉です。ムネ肉はchicken breast で納得したのですが、モモ肉が思いつかず調べてみるとchicken thighでした。牛肉と同じで、日本ではパサつきがちなムネ肉よりも脂が多くジューシーなモモ肉のほうが人気で、値段もそのぶんモモ肉のほうが高いです。ところが驚いたことに、イギリスでは「ヘルシー」という理由でムネ肉のほうが人気は高く、値段もモモ肉の方が安いという、日本と真逆の現象です。


骨つきとり肉の種類

そういうわけで、モモ肉好きの日本人には助かるイギリスですが、注意しなければならないのがfiletsと書かれたものを選ばないとchicken thighだけですと、骨がついた状態のモモ肉になってしまいます。


はじめはこのことにも気づかず、誤って購入してしまい調理にてこずりました。フィレ(filets)のほうは、皮がほとんどとり除かれ下処理がよくされているので使いやすいです。日本でいう「皮なしモモ肉」のような状態で、以降わたしはこちらのchicken thigh filet タイプを愛用しています。

F6DFD43F-E6CE-4542-BFCB-7F3F76B90797.jpeg

なお、手羽元はchicken nibletsといい、こちらもごていねいにskin offと皮がわざわざとり除かれています。あくまでも個人的な推測ですがムネ肉といい、イギリスではどうも皮や脂身がないことが「ヘルシー」の象徴なのかもしれません。なお、この手羽元もどこのスーパーにもあるわけではなく、アジア系食材に強い特定のスーパーにしか置いていません。

EB4FE9FE-79FF-454B-9EA8-1C08D2C4C072.jpeg

手羽中にいたっては皆無で、こちらで骨つきのとり肉といえば逆に日本にはないchicken drum sticksという鶏の脚の下部の関節部分か、手羽先(chicken wings)が主流です。クリスマスの時期には七面鳥(turkey)やローストチキン用のchicken legが大々的に売りだされます。ササミはmini chicken breastといい、幸いどのスーパーでも普通に手に入るので安心しました。


ひき肉とそのほかの肉類

最後にひき肉(mince/ground)についてですが、合びき(Bolognese mince)ととりひき肉が手に入りにくいです。はじめはどこにもないのかと思い、自分で豚と牛を混ぜて作成していたほどですが、そのうちいくつかのスーパーではふだんから売られているということに気づきました。

6136E8AC-385B-42C3-B090-8A23DFB5694D.jpeg

けれど、これまた品切れのことも多いので見つけたらすぐに買うことが多いです。とりひき肉は基本的に七面鳥のものになり、以前はふたつのスーパーで見かけましたが、なぜかここ数年はもはや1社のスーパーにしか置いてありません。それも、やっぱりムネ肉のみのひき肉(chicken breast mince)で、モモ肉のミンチは売っていません。あまりにも売っていないので、何度か七面鳥のものをトライしてみましたが、日本人には臭みが感じやすいかと思われ(お好きな方もいらっしゃるでしょうが)、わたしは断念しました。


ほかに日本と異なるのは、ラム肉(lamb)のコーナーがどこでも常設されていることです。慣れるとハマる、みたいな話をけっこう聞くので1度だけ、挑戦しやすいかとひき肉タイプを試してみましたが、わたしにはダメでした……。調理法がマズかったか、臭みをモロにだしてしまい、初心者にはハードルが高かったです。そのあとラム肉がとってもおいしいトルコ料理屋さんに出合い、ラム肉は外で食べよう、と思いました。

BF856E98-AA25-4CEF-BC46-F3D637F114D4.jpeg

今ではイギリスで売られているお肉の各種類、違いを理解し、ふだんの買いものもスムーズになりました。また、これらを知ることは外食でレストランやテイクアウトをする際にも役立っています。メニューを広げたときに、どんな肉類なのか想像がついたり、「なぜとり肉といえばムネ肉のものばかりなのぉ〜?」という疑問も解消されスッキリ納得です。日本の外国レストランでも活用できることがあるかもしれませんので、予備知識として参考になればうれしいです。


