海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月12日より、ようやくイギリスでのロックダウン規制が緩和され、必需品以外の小売店や一部の飲食店、娯楽施設が再開しました。日本ではGW前後が緊急事態宣言下にあり、外出を控えた方も多かったかと思いますが、こちらではやはり5月に祝日があったので、コロナ対策のとりやすい屋外施設「キュー・ガーデン(Kew Gardens)」に行ってきました。
EA9760A0-048D-4855-B15D-83AD8C27272D.jpeg
ロンドン南西部リッチモンドとキューの中間に位置するこの植物園は、チャールズ皇太子が後援する王立植物園で、2003年には世界遺産にも認定されています。ロンドン中心部から電車でわずか30分ほどの場所に、約132ヘクタールもある広大な敷地が広がっています。


さすがは「ロイヤル」、優雅で巨大な温室

入場ゲートは駐車場脇、電車、地下鉄などの最寄り駅近くと4つもあり、とてもアクセスがしやすい施設です。門構えはキュー・ブリッジ駅近くの「エリザベス・ゲート」が、まるでバッキンガム・パレスのようで一番立派でしたが、メイン・ゲートとして入場者がもっとも多そうなのは、キュー・ガーデン駅近くの「ビクトリア・ゲート」です。


こちらですと目の前にすぐ、目玉施設のひとつである「パーム・ハウス(Palm House)」という巨大な温室があり、主要ポイントを効率よく見て回ることができます。
121FD59D-5517-4380-88DA-A3252D32C244.jpeg
屋内施設のため、そのほかの温室(Glasshouses)やギャラリーなどと同様、こちらも残念ながら今回はまだコロナ規制が適用され、中を見ることができませんでした。


それでも、1万6000枚の窓ガラスを用い、当時世界最大、かつ最古の温室として建てられた温室は外観からでも十分、歴史に思いを馳せることができました。中の展示は「パーム」の名前のとおり、ヤシの木といった熱帯植物が集められているそうです。


船体技術を元に、船の形を模した「パーム・ハウス」から一転、もうひとつの大型温室「テンペレート・ハウス(Temperate House)」は、王立の名にふさわしい、まるで宮殿のような優美さをかもし出しています。
787C8E6D-95C8-48F0-A0CF-D442F0B5D0E7.jpeg
5年間もの改装期間を経て、2018年にリニューアル・オープンを果たしたこちらの温室にはアフリカ、オセアニア、アメリカ、アジアの大陸と太平洋諸島に生育する1500種の植物が置かれています。建物の大きさは「パーム・ハウス」の2倍で、植物の種類、数、施設ともに世界最大級です。


イギリス国内最小の宮殿

キュー・ガーデンは1759年に宮殿併設の庭園として始まり、いまでは世界で最も有名な植物と菌類の研究機関として知られています。その「キュー宮殿(Kew Palace )」も園内で見学できますが、この宮殿はイギリスにしては珍しい外観をしています。


オレンジ色に近い赤レンガ造りのこちらは、オランダにルーツを持つロンドンの絹商人が1631年に建てた、もとの名を「オランダ・ハウス(The Dutch House)」と言います。
D69C75A2-223A-47A6-BA0C-0B411776DE1B.jpeg
1728年、王家に貸し出されて以来「最も小さな王宮」として親しまれ、特に療養のために滞在したジョージ3世にとっては、心の拠りどころともなった場所です。本来は建物の中まで入れますが、この日は案の定まだ立ち入り禁止で、公開は今年6月4日までお預けです。


代わりに「女王の庭(the Queen's Garden)」を散策しましたが、宮殿同様こぢんまりとした庭園はこの時期、黄色い藤の花が見頃でした。


個性的な建造物とそのほかの見どころ

そのほか、遠くからでもすぐに見つけることができる、高さ約50メートルの仏塔「パゴダ(Great Pagoda)」や日本庭園があるアジアコーナー、現代アートのようなモダンな蜂の巣を模した建造物「ハイブ(The Hive)」、トロッコ貨車の線路?と思った空中遊歩道「Treetop Walkway」、子供たちが夢中になる「The Children's Garden」と、終日楽しめます。
D04DC06B-E1FB-4DF5-A3F8-EED9E7E408B6.jpeg
その一方で、ロンドンから近いせいか、はたまた年間パスを所有しているからか、15時頃でも来園する日本人親子をけっこう見かけました。


それだけ便利な立地で、皆さん気軽に利用していそうなので、わが家も今回見損ねた温室や宮殿内部を見に、ロックダウン規制全面解除後(キュー・ガーデンでは6月4日が有力ですが、最新情報は下記ウェブサイトにて適宜ご確認ください)に、再び訪れたいと思いました。


◼️The Royal Botanic Gardens, Kew
・住所: Kew, Richmond, London, TW9 3AE
・アクセス: 地下鉄Kew Gardens駅徒歩5分など多数
・開園時間:  (8月末までの時間)月~金10:00~19:00、土日・祝日10:00~20:00
・URL: https://www.kew.org/kew-gardens/visit-kew-gardens


