海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


好きな時に好きなだけ観られるインターネットに慣れてしまうと、放送時間に縛られるテレビ番組、ましてや外国語で観るなんて事はハードルの高いものだと思いますが、こと外国の言葉や風習、流行りなどを知る為にはことさら有能なツールとなってくれます。

テレビのいいところ

テレビの利点は、現地の情報がリアルタイムで入ってくる事で、通常は煩わしいCMでさえも、現地の人達はどのような製品を利用しているのか、各地のレジャー施設情報、季節行事、そして状況に応じた言い回しを知る事が出来ます。言葉は生物なので、本や雑誌、ネットで得た言い回しの場合、本当に今現在日常的に使われているのか、また、発音なども気になるところです。こういった心配を解消してくれるのがテレビで、CMや番組中に活字で得た単語、言い回しを耳にすると「あぁ、本当にこう言うんだ。」と安心し、記憶にも残るので身になります。


お気に入りの番組を見つけよう

とは言っても、ニュースから映画、旅番組までテレビにも多種多様なジャンルの番組があるので、一体何から観始めれば良いのだろう、と迷いますね。そういう時は自分の興味があるものを観ましょう。でないと観る気が起きないので、私の場合は音楽、グルメや旅、色んなパターンのデート番組(時にはゲイや熟年カップル等も)、家探し、セレブの暮らしぶり、警察、救急隊員ものと、スポーツ以外多岐に渡ります。中でも食の番組に特化した衛星放送、フード ネットワークというテレビ局の番組がお気に入りです。

41B583EB-6052-46CC-830E-D24A5A5AEFBE.jpeg
Scripps Networks International (UK) Limited © 2019


イギリスで有名なカリスマシェフ

例えば、セレブシェフのジェイミー オリバー Jamie Oliver は他局でも数多くの冠番組を持っていますが、毎週金曜の17時や21時から不定期に放送される(その他の平日も13時からやっていたりします。)ジェイミー ダズ Jamie Does…はヨーロッパと北アフリカを横断しながら、地元の食材などを使った料理やその土地の文化、人々との交流を紹介する番組です。


豪快で軽快なライブショー

アウトドア料理が多く、屋外でもブレンダーを使って新鮮なトマトとキュウリでガスパチョを作ったり、キャンプファイヤーをしながらワイルドに兎を解体調理!グロテスクな構図なのに、余りにも淡々として自然なので、不思議と不快感なし。中から綺麗なピンク色のお肉が出てきても、新鮮なんだろうなぁ、と思ってしまう。でも、毛皮がついた肉とか初めて見ました・・!

1D9C481E-6179-4EAF-A90B-C9A477DD0021.jpeg
参照: Tesco February 2019


とある朝は、景色のいい田舎のコテージで朝からバゲッドに何やら手作りペーストを塗って、その上にポーチドエッグをのっけたものを作り、バルコニーで食べるジェイミー。おもむろに卵を「こうして・・指でピンと弾いて黄身を中から飛び出させて・・バゲッドに広げるのさ」と、凡人には思いもつかない方法で食を楽しみます。レシピと睨めっこしながらでないと料理出来ない私からすると、いつもながらの、しきりに喋りながらも、鮮やかな手捌きで調理する様は、いつ見ても圧巻です。


またある時は海辺で白身魚を蒸したものにサルサソース宜しく、野菜、ニンニクなどを物凄い速さで刻んで混ぜてかけて・・んじゃ、イタダキマス、とその場でペロッと平らげる姿も気持ちが良いです。

E6EC3F2D-5279-4AB6-8A01-8B5BCDCF3C0C.jpeg


彼は事業も手広くやっているので、近年では経営しているレストランがいくつも閉店に追い込まれたりと、少し大変そうですが、彼の顔写真を表紙にした料理本をスーパーや本屋で見ない日はなく、あまりにも至る所で目にするので、私も誰に教えられた訳でもなく覚えてしまったくらいです。

