海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


基本、どこも入場料が無料で入れる美術館、博物館ばかりのロンドンにいると、「お金かかるのか‥」などと思い、有料の展覧会には足を向けずに終わったり、フリーダ カーロといった人気展の場合は、チケットが完売で見損ねたりしていました。そこで、イギリスで記念すべき初の有料展覧会として、19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスの画家、ピエール ボナールの展覧会を観に行ってきました。

BAE9CBA9-CDB6-418C-A7EC-E60B7408745D.jpeg

ボナールの特徴

今回テート モダンというロンドンの美術館で開催されたこちらのボナール展は、The Colour of Memory というタイトルでもわかる通り、人生の後半戦、45歳を過ぎてから晩年までの、明るく多様な色彩を用いた頃の作品が展示されています。13の小部屋 (room) に分かれた展示室には各年代ごとの作品が集約され、それらを辿っていくとまるでボナールの人生を我々も一緒に辿っているかのような親近感が湧いてきます。
315B2CE3-005D-42F9-96D7-B9BCAB0C05FA.jpeg
《ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール》1906年頃 モダン・プリント 6.5×9cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d’Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

一巡して気付いた特徴、キーワードは「裸婦像」「変わった構図」「明るい色遣い」の三点。裸婦像のモデルは異常にお風呂好きだった奥さんのマルトさんが大半で、普通の立ち姿の他に浴槽に横たわっている構図も繰り返し出てきます。その浴室も、実際にはあり得ない壁の色や床で、とてもカラフルですが原色のビビットカラーではなく、淡いボンヤリとした色と筆遣いが特徴的です。

73F15E05-E067-4462-B907-C10709FB1D0C.jpeg
Nude in Bathtub, Pierre Bonnard, 1937, Photo: © Tate, London [2019]


そのマルトさんは病弱で、ボナールは彼女の湯治も目的としてフランス各地を巡りながら作品を描いたようです。その行く先々で切り取る風景は、家の中から見た庭の景色や部屋の中の食卓で飲食をしている人物など、日常に密接した何気ない光景が多いです。ただ、構図は独特で、人物を真ん中にせずやたら端の方に描いたり、身体の一部が切れている作品がとても多いです。遠近法もあえて無視したりするなど、題材の見せ方にこだわった画家です。

C37F195C-AC3A-44B7-AAE5-9C0AE0B0DD61.jpeg
Coffee, Pierre Bonnard,1915, Photo: © Tate, London [2019]


母親が暮らすフランス南部は特にお気に入りの地域で、そこらを描いた風景は南国を思わせる強い光と情景が旅情緒を醸し出し、私のフランスへのイメージも大幅に変わりました。

7456855D-835C-4504-B383-F40719981783.jpeg
Terrace in the South of France, Pierre Bonnard,1925, Photo: © Tate, London [2019]


興味深い浮気時代

日本でも昨年東京でボナール展があったのですが、ボナールに浮気相手がいた事についてはネット上でもあえて検索しない限り、あまり引っかかりません。ところがテート モダン主催のこの展覧会では、一部屋丸々を使って逢引旅行の地やその相手がモデルと思われる?人物画といった、この頃の作品を集めて展示しています。同行した友人などは、「このコーナー、明らかに他よりウキウキした雰囲気醸し出してない?」と感想を述べていましたが、確かに。色遣いも他の淡いトーンより、燃え盛る恋心が入り込んでる分?心なしかハッキリしているような気がします。

2C19D82E-2F73-48DC-BDC5-072DEDEF18E8.jpeg
Woman at a Table, Pierre Bonnard,1923, Photo: © Tate, London [2019]


そもそも妻マルトさんとは事実婚で、知り合って三十年も経てからようやく結婚しました。それも、ボナールはむしろこの浮気相手に始め求婚していて、どういう事かそれは破綻し結局はマルトと結婚したのです。それを知った浮気相手はその一月後に自殺してしまう、というショッキンングな事まで記されていて、楽しげな作風が一転、複雑な心境に陥りました。


