海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ウェールズで夕食用のレストラン探しに苦労した(https://m-tokuhain.arukikata.co.jp/london4/2021/07/dna.html )苦い経験を教訓に、スコットランドでの滞在は全日程分を事前予約し、万全の態勢を整えました。


結果、空腹を抱えて町をさ迷い歩くという無駄な時間を費やすことなく、非常に効率的な旅となりました。その場の雰囲気や気分で当日選ぶという楽しみは残念ながらなくなってしまいますが、子連れファミリーという形態においては特におすすめです。
A7C32D63-C9E2-4F5A-919C-32CA97C514C7.jpeg
しかも、その店がアタリだった場合、よいことづくめです。今回で言うと、どれも2重丸で全般的に大満足だったのですが、なかでも特筆すべきは初日の「ウイスキー(Whiski Bar & Restaurant)」。スコットランドの名物郷土料理、ハギスに挑戦した様子をお届けします。


パブと見紛う雰囲気

本記事タイトルにもあるように、首都エジンバラの繁華街にあり、アクセスもよいこちらのレストランは旅の出発前、知り合いになにげなく聞いた、元スコットランド在住者からの情報でした。
34D62892-9C53-4824-91CC-A193049D9BFD.jpeg
知人がスコットランドに住んでいたことも初耳ながら、紹介された店も外見は悪くはないですが、中に入ってみてもパッと見「あぁ、スコットランドと言えどイギリス、やっぱりパブね......」と思ってしまうような雰囲気。


これはまた予想どおり、フィッシュ&チップスにバーガーか、と内心ガックリ。気を取り直しメニューを開くと、スコットランドの名物(悪名高き?)「ハギス」の文字が。


郷土料理満載の充実メニュー

地元料理ばかりを食べたくて、こうしてわざわざ予約まで入れていたわけですが、ハギスばかりはちょっと......。スコットランドの伝統料理であるこちらの料理は、羊肉やオートミール、スパイスなどを羊の腸に詰めて蒸したもので、ようはホルモン系、生臭いイメージが個人的に抜けません。


以前食したように、お祭りの冒険的にチョコっと食べてみる(https://m-tokuhain.arukikata.co.jp/london4/2020/01/post_57.html )のは許容範囲内ですが、わざわざレストランでひと皿分としてまでは頼みたくないという心理。


ここは夫に任せ、私は無難にバーガーを。結局ソレかい、と思われそうですが、スコットランドは東部のアバディーンシャー、アンガスの両州が原産地のアバディーン・アンガス (Aberdeen Angus)が有名で、普段からスーパーでも見かけており、本場でビーフを食べてみたかったのです。本当に。


イギリスのパブ・レストランなどのバーガーは、たいてい店名を冠した看板バーガーがあるのですが、こちらにもやはりWhiski's burger(£15)があったので、そちらを選びました。その下のHaggis burgerについては、見なかったふりで......。


レジェンド的ハギスに驚愕

ほかに、カレンスキンク(Cullen Skink)というチャウダースープを前菜に頼みましたが、こちらも伝統的な料理で燻製したタラ、ジャガイモ、玉ねぎなどが入っています。
04DC449B-E4E1-412E-8993-14F5E7C1522F.jpeg
栄養満点、クリームシチューのように濃厚な味は、寒くなるこれからの季節にもピッタリです。


バーガーも安定のおいしさで、この店のレベルの高さを確信しました。そこで登場したのがお待ちかね? ドキドキの、本場ハギスです!


見た目は大きなまん丸のコロッケといった形で、茶色いクリームがかかり、てっぺんにはフライド・オニオンがトッピングされています。


一見ハギスとはまったくの別物のようですが、スプーンを入れるとおなじみの、あの黒い挽き肉のような「中身」がお目見えしました。


通常マッシュポテトはつけ合わせとしてハギスとは別に添えられますが、こちらは「揚げコロッケ」の内部、底部分に詰められており、その上にハギスがのっています。
209F4782-8BBD-4700-9138-47DB5191FD99.jpeg
口に含むとポテトの柔らかさ、挽き肉や大麦のジューシーでプチプチした食感、濃厚なクリームソースが入り混じり、イギリス料理とは思えない複雑さ!