B3B208C9-F123-4010-8E2F-CB4A24FEA2AC.jpeg
参照: Tesco February 2019


また、食の廃棄を減らす為に、不揃いで通常は規格外の野菜を使って調理したり、ジャンキーなイギリス給食を改善しようと活動したり、とても共感しやすく自然と彼を応援したくなる魅力を備えています。今年からは最大手スーパーのテスコ(関連記事)と組み、地域の料理人達に余剰食品の有効活用を促したりする、地域調理学校 Community Cookery School を立ち上げました。詳しくは下記のサイトで、彼が関わっている活動及び番組をチェックしてみて下さい。


Food Network
URL: http://www.foodnetwork.co.uk/tv-guide.html
Fareshare
URL: https://fareshare.org.uk/what-we-do/


2019年2月16日

お陰様で晴れて「卒業」する事ができましたが、まだイギリスに来てまもない頃の昨年度は、本当にこちらにお世話になりました。各地の教会が運営する、イギリスの児童館とも言うべき、プレイグループ playgroup。学期期間のみの開催が殆どなので、自然と幼稚園前までの子供を遊ばせに来るお母さんが多いですが、young children であれば細かい縛りはなく、生後間もない赤ちゃんから、就学前までのちょっと年齢が高めの子供まで、誰もが利用する事ができます。

3B01531C-45D4-4D5B-9111-47F3A65B89AD.jpeg

日本の児童館との違い

日本との最大の違いは、日本の児童館が行政機関による公共の施設とサービスであるのに対し、イギリスのそれは教会のホールを解放して、主に各教会の信者とその他教会とは関係のない、有志のボランティアによって運営されている事です。初めはそこの違いがよくわからず、「アレ、お金かかるのか」と軽く驚きましたが、利用してみるとナルホドナルホド、有料とは言っても教会によって細かく分かれますが、せいぜい1ポンドから最高でも2ポンド(約150円から300円)。教会ではなく、個人で運営しているところもあるそうで、その場合は5、6ポンド(約750円から900円)だそうなので、誘ったママ友も「え、そんなんでいいの?個人のとこだと一人で大変だから、後片付けも参加者全員で本気で全てするけど、ここはそこまで本格的にしなくてもいいし、安いネ!」と驚いていたくらいです。

E8BF7F53-4AC7-47C4-9394-673710A486C9.jpeg


ママも大満足

しかも、イギリスのプレイグループには、ママに嬉しい事が沢山。まず、食べ物とドリンクが振舞われます。子供にはジュース、大人にはコーヒーか紅茶を、それも、スタッフがご丁寧に一杯ずついれてくれるサービスつきです。それに日替わりのビスケット、誰かの差し入れがある日は別に、様々なお菓子をお裾分けして貰える教会もあります。季節の果物やお菓子の場合もあり、特に印象深いのはまだ参加したての夏の頃、苺とホイップクリームが出された事です。

F599A4C8-C447-40B9-BE31-583D68D27F76.jpeg

何故に?と不思議だったのですが、その頃は丁度テニスのウインブルドン大会が開催されている真っ只中。イギリスでは大会を観戦しながら、このストロベリー クリームを食すのが慣例なんだそうです。また、スコーンも出た事があり、ド定番にこれまたクリームと苺ジャムを塗って食べた時の美味しさ。こちらもまだイギリスに来たてホヤホヤで、本場のスコーンを食べるのも初めてだったので、余計感動しました。


別の大きい教会では、参加費が1.5 ポンドと、他の1ポンドのところより若干多い分予算があるのか、ビスケットの他にバターやジャムをつけ放題のトーストがあり、ドリンクもセルフ式なので、遠慮なく頂けちゃいます。子供を大量のオモチャに溢れた広いホールで遊ばせながら、親はノンビリ朝からティータイム、としけ込む事ができるのです。(実際は子供が常にまとわりついたり目が離せなかったりで、そんなには悠長にしてられないのですが。)


