海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > 赤いポピーで街が染まる〜第一次大戦終戦100周年記...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月12日

赤いポピーで街が染まる〜第一次大戦終戦100周年記念〜


赤いポピーで街が染まる〜第一次大戦終戦100周年記念〜

イギリスでは毎年秋になると、第一次世界大戦で亡くなった人達を追悼する為に、赤いポピーのモチーフを胸に挿した人が増えます。今年も10月下旬には関連グッズの販売が開始され、駅やスーパー、学校でも生徒達が売り始めたりと、色のせいもありますが日本の赤い羽根募金を想い起こします。今年は既にこの現象を知っていたので心の準備ができ、それにまつわる情報もいくつか目にし、余裕を持って11月11日の全国追悼式の当日を迎える事ができたのですが、去年は全くの無知で、突然街中が赤一色に染まったような現象に戸惑い、テレビをつけてもアナウンサーまでもが皆、胸に何か赤いモノをつけていたので度肝を抜きました。


この民主主義の近代国家にあって、何?この北朝鮮っぽい動きは⁈と、正直不気味でした。人に聞こうにも、そもそもあの赤いモノが一体何かも不明だったので、聞きようもなくしばらく悶々としていたのですが、アレは終戦後の焼け野原にポピーだけが力強く生き残り、一面花畑になる程の花を咲かせた事に由来するそうです。

34C62A7B-BBD6-45F0-99FA-62EEA46BCF04.jpeg

以降、戦争犠牲者を慰霊する象徴となり、ブローチなどのグッズが売られ始めるのですが、これは英国在郷軍人会による募金活動の一つで、売上は英軍関係者の支援に使われます。今年は終戦100周年に当たる為、更に大々的に式典などが催されました。我が家も、息子のボーイスカウトの行事として、教会での追悼式に参加してきました。

92E68720-15CD-4F57-999D-E9964464CD20.jpeg

1918年11月11日午前11時、敗戦国ドイツと勝者となった連合国の間で休戦協定が結ばれました。こちらの式典もその時刻に合わせ、10時58分からテレビ中継の画面がスクリーンに映し出され、起立して待機した後、11時から一分間黙祷してから着席しました。その後は休戦協定当日の様子などについての話がありましたが、11時を目前にして、大戦最後の戦死者となってしまった各国それぞれの兵士が、何時何分、どのようにして犠牲になったかという話が披露されました。停戦実施前わずか60秒前にドイツ兵に撃たれてしまったアメリカ兵、実施後だったにも関わらず、それをまだ知らなかったアメリカ兵に撃たれてしまったドイツ兵、なんと勿体無い事か。

AAD1047A-9F34-4662-A1A9-11E187218D6B.jpeg

最後に、牧師さんは「忘れてしまうと悲劇はまた繰り返される。だから私達は決して忘れない。」と言われた事が胸に響きました。そうか、犯罪や災害なども、だから風化させてはならないのか。「同じ過ちを繰り返さぬよう・・」、日頃何かと耳にするこの類の言葉はその為にあるのか、とすんなり腑に落ちました。私はここでは外国人なので該当しないはずですが、街中が赤に染まり、ブローチをつけていないと非国民のような気がして、試されているかのようなこの現象に少々困惑していましたが、今回式典に参加してみて、日本で言えば8月に全国的に周知される、原爆の日にとても近い雰囲気だな、と感じました。そう考えれば自然と気持ちがより引き締まり、在住者として今後もこの習慣を尊重しなければ、と思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2018年11月12日
« 前の記事「Yes I can! ラディソン ブルー ロイヤルホテル ダブリン」へ
»次の記事「和フレンチ、ビストロ ミリー Bistro Mirey」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
地味め?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集