2021年5月10日

もともと信じやすく騙されやすいタチなので、日本にいる頃は人並みに「オレオレ詐欺」などには気をつけていましたが、海外ですと旅行や生活中にどうしても言葉の壁から情報を拾い損ねたり、現地の言葉で話しかけられたりするとビックリしていとも簡単に騙されてしまいます。
0DC26D5E-B1B0-4C0B-BDB2-D63B3AE0A3B0.jpeg
つい先日も怪しげな電話が、それも2度もあったのでさすがに不審に思い夫に聞いてみると、いまはコロナ禍で不景気なこともあり、さまざまな手法で詐欺行為を働くやからが増えているそうです。以下、実際にあったやりとりをレポートします。


過去の迷惑電話

普段、インターネット回線のために引いている固定電話には、誰にも番号を教えていないので知り合いからかかってくるわけもなく、セールスや間違いなど、ろくな要件がないのであるときを境に応対するのはやめました。


問題は、個人の携帯電話にかかってくる正体不明の番号です。病院やお店の予約など、たまに見知らぬ電話番号から、それも忘れた頃にかかってきたりするので、基本的にはすべての着信に出ています。


最近では減りましたが、来英当初はなぜか「あなたの車が事故にあったと聞いたが、それは事実か」という、自称保険会社からの電話が頻繁にあり辟易しました。


これに関しては運転をしないので迷わず受け答えし、強い口調で応対することができたのですが、「違う」と言ってるにもかかわらず記録や引き継ぎが社内?でできていないのか、相変わらず毎回同じ質問で別の担当者からかかってきました。


申し訳なさそうな演技で謝る人もいれば、「違う」と言った瞬間にガチャ切りしてくる人もおり、時間も無駄ですしなによりたいへん不快でした。


威厳のある行政口調

それが、そういえば最近かかってこないな、と油断していた矢先、今度は民間企業ではなくなにやら「revenue」と収入や税金に関係ありそうな単語を持ち出し、支払い義務があるから担当者と話すために回線番号1番を押す必要がある。


押さなければ「lawsuit」する、と法律(law)という言葉が出てきたので、慌ててボタンを押しました。働いていないのになぜ税金が関係あるのかと、疑問が脳裏をよぎりましたが、普段から税関連の書類は夫宛てに郵便でしょっちゅう届くので、それと似たような用件かと思いました。


また、声が過去の保険会社のくだけた調子とは違い、とてもきれいなアナウンサー調で、いかにもお役所的な音声だったことも後押ししました。


一転インド訛りに

ところが、代わって登場した「担当者」が今度は一転、明らかにインド訛りの発音に。それでも、他民族国家のイギリスでインド人も多いのでさほど気にせず、聞かれたとおりに回答していきました。


そう、フルネームといった個人情報を!!


なんの疑念も抱かず、強いて言えば名前のスペルを何度も聞き直されてイラっとした程度で、その後も答えていたのですが「で、お仕事はなにを?」という質問に「働いていない」と言った瞬間にまた切れました。


回線のせいか、それとももともと私自身もはじめから疑問に思っていた「働いていないなら関係ない」という事例にまさに当てはまったため、やはりガチャ切りしてきたのか。


またしても不快でしたが、繰り返すようにこちらではよくある失礼な態度なので、あまり気にせずそのまま忘れてしまいました。


音信不通の電話番号

それが、1週間も経つと再び同じ内容でかかってきました。今度は自分は該当せず関係ないのではないかという自信があったのと、また、前回おそらく自動音声であることに気づいたため、今度はこちらがすぐに切りました。


しかし、またかかってきたら面倒だ、「該当しないから今後かけてこないよう、データに入力してもらいたい」と言いたくなり着信番号にかけ直すと、「この番号には繋がりません」という自動音声が流れてきました。


試しに、その前の週にかかってきた番号にもかけてみましたが、同じでした。そこでようやく夫に聞いてみると、冒頭の会話にもあったよう、詐欺だと発覚しました。テレビやラジオなどでも注意喚起しているから本気で気をつけるべきだ、と言われてしまいました。


さっそくインターネットで調べてみると、政府による注意情報が一発で出てきて、いかにいま現在流行っているかということがよくわかりました。


それによると、英国の歳入税関庁(Her Majesty’s Revenue and Customs《HMRC》 )を語った騙しの手口が携帯電話のショート・メッセージ、Eメールに電話、SNSなど多岐にわたり、問い合わせが殺到しているそうです。


Revenuelawsuit1番ボタンに自動音声まで、なにからなにまで私が受けたパターンに完全に一致しており愕然としました。


今回の学びとしては、訛りがなく、かつ強い口調で淀みなく話されると、指示に従ってしまう確率が高まるなと思いました。心当たりがなく、少しでも疑問がよぎったときはその直感に従うべきで、特に住所・氏名など個人情報を与える場合はとりわけ注意が必要だとも。


旅行中にも当てはまる教訓かと思いますので、参考にしていただければ幸いです。


2021年5月 2日

先月2021年3月1日に「聖デービッド・デー(St David’s Day)」(関連記事)を祝ったウェールズ(Wales)のシンボルは赤い竜(ドラゴン)で国旗にも描かれていますが、イギリスには白い竜もいます。