目移りするアクティビティ

食べてばかりではありません。オモチャとは別に、毎回どこも子供向けに工作などのアクティビティを用意してくれるのですが、これもまた参加費を取っているせいか、材料が本格的で立派。手形を押すのに使われるのは、単なる紙ではなくれっきとしたキャンパス地、クリスマスのリースを作る時には、本物の松ぼっくりに可愛らしいキスチョコまで仕上げに挿してくれたりと太っ腹です。出来上がった作品は、家に持ち帰ってもしっかり飾れるレベルです。

0EC852F6-C408-4EF9-AC39-62745209772D.jpeg

変わり種としては、後にも先にもないのではないかと思いますが、公開散髪がありました。スタッフの中に美容師さんがいて、ボランティアで髪を切ってあげる、と言うのですが、さすがに皆遠慮して誰も手を上げない。そこで、まだ参加したての私達親子に白羽の矢が当たり、我が子二人共前髪などを少し切って貰いました。すると、それをキッカケに他の親子たちもワラワラと並び始め、にわかに床屋さん状態、と、こんなユニークな体験も出来ました。

9841EDD1-C088-4B7D-8EAF-FCB164FABF4B.jpeg


クリスマスパーティーまで

クリスマスの時期になると、そこはチケット制でしたが、チケットとは言っても単に予約すれば良いだけで、お代は普段の参加費以外は完全無料のパーティーが開かれました。その日ばかりは時間もお昼まで延長で、ランチとして軽食以上のご馳走が並び、親の分までタップリ用意されいています。サンタさんと一人ずつ写真を撮り、帰りがけにはお土産まで。

B75460E9-5642-4CEF-ADBA-AEC21526E706.jpeg

イギリスに来たばかりで知り合いなど誰一人いない時期、自分の繋がりも求めてはいましたが、何より就学前の子供達に少しでも新しい環境、英語に慣れて貰いたく、文字通り雨の日も風の日も、教会巡りをしていました。正直毎週行くのも親としては面倒だったりもするのですが、天気の悪い寒い日に入る暖房の効いた教会、出されたアツアツの本場ミルクティーを手にする時の温もりを求めて通いました。


毎回終わりの時間が近づくと童謡を歌うのですが、初めは知らない歌ばかりでサッパリついていけませんでした。それも、毎週耳にするうちにすっかり覚え、親子共々良い英語の勉強に。たった2ポンド足らずで、文字通り「美味しい」体験をできるプレイグループ、教会の掲示板やウエブサイトで詳細を確認する事ができます。


Purley United Reformed Church
住所: 906 Brighton Road, Purley, CR8 2LN
開催日時: 毎週木曜日9時半〜11時15分

参加費: 1.5 ポンド(約225円)
URL:http://purleyurc.org.uk/activities/thursday-playtime/thursday-playtime-2/


2019年2月10日

今後主婦目線の庶民的な感覚から、イギリスにおける各スーパーの特色を随時ご紹介していきます。トップバッターは昨年、競合他社の合併で小売売上高一位の座を明け渡してしまいましたが、単体ではまだまだ健在な業界大手、中でも郊外型大型店舗のテスコ Tesco パーリー店をご紹介します。

7E355D28-FA18-43B4-BCFA-7FD0FE8E6FAC.jpeg

カフェ、食品以外が揃う二階


二階には、これまたコーヒーチェーン最大手のコスタ Costa が控えており、テスコの大型駐車場を利用できるので、駐車場探しに煩わされる事なく、誰かとお茶をする際にも便利な存在です。その他自社製品の被服や食器、雑貨、ちょっとした家電製品にグループ会社のテスコ モバイルまであるので、携帯電話をここで調達する事も可能です。


一階に降りて右手にはさすが大型店、おびただしい数のグリーティングカード、プレゼントの包装用紙、子供用のパーティーグッズなどが並んでいます。薬剤師つきの薬局コーナーがあるのも安心。