そのおいしさに感動する反面、これはもやはハギスとは言えないのではないか、というかすかな疑問も頭をよぎりましたが、よくよく気をつけて味わうと、蔵物っぽい食感と味覚の物体が、確かにほんのわずか存在しました。


ふと顔を上げ周りを見回すと、ほぼどのテーブルにもこの丸い「コロッケ」がありました。改めてメニューを見ると、Haggis tower(£16)「award winning MacSween haggis」と説明書きがあります。

「マックスウィーン賞」とやらでも受賞した有名なハギス?!と思いましたが、調べてみるとMacSweenというブランドのハギスを使っている、という意味なようです。


その見かけと言い「おいしすぎる」味といい、おそらくフュージョン料理のようで、本来のハギスからはかけ離れた、邪道とも言えるものかもしれません。けれどもわれわれ外国人やイギリス人でも、イングランドなどほかの地域からやってきた人にとっては、こちらの方が断然好まれそうな味です。


スコットランドでも、都会で一大観光地であるエジンバラだからこそ生まれた料理なのかもしれません。これまで海外で勝手に?アレンジされて広まっていく「誤った和食の味や定義」について、あまり快く思っていない自分がいましたが、今回の件で考えを改めました。


おいしいと思われたらそれでよし?!


◼️ウイスキー(Whiski Bar & Restaurant)
・住所: Whiski 119 High Street
Edinburgh Scotland EH1 1SG
・アクセス: 電車Edinburgh Waverlay駅徒歩約5分
・営業時間:  月11:00~22:30 火 10:00~22:30 水~日10:00~1:00
・URL: https://www.whiskibar.co.uk/

2021年10月18日

イギリスの夏は短く、毎年8月下旬にもなると早くも風がひんやりし、夏の終わりを感じますが、その翌月になると終わったと思った夏がまるで戻ってきたかのような暖かさが訪れます。


その季節外れの気候を「インディアン・サマー」と呼ぶそうですが、2021年の今年も先月9月はまさに典型的なそれで、数日間過ごしたスコットランドでも、予想外の好天に恵まれました。
E5A02AF1-09E2-41DA-A2F3-094C6249CEFB.jpeg
旧市街と新市街の美しい町並みが、ユネスコの世界遺産に登録されているスコットランドの首都、エジンバラ( Edinburgh)で訪れた観光地を3点に絞って紹介します。


その①都心のオアシス「プリンシズ・ストリート庭園」

まずはじめに出向いたのが、新市街地の中心部であるプリンシズ通り。すぐ近くには電車のEdinburgh Waverley駅があり、エジンバラ観光の要となる目抜き通りです。
2EFCE8F1-D9BF-459F-AB4D-EABF4EEE7C21.jpeg
通りは大手チェーンのアパレルや商店、飲食街があり、世界最古級、「北のハロッズ」とも呼ばれるデパート「Jenners」もありますが、残念ながらデパートは改装中でした。


そんな大都会の通り沿いに、土手のように下方へ延びた「プリンシズ・ストリート庭園(Princes Street Garden)」があります。高層ビルのないエジンバラにおいて、やけに背が高くて目立つスコット記念塔に引かれるままフラフラと庭園の入口を抜けると、「対岸(海や川があるわけではありませんが)」には岩壁に建つ城やら大学やら銀行やら、旗を風にたなびかせた威厳ある建物が建ち並んでいました。
8E17F0E2-A518-43E6-B5AA-EBC27D0F89B5.jpeg
記念塔は、スコットランドでもっとも著名な作家である、ウォルター・スコット卿の記念碑「スコット記念塔(Scott Monument)」で、高さ60.9m、個人を記念した塔としては最大級だそうです。


天気もよかったこの日は、庭園内にあるカフェや芝生でくつろぐ観光客や地元住民でにぎわっていました。


◼️プリンシズ・ストリート庭園(Princes Street Garden)
・住所: Princes St, Edinburgh EH2 2 HG
・アクセス: 電車Edinburgh Waverley駅徒歩約3分
・開園時間: 毎日7:00~、季節により18:00~19:00(入口の門は閉園1時間前に閉鎖)
・URL: https://www.edinburgh.gov.uk/directory-record/1208325/princes-street-gardens

その②岩山にそびえ立つ天然要塞「エジンバラ城」

この庭園から仰ぎ見た城は、長い間スコットランドの軍事的要塞として機能してきた「エジンバラ城(Edinburgh Castle)」です。毎年8月に行われる、スコットランド在留部隊のパレード「ミリタリー・タトゥー」の会場としても知られています。
84A20B4A-EA68-4AB9-8D77-CBBD36A12D2A.jpeg
この城に続くまでの坂道は、旧市街の別の大通り「ロイヤル・マイル(Royal Mile)」で、みやげ物店やパブ、レストランなどの飲食店がところ狭しと並び、町いちばんの活気です。