2020年8月 1日

新型コロナウイルスの影響により、今月は老舗の米紳士服ブランド「ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)」が経営破綻するなど、世界的に小売業や飲食産業といったさまざまな分野での営業不振が表面化してきました。


イギリスで経営が悪化した有名ブランド

ここイギリスも例外ではなく、今年(2020年)3月には1953年創設の人気生活雑貨ブランド、「ローラ・アシュレイ(Laura Ashley)」が、翌4月には1993年創設の服飾雑貨ブランド「キャス・キッドソン(Cath Kidston)」が破産しました。どちらも日本に展開しており、花柄をベースにしたデザインは知名度、人気ともに不動だと思っていましたが、内情としては年々売り上げが落ちていたようです。そこへ新型コロナウイルスの感染拡大で客足が落ちたことが影響し、運転資金を調達できなかった、といった顛末でした。(参照:The Guardian

75339921-2217-43C0-890C-B070CA817D8F.jpeg

そしてついに、今月7月に入ってからは1834年創設の「ハロッズ(Harrods)」と1864年創設の「ジョン・ルイス(John Lewis)」、このふたつの老舗百貨店までもが従業員を数百人規模の大量解雇にふみきるというニュースが駆けめぐりました(参照:Mail Online)。そのうち、高級スーパー「ウエイトローズ(Waitrose)」(関連記事)を傘下にもつジョン・ルイスは店舗のチェーン展開をしており、新型コロナウイルスの影響で閉鎖を余儀なくされていた全50店舗のうち、18店舗の営業を再開せず実質閉店させることになりました(参照:Fife Today)。


ジョン・ルイスの家電ホーム用品ストア

ジョン・ルイスにはほかに、家電やインテリア、生活雑貨といったホーム用品に特化した「ジョン・ルイス・アットホーム(John Lewis at home)」という店舗があります。

B91E3ACE-229D-43FB-BB74-A735ED352EA7.jpeg

イメージとしては家電のない「ザラ・ホーム(zara home)」のような感じで、クロイドン(関連記事)店もありました。ロンドン郊外在住者としては、都心部まで電車をわざわざ乗り継いで出向かなくても、「都会の空気」をまとったおしゃれブランドが並ぶ、重宝する店舗でした。

F62C7D40-288F-4E7D-8B30-3064045EC993.jpeg

入ってすぐはキッチン用品と菓子類、文具があり、中央にカフェ、奥のほうに家電製品が並びました。

90A4E26A-1860-46E4-A4AE-D5EDD4655CEE.jpeg

右手にはバス用品、カーテンやベッドカバー、シーツといったリネンを取り扱う広いコーナーがあり、こちらで一式をオーダーメイドをする人もけっこういます。

D8A5A01E-97E0-4814-A6BE-3E707C016980.jpeg

少量ですがゲームや玩具、ステーショナリーといった子供向けの商品もあり、とくにゲームのパッケージが海外らしくおしゃれでおすすめです。


今がチャンス、一大バーゲンセール

このように、毎回来店するたびにワクワクさせられていたクロイドン店が、閉鎖店舗のひとつに入れられショックを受けています。閉鎖対象になったアットホーム店はほかに3店で、12店舗中、計4店が営業を再開しないまま閉店します。

42E3E9E6-56D6-410B-B2B2-6B4EB5192328.jpeg

今回紹介したブランドでは、現在どこも大幅値下げの一大バーゲンセールをしています。ローラ・アッシュレイはセールをするために、わざわざ数店舗の営業を再開させています。あの高級老舗百貨店、ハロッズですらセールをしており、キャス・キッドソンが60%オフ、ジョン・ルイスが70%オフ、ローラ・アッシュレイが40〜60%オフとなっています。各店の閉鎖や営業不振はとても残念ですが、セール品を購入して応援するのもひとつの手段かとは思いました。


2020年7月25日
2020年7月20日
2020年7月10日
2020年7月 2日
2020年6月20日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集