海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > クロイドンの青空市場 サリー ストリート マーケッ...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月17日

クロイドンの青空市場 サリー ストリート マーケット


クロイドンの青空市場 サリー ストリート マーケット

「野菜は市場が新鮮で安いらしいよ」と夫から聞いていたので、来英してまず足を運んだのがロンドンのバラ マーケット。が、今でこそわかりますが一年前の当時はまだ右も左もわからず、お洒落過ぎるマルシェのような市場を目の当たりにして「ンー、安くないんじゃないの⁈」と困惑した懐かしい思い出があります。私が思い浮かべる市場とは、もっと地元に密着した生活感溢れる、安すぎてドカ買いしちゃってかえって出費がかさんだ(!)というような、「庶民の台所」なんですね。


「クロイドンにもあるよ」


って、え?もっと早く言ってよ。

048D2B34-356A-4D66-8859-090731A20926.jpeg

その名もサリー(Surrey)ストリート マーケット。すぐそばを路面電車が通る、ハイ ストリート(繁華街)の一角に位置します。市場が発生したのはなんと、1276年とイギリスでも屈指の歴史あるマーケットだったのです。青果を中心に魚屋さんが一軒、お花やエスニックな雑貨を出しているストールもあります。月曜から土曜まで毎日朝8時前後から夕方18時まで出店されているようですが、そこはやはり市場、朝の方が鮮度も品数も豊富でしょうから、私は午前中に行くことが多いです。

16373518-918C-4778-9F27-A96986437383.jpeg

お客さんは普段から通ってそうな、いかにも慣れた様子の人、当初の私のように恐る恐る売り子さんに何か聞いている観光客然とした人、老夫婦やベビーカーを押すママさんも結構います。売り子の方もイギリスの陽気なオバちゃん、眼光鋭いチャキチャキお婆さんから、お店の本部か何処かのスーパーから派遣でもされてきたのでしょうか?何故か髪をピッシリ整えたスーツ姿のビジネスマンまでいて、その他中東、インド系、中国人一家、東欧っぽいスカーフを頭に被った聾唖者など、多種多様なバックグランドを持った、正にエスニックなクロイドンを象徴する光景が見られます。

3B71D408-129B-4F11-9D03-C933F34952C9.jpeg

初めて訪れた時は、普段スーパーでは手に入りにくい大根やカボチャ、空芯菜などのアジア食材が豊富な事に舞い上がり、また、中でも特に大好きなパクチーやアボカドも大特価で売られていたので冒頭で述べたように、沢山買いすぎて浪費してしまいました。しかも、調子に乗って一軒目で端数を値切って貰ったら、袋が複数に分けられていたのでそのうちの一つ、最も初めにお買い上げしたせっかくのお大根様を置き忘れてしまいました!おトクだったのやら何なのやらで?反省したので、皆さんもご利用は計画的に。

10CDBB30-15B1-4C71-9292-6BF3C3D0FC67.jpeg

ひとカゴ1ポンドで売られている物が多いですが、いくら安くてもきっと品物の良し悪しがあるはずですから、鮮度などを見てよくよく吟味精査する必要があります。私のニーズからすると、自然に中国系のお店が重宝して鮮度も良く、オマケもちょっとしてくれたのでお気に入りなのですが、もう一軒ピチピチの果物や張りのあるトマトを出す、イギリス人おばあちゃんのお店があります。なかでも特筆すべきは断然ブルーベリー!2パックで1ポンドとあったので、1つで半額でもいいかと聞くとギロっと睨まれ、「駄目だ」と一喝された頑固そうなおばあちゃんですが、結局買うことにすると「いるのか。大きいやつだな?」と、イイやつを選んで入れてくれました。

27BE5871-9FD4-4BF7-8AF3-9858C4BCEF5B.jpeg

日本だと良かれと思ってわざわざ国産を選んで買っても、ほんのチョッピリな上に酸っぱくてガッカリするのですが、この市場のはしっかり甘い!しかも大量なので、まるでヨーグルトかプリンでも食べるかのようにカップにドサっと入れてスプーンでバクバク食べる、という夢のような事が出来、食べる度に感動しています。

7D7A6F00-2F57-48DF-8DE2-B90D2411CB41.jpeg

日曜日は10時半から17時まで、通常の市場とは違った青空シアターや音楽祭など、その時々によって様々なイベントが催されるそうなので、今度は日曜日にも行きたいと思っています。


サリー ストリート マーケット
所在地: Surrey St, Croydon, CR0 1RJ
アクセス: 鉄道 East Croydon駅より徒歩9分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2018年10月17日
« 前の記事「一日に四季があるイギリスの気候と服装」へ
»次の記事「芝生命!〜イギリスの芝刈り事情〜」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
子供もよろこぶ「英空軍博物館」でイギリスの航空産業の歴史と発展を学ぶ

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集