この一帯を見ずにエジンバラに行ったとは言えない?!ほど、必須な観光スポットです。なお、みやげ物の値段は、ふもとに下るほど下がる傾向にあります……。


◼️エジンバラ城(Edinburgh Castle)
・住所: Castlehill, Edinburgh EH1 2NG
・アクセス: 電車Edinburgh Waverley駅徒歩15分
・開館(有料)時間: 毎日(冬季10~3月)9:30~17:00、(夏季4~9月)9:30~18:00
・URL: https://www.edinburghcastle.scot/

その③まさかの無料!エジンバラ王立植物園

スコットランドには、2020年に創設350周年を迎えたエジンバラ王立植物園(The Royal Botanic Edinburgh)があります。植物の種類の多さでは、かの有名なロンドンのキュー・ガーデン(https://m-tokuhain.arukikata.co.jp/london4/2021/05/post_107.html)に次ぐ英国内2位を誇るというのに、こちらがなんと、入場無料なんです!
7D9BA2FF-A6B3-4630-870F-803AB379C008.jpeg
プリンシズ通りなど、上記2ヵ所のエジンバラ中心街からは少し離れていますが、それでも電車のEdinburgh Waverley駅から市バスで20分ほどです。広さは70エーカーと、さすがにキュー・ガーデンには遠く及びませんが、日本庭園を思い出させるロック・ガーデンやかわいらしいコテージ、エリザベス女王の母エリザベス王太后(The Queen Mother)の記念館、個展が開かれていたギャラリーなど、見どころたくさんです。


出口手前には、キュー・ガーデンと同じ名前の名物温室「パーム・ハウス」があり、外観も似ているのでその大きさからして、まるでキュー・ガーデンの妹分のようです。
706D8C29-6E56-4C2B-8949-8F6A9931CCAF.jpeg
中に入るには別途入場料が発生しますが、訪問時はコロナ禍で引き続き閉鎖中でした。


ギフト・ショップとカフェまであり、どちらもキュー・ガーデン同様のおしゃれさで、それにもかかわらず入園無料とは本当にお得です。


◼️エジンバラ王立植物園(The Royal Botanic Edinburgh)
・住所: 20a Inverleith Row, Edinburgh EH3 5LR
・アクセス: Lothian社市バス23か27番でRoyal Botanic Garden停留所下車、徒歩約2分
・開園時間: 毎日(10~2月)10:00~17:00、(11~1月)10:00~16:00、(3~9月)10:00~16:00
・URL: https://www.rbge.org.uk/visit/royal-botanic-garden-edinburgh/

以上、エジンバラ中心街からアクセスしやすい観光エリア、3ヵ所を厳選しました。コロナ収束後、エジンバラ観光の参考にしていただければ幸いです。


2021年10月11日

イギリスの空の玄関口「ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)」はロンドン西部の郊外にあり、世界でもっとも混雑する空港のひとつです。特にヨーロッパにおいては空港利用客数で長年首位の座にありましたが、新型コロナの影響で昨年2020年に初めて仏パリのシャルル・ド・ゴール空港に抜かれてしまいました。
D1946127-4B87-4BA9-8E17-FFBAC4034A62.jpeg
2019年のロックダウン以降、緊急で一時帰国する用事もなく、飛行機で旅行することは叶わぬ夢でしたが、今年2021年7月からイングランドでコロナ規制が完全に解除されたことを受け、ようやく先月9月に利用する機会が訪れました。
6A0D15F7-B6EC-4671-B815-109B681809E2.jpeg
今月は、その旅先であるスコットランドの観光特集をする予定ですが、初回は旅のはじまりとなるヒースロー空港、第5ターミナルの様子と施設の案内をします。


空港までの移動手段一例「ヒースロー・エクスプレス」

ヒースロー空港とロンドン中心地を結ぶ交通機関にはバスやタクシー、普通列車のほかに、成田エクスプレスのような空港特急列車、「ヒースロー・エクスプレス」があります。
1F6D8115-BA3C-4E42-9529-FC8ABBF39D77.jpeg
ロンドンの市街地、パディントン(Paddington)駅まで15分ほどで到着するので、まずはそこまでいったん出てから中心地まで、地下鉄やバスなどで移動するのが早くて便利です。