ハイテクな館内設備

こういうレプリカではない、本物が展示される場所では全て作品は剥き出しで置かれているのかと思えば、全てがそうではなく表面がガラスつきの額縁で展示されている物も多かったです。ちょっぴり残念に思いながら歩みを進めると、ありました!キャンバス地が露わになった作品には細い紐が張り巡らされ、枠内には入れないようになっていました。

58B31160-1F69-43A8-8C06-C2A80B08CDEC.jpeg

ところがこの紐、というよりその張り巡らされた場所の天井にセンサーがついており、顔を近づけ過ぎて紐より内側まで顔が「侵入した」形になると、途端にピー!っと美術館に似つかわしい警告音が鳴り響いてしまうので、要注意です。それでも、剥き出しのキャンバスの場合、表面の絵の具のデコボコやサイン、側面まで塗り込められていたりする様子を間近に見れるので、やはり貴重です。


晩年の作品

これまで、ジプシーのように転々としながら歩んできた楽しげなボナールの人生も、最終13番目の部屋に入ると、いよいよ死期が近付いてきているんだな、とこちらも身構えてしまいます。作風やタッチも、なんとなくまた更に変わったように思いました。特に体力の消耗が激しく、甥の手助けを得ながらなんとか描き上げた最期の遺作、花咲くアーモンドの木は、春にも関わらず白い花が雪のようで、全体的に青が濃い点がこれまでの淡いタッチとはちょっと違う印象を受けました。他の作品もこの頃は濃い目です。

382DEA82-3B19-441D-B6D3-657818BA2D49.jpeg
Almond Tree in Blossom, Pierre Bonnard,1946-7, Photo: © Tate, London [2019]


この絵が最後の説明文でもあり、1947年一月、死去、との一文を目にすると私までちょっとした寂しさを感じ、虚無感に襲われました。観客をそんな気持ちにまでさせる、テート モダンの展示手腕も必見です。


TATE MODERN
住所: Bankside, London SE1 9TG
最寄駅: 地下鉄Southwark/ 鉄道 Blackfriars
開催期間: 5月6日まで
開館時間: 10時〜18時 (金、土は22時まで)
入場料: 18ポンド
URL: https://www.tate.org.uk/visit/tate-modern


2019年4月15日

最近では海外を観光旅行するのに、ビザが求められるという機会は殆どない、と感じるのですが、ロシアは煩雑で時間もかかるビザが必要だ、と以前より夫から聞いていました。今回我が家が訪れるのはモスクワです。実際かなり神経を使ってビザを入手したので、ざっと流れだけご紹介します。

E918964B-2736-4ABE-B7FE-1B20C5DBF362.jpeg


余裕を持って事前準備

今月のイースター休みに行く為に一月にホテルを予約したところ、ホテルがビザサポートの書類 visa support voucher を用意してくれました。その後、オンラインでビザの申請をし、パスポート写真を書類に貼り付けたものを持って、二月にロンドンのロシアビザセンターに家族揃って向かいました。

7985F79E-2184-4F08-922E-F70B579EDCAD.jpeg

セキュリティチェックを受けて中に入ると、銀行受付によく似たカウンターがズラリと並んでいます。自分の札番号がテレビ画面に現れたら、窓口に進みます。これは長丁場になりそうだ、と思いましたが予想外に進みは早く、すぐに順番が回ってきました。


その場で修正、再提出

ただ、そこからが何だかんだで時間がかかり、書類不備を指摘され(子供の学校名と連絡先まで!)、新たなものをプリントして再提出せよ、とのお達しが出ます。そう言えばパソコンコーナーがあり、やけに盛況だなと思ったら、この為にあったのですね。

A7EA5322-C621-4E15-8FE7-993E3CC535BA.jpeg

色々手助けしてくれるスタッフまでついて、やけにサービスがいいなと意外な印象を受けたら最後に。コピー代を請求されるという珍事が。しかも、三枚で5ポンド(約750円)!最後に四人分のビザ代 277.6ポンド(約41500円)を払って無事放免です。


受け取りまで1ヶ月!