4月は聖ジョージの日

ロンドン市内を歩いていると、竜をかたどった紋章をよく見かけます。これは金融街、シティが採用しているシンボルで、シティの紋章はイングランドの守護聖人である聖ジョージ(Saint George)とシティ・オブ・ロンドンの守護聖人、聖ポール(Saint Paul)の象徴が合体したものです。
E786A3BF-DEF3-4598-8A8A-9FD47A91D533.jpeg
今週4月23日は、その聖人をたたえる記念日「聖ジョージ・デー(St George’s Day)」ですが、聖ジョージと鬼退治ならぬ竜退治は切っても切れない、伝説として語り継がれています。わが子が通うイギリス現地の学校でも、毎年この季節になると授業でこの逸話を習うほどです。


紅白竜の戦い

ウェールズの人々が赤い竜にアイデンティティを見出すように、イングランドの人たちにとっては、白い竜がルーツを思い起こさせる民族的象徴です。その昔、イギリスのブリテン島(イングランド、スコットランド、ウェールズ)はローマ人によって支配されていましたが、ローマ軍撤退後はゲルマン系のサクソン人アングル人が渡来し、もともと定住していたケルト系の土着民族であるブリトン人と激しい争いが生じました。


その時にアングロ・サクソン人は白い竜、ウェールズ人の祖先であるブリトン人は赤い竜と、双方の軍が竜の絵を旗に入れました。これが今日のイングランドとウェールズが、それぞれの竜を象徴としている所以です(参照: “The White Dragon Flag of the English” we are the ENGLISH.com 2021.)。


現在、竜の絵が旗に残っているのはウェールズだけで、イングランド人が祝う聖ジョージ・デーでは、イングランドの国旗「セント・ジョージ・クロス(St. George’s Cross)」 という、白地に聖ジョージの血を表した赤の十字が描かれた旗を掲げます。
134C7118-E302-4DC4-AC5F-3B7B527E5C2B.jpeg
私はまだこちらに来たばかりの頃この旗を知らず、ママ友に「あれはいったいどこの国の旗? なんであんなにおっきな旗をわざわざあげてるの?」と聞き、初めてその存在を知りました。


聖ジョージによる伝説の竜退治

イギリスと竜の関係は、これだけではありません。ウェールズの聖人、デービッドに伝説がついて回ったように、イングランドの聖人、ジョージにも有名な伝説があります。それがまたしても登場する竜、ドラゴン退治です。いくつかのバージョンがあるようですが、基本的なストーリーは次のようなもの(参照:Barrow, Mandy “The Legend of Saint George and the Dragon” Project Britain 2014.)。


-とある町が、悪い竜によって支配されている
-若い姫が竜の生け贄にされる
-それを聞きつけたジョージが村に乗り込み、見事竜を退治し姫を助け出す


竜が悪の化身とされていた中世のヨーロッパでは、悪い竜をやっつけるという聖ジョージの話はわかりやすい勧善懲悪で、後世にまで伝わるほど人気になりました。


当日の楽しみ方

聖ジョージの命日である4月23日の前後には、例年イングランド各地で祭りが開かれます。鎧かぶとを身につけ、聖ジョージに扮した人が竜退治を再現したり、地元のパブで、伝統的なイングランド料理を食べるなどして楽しむそうです。


特に大々的なのはロンドンのトラファルガー広場で、食べ物の出店やマーケット、露店が並び、さまざまな関連イベントが催されます。


イギリスの伝統ダンスであるモリス・ダンス(Morris dance)や古典人形劇のパンチ&ジュディ(Punch&Judy)が披露されたりと、イギリスらしい慣習にどっぷり浸かれる日となります。
752A2A39-0763-4D08-87A3-C82F7FD6CE03.jpeg
ただし、昨年はコロナ禍による都市封鎖中で、これらイベントは軒並みキャンセル。今年も再びロックダウンの最中とあり、引き続き開催は見送られました。


聖ジョージの威力

実は、聖ジョージはイギリス人ではありません。それどころか、イギリスに足を踏み入れたこともなく、スペインのカタルーニャ地方やエチオピアなど、そのほかの国や地域でも守護聖人として崇められています。


聖ジョージはローマ兵でしたが、所属していたローマ軍より棄教するよう迫られてもせず、ついには殉教してしまったと言われています。キリスト教信者の多いイングランドでは、こういった信心深い態度や勇敢な行動力などが、当時の王を始め、一般市民にも好意的に受け止められたのではないでしょうか。


中世時代には、ペストなど疫病から守ってくれる聖人(参照:”9 THINGS YOU DIDN’T KNOW ABOUT ST GEORGE” English Heritage)としても信奉されていたそうで、時を越え歴史は繰り返されるのでしょうか。


新型コロナが蔓延してしまった現代との不気味な因果関係を見たようで、当時の人々の気持ちにまで想いを馳せてしまいました。聖ジョージの御加護で、コロナも退治できたらどれだけの人が助かることか……。


来年こそは、通常どおりに各種イベントが開催されることを祈っています。


2021年4月19日
2021年4月12日
2021年4月 5日
2021年4月 1日
2021年3月22日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集