494049B6-03DF-4B91-943B-67EAF0E7F493.jpeg

アジア系野菜が充実


テスコは中級クラスのスーパーですが、お値段の割に野菜がシャキンとしている、品切れも少ない、キノコも茶色く退色していない、内容量もある!と割安、コスパがいいです。他社アズダ、モリソンと同じく生姜、パクチー、シメジやエノキといったキノコ類、里芋、日本風サツマイモ(イギリスの品種は中がオレンジの別物で、中が白いものはあまり売られていない)といったアジア食材に強いです。


特に大根は、他社であったとしても、ほっそい、シナシナで頼りないものが主流です。そんな中、テスコのは比較的太さがあって日本の小型版(長さは半分程度)ぐらいの質は望めます。

34CC4E28-4C5A-41C7-B561-F42C0DA013DF.jpeg

ユニークなのは、子供が親の買い物中に退屈しないよう、無料の果物が用意されている事です。最近、他社のモリソンも始めましたが、以前までこれはテスコでしか見かけず、子連れには有難いサービスだと思います。

06144DD6-EC04-4FB8-8F37-21ED94EE719F.jpeg

イギリスにはアジア系スーパーを除いて、薄切り肉がないので、カレー用肉のような、角切り diced がある時点でかなりポイント高いのですが、こちらには更に野菜炒め用の細切り豚肉 stir fry strips があるので、これらは毎回必須購入アイテムです。


また、オツマミなど用途の広いPBのプレーン クラッカーは、薄くてパリっと感が素晴らしく、味も同じようでいて各社異なり、テスコのが一番美味しいと感じます。最近は他社と同様、大きいサイズが販売されるようになったので喜んでいます。


日用品もお得に揃う


生活必需品のトイレットペーパーもイギリスでは高いのですが、こちらも各社買い比べ、対長さや個数で計算してみたところ、これもテスコに軍配が上がる事が判明しました。最近になって四個入り1.1ポンド(約165円)に値上がりされましたが、それでもなお、質、価格共に良いかと思います。


日本では重曹を用いたお掃除が知られていますが、イギリスの水は石灰を多く含む硬水なので、電気ケトル、洗濯機などの家電製品にもどんどん石灰が白く溜まり、故障の原因になるので私は重曹を使って対処しています。ただ、重曹が売っていないので替わりに、厳密には成分が異なるけれど、見た目も効能もそっくりなソーダ クリスタル soda crystals という製品を使っています。


こちらが、他では大抵1.5ポンドなのに、テスコでは1ポンドという、旅行者や独身者には興味をそそられない、いかにも主婦目線のお話なんですが、これが嬉しくて見かけたら即買いします。というのも、皆考える事は同じなのか、地味〜に売れ筋商品なのか、結構品切れが多いのです。

8A9140FB-94B3-4988-9F4E-199F59E44F08.jpeg


一味違うエコバック

最後、レジの前でも誘惑が待っています。近年海外のエコバックはお土産にも喜ばれているようですが、テスコには一際目を惹く、お洒落なシリーズがあります。


それもそのはず、表参道にも出店しているという、オーラ カイリー Orla Kiely というデザイナーとのコラボ商品なんです。大は小を兼ねると、デカバッグの方を早々に以前買っていたのですが、人種を問わず街中で色んな人が小型トートを便利に使いこなしている様を見て、ついつられてしまい・・同じ柄なのに、サイズ違いでまた買ってしまいました!3ポンド(約450円)ですし、と思って今検索したら、日本のフリマアプリ、メルカリではなんと2700円で売られていました‼︎これに送料・・バイヤーになるべきかしら。

158B2FC3-49F7-4F31-BE10-79613291194E.jpeg

新作が定期的に出されるのも嬉しいですが、その分以前のパターンはもう手に入らなくなるので、気に入ったらその場で買う事をお勧めします。

Tesco Purley Extra
住所: 8 Purley Rd, Purley, CR8 2HA
アクセス: 鉄道 Purley 駅より徒歩5分
営業時間: 24時間営業(日曜のみ11時〜17時)
URL: tesco.com

2019年2月 2日
2019年1月13日
2019年1月 6日
2019年1月 5日
2019年1月 4日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集