ビザが発行されるまで、優先サービスを利用しない限りは通常四週間かかります。以前は本人が出向かなかくても代行業者に頼めていたのですが、2014年以降は指紋採取の為に、本人以外は申請出来なくなってしまいました。


予定通りひと月後、パスポートを受け取りに再度足を運び、ようやくロシア行きの準備が整いました。長かった。

A4D330F8-0763-4E3B-AD53-2FF6329985C3.jpeg


Russia Visa Application Centre
申請時間: 平日8時半〜15時、パスポート受取時間: 平日17時半まで
住所: 15- 27 Gee Street, Barbican, London EC1V 3RD
最寄駅: 地下鉄 Barbican Station 徒歩10分
シングル観光ビザ代: 38.4ポンド(約5760円)
URL: http://ru.vfsglobal.co.uk/contact_us.html
ツアー


2019年4月 7日

日本では五月に母の日がありますが、世界では様々な月に行われるようです。例えばタイは、シリキット国王妃の誕生日(8月12日)を母の日としています。では、イギリスはと言うと元々イースター(復活祭)行事の一環であったという、マザリング サンデー Mothering Sunday がそれに該当します。

EAEE621D-D2B5-411A-B29D-81EF6A8A9E35.jpeg


ピンクに染まる商店街

日にちは、復活祭の当日であるイースター サンデーの三週間前の日曜日に設定されます。ところが、そもそもこのイースター自体が毎年変わるので年によって、ひと月近く日にちが違ったりするので、越してきてからの初年度は特によくわかりませんでした。が、買い物に出掛けると、何やら店全体がピンクの雰囲気?バレンタインかと思うようなハートも並び、そのうち Mum(ママ)という言葉がやたら目に入り始め、文具屋さんのショーウィンドウには派手なバルーンや綺麗にラッピングされたボックスが並んでいるので「これはひょっとして・・?」とようやく気付いた次第です。

C8D979ED-E7C9-4455-9E5D-8E8C433F5378.jpeg


イギリス式母の日行事

そのうち子供達が学校から、ママ尽くしの手作り作品やらカードを持ち帰ってくるようになり、益々母の日が近付いていることを確信。

56E918C0-28A6-4A56-BF7B-9C94BB99E2B4.jpeg

極め付けには息子の通うボーイスカウトから、教会で行われるマザリング サンデーの案内が。はて、何故教会に行くのだろう、と不思議に思いながらもこれもまた経験と足を運ぶと、子供達はスカウト旗を持って行進し、礼拝堂で日曜礼拝に参加しました。

4D2F2C18-4BAE-402D-B353-B28264068CF9.jpeg

母の日に因んで、聖書に出てくるハナ、ナオミ、マリーと言う三人の母親を題材にしたお話がありました。私も後ろで拝聴していると、最後に息子が花を渡しに来てくれました。


マザリング サンデーとは

最近では世界に倣ってマザーズ デーと言う事が多くなってきて、商店でのパネル等はマザーズ デーになっていますが、本来は上記のように日本で言えば寺院の檀家制度のような、洗礼を受けたり幼少期より通っている実家近くの馴染みのある教会(Mother)に出向いて家族皆で礼拝を受けることが、大事なしきたりでした。

615EF53A-1B54-4DAF-B129-379E7FBC8708.jpeg
(c) Sainsbury’s


それに加え、シムネル ケーキというドライフルーツ入りの伝統的なお菓子を食べたり、母親だけでなく祖母にまで労ってプレゼントを贈ったりします。更に現代版ですと、何はともあれカードやプレゼントを贈る他、映画で見かけるようなベッドまで朝ご飯を運んであげたり、ランチやディナーを代わりに作ったり、素敵なカフェに連れ出す、エステで癒してあげる等、「お母さんにラクをして貰う」という趣旨が日頃の感謝と共に込められているようです。(出展: Time and Date


2019年3月31日
2019年3月24日
2019年3月17日
2019年3月10日
2019年3月 2日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集