海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > アーティスト系 ヴィクトリア&アルバート博物館

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月27日

アーティスト系 ヴィクトリア&アルバート博物館


アーティスト系 ヴィクトリア&アルバート博物館

数多あるイギリスの誇るべき入館料無料の博物館の中において、V&A(ヴィクトリア アンド アルバート博物館)は装飾美術、デザインの展示が専門で特に「ファッションと言えばV&A」と言われることも多く、私のように石器だの古美術品だの小難しい注釈のついた展示物だと、臆してしまうようなタイプの方にもとっかかりやすい博物館かと思われます。

A7E54515-D2A6-465D-8DD5-F15A7FB41349.jpeg

この日私は、開催されていた有料のメキシコの画家、フリーダ カーロの展示会当日券を目当てに出向いたにも関わらず、裏口から入館してしまった為、案内スタッフに言われたまま展示会場へ直接行ってしまいました。すると、「チケットないならダメよ。もう売り切れたし。」

とアッサリ言われ、スゴスゴと諦めて周辺を呑気にプラプラしてしまったのです。小一時間ほどもさ迷ってから、ようやくグルっと一周回って展示会のチケット売り場、正面玄関なる物が、当たり前ですがしっかりある事をハッケン!お客さんもウジャウジャいて、そうだよなー、例え望み薄でもまずはここに並んで、チケットを入手しようと試みるべきだったんだよなぁ、と自分に呆れてしまいました。

198CA81F-1BFD-4471-A226-1D4A59603F24.jpeg

そもそも今回のこの訪問は行く前から既に失敗していて、珍しく本気で行ってみたいと思った展示会であるにも関わらず、事前予約を怠りズルズルと先延ばしにしているうちに、いつの間にかチケットが売り切れになっていたのです。しかし、ホームページを熟読しているうちに、当日券なる物がある事に気付き、それに賭けてわざわざロンドンまで出てきたのです。それなのに・・と、未練タラタラでしたが気を取り直して、関連ショップで思う存分フリーダ グッズを眺め、ポスターも至る所で嫌という程見たり、事前情報で仕入れていた中庭のフリーダ オブジェも無事写真に収め、大分達成感に浸れるようになってきました。「ザ・観てきたつもり」

4E9E62A7-A03F-4B39-ADA4-73F366FA7D9C.jpeg

これまた気付くのが遅れてしまったのですが、やたら係員のような首からIDカードを下げたボランティア風の人達がいるな、と思っていたら無料で館内を案内してくれるスタッフでした。一時間毎にテーマの異なるツアーがあり、すっかり暇を持て余した私は遅ればせながら中世と入門コースの無料ガイドツアーのハシゴをしました。

95F12EAD-2443-46C2-91EB-7FEB9CDD3C75.jpeg

よくあるイヤホンをつけて聴く音声ガイドもありますが、生身の人間に説明して貰う、それもイギリス英語をふんだんに聴けるとあらば英語の勉強にもなりますし、とてもお得だと思います。ワークショップでもないので、聞かれて困る質問なんかも飛んできませんし、コメントも求められていないので英語が出来なくても、妙な緊張を強いられる事もなく気楽です。

657A5112-A995-4F4D-BC99-8E93339CA5EF.jpeg

更にツアーの醍醐味は、自分なら目にも留めなかったであろう展示物に、焦点を当てられる事ですね。今回もエピソードを交えた様々なトリビアを紹介して貰いましたが、何と言っても私の本日の目玉商品(展示物)はコチラ!

D525218B-B577-45D3-B360-95B76F09A180.jpeg

何、このチッポケなボロボロのノートは?とお思いでしょうが、これはナント、レオナルド ダ ヴィンチが書いた雑学ノートなんです。言われなければ素通り間違いなし!でした。ガイドの方は、iPadミニを駆使して写真や音楽まで聴かせてくれたり、芝居がかって突然大声で叫んだり、色々と工夫されており、益々お得感があります。

139EA572-2F44-4E11-8F4E-20247AA5E5D4.jpeg

シメには来た時から真っ先に気になっていた、コットンライト?が豪華さを醸し出している、絶対に外せない!と思ったカフェで一服してから家路につきました。このように、反省多き外出でしたが終わり良ければ全て良しという事で、皆さんも気になる展示会がある場合は、お早めのご予約をお薦めします。


住所: Cromwell Road, London, SW7 2RL
開館時間: 毎日10:00〜17:45、金曜のみ22:00まで
アクセス: 地下鉄サウス ケンジントンSouth Kensington 駅直結

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年10月27日
« 前の記事「芝生命!〜イギリスの芝刈り事情〜」へ
»次の記事「イギリスの隣国アイルランド〜良質なアラン セーター〜」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集