今回の旅では利用しませんでしたが、広い荷物置き場にゆったりとした座席スペースは快適で、スムーズに到着することができるでしょう。


第5ターミナル

ヒースロー空港はイギリスで最大の空港なので免税店の数も多く、なかでも今回利用した第5ターミナルは50店舗以上のショップが入っており、最多です。
0A4DB5AE-DA01-43B5-A7D2-096C8B2FE9B5.jpeg
それぞれのターミナルには、カフェやレストランといった飲食店やATM、外貨両替所、無料Wi-Fiサービスなどもあります。
0AC8A4D8-9781-4402-B5AA-9B447461A974.jpeg
ハリー・ポッター・ショップにデパートのハロッズ支店、ロンドンみやげの店と盛りだくさんなので、国内移動だというのについ足が向いてしまいます……。


食事の提案一例

搭乗前に利用できると便利な飲食店は、上階から見下ろせる(丸見え)「プレタ・マンジェ(Pret a Manger)」のカフェが目立ちますが、ほかにも朝食セットを提供しているレストラン「Huxleys」や大手パブ・チェーン系列の「The Crown Rivers」など複数あり、なかには早朝にもかかわらずビールやワインをあけているグループやおじさまもいます。
1284CA05-F14C-41F3-A14D-E4A1FBA8BFA0.jpeg
そんなに時間がない、機内食もあるので軽く済ませたいという人にはコンビニのような「WH Smith」やドラッグストアの「Boots」で買うセットメニューがお得です。
2EA9DCE1-1A2A-438A-BD98-B917A77DDC82.jpeg
特にブーツの方が£1安い£3.99で、サンドイッチなどのメインに飲み物、スナック菓子または果物などを自分で組み合わせることができます。ブーツのよいところは、スナックのポテトチップスが「Kettle」のようなお高めチップスや、ポップコーンもかわいいパッケージのものだったり、バリエーションが豊富な点です。


今回はさらに、それまで見たことのなかったブラウニーなど、デザートっぽいものまで独自のおしゃれパッケージになっており、本当にこの価格?と驚きました。


驚きのパスポート審査なし

長らくイギリスから出国をしていないので普段思い出すこともありませんが、はじめてヒースロー空港を利用したときは、出国時の書類審査がないことが衝撃でした。
32BC0C54-52FB-41C7-8DA9-8C3B42709EDC.jpeg
人の流れに沿って歩みを進めていくと、いつのまにか搭乗ゲートにまで到着しており、そういえばパスポートを提示していない、ということにしばらく気づかないほどです。そのため、ハンコも残りません。


新たに始まる見送り料課金

最後に、来月2021年11月1日より適用されるルールについてお知らせします。見送りの際など、各ターミナル前(forecourts=前庭)に車で乗りつけ、指定されたドロップオフ・ゾーン(Drop-Off Zone)で乗客を降ろして立ち去るすべての車に£5が課金されることになりました。


タクシーなどの利用時も同様ですが、ブルーバッジと呼ばれる障害者証明所持者や緊急車両などは免除されます。


支払い方法は当日事前にクレジットカードの詳細などを登録しておく自動精算か、路上駐車の要領で電話番号にアクセスするか、オンラインでの決済があります。支払い期限は翌日の深夜までで、それ以降は罰金が科されますので注意してください。


こちらは出国に関する利用のみの場合で、ターミナル前での到着客ピック・アップはもともと許可されていないため、関係ありません。詳しくはこちらhttps://www.heathrow.com/transport-and-directions/terminal-drop-off-chargeを、また、そのほかのロンドン・ヒースロー空港についての詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。


日本でも9月30日をもって緊急事態宣言が全都道府県で解除され、飲食店の営業時間や酒類の提供が、基準を満たした店舗向けに緩和されたそうですね。それにともなう感染拡大、リバウンドも懸念されますが、観光目的の移動も心置きなく、完全復活できる日が早く来るといいなと思います。

◼️ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport
・住所: 19 Upper Woodcote Village, Purley CR8 3HF
・アクセス: 地下鉄、バスなどHeathrow Central駅
・URL: https://www.heathrow.com/

2021年10月 4日
2021年10月 1日
2021年9月13日
2021年9月 6日
2021年9月 1日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集