海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > 2時間で廻るギネスビール館

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月 2日

2時間で廻るギネスビール館


2時間で廻るギネスビール館

アイルランドと言えば、黒ビールを代表するギネスがあります。午後便に乗る、最終日の朝を過ごすのに最適な、ギネス館(The Guinness Storehouse)に行って来ました。

1E001D24-57D4-48A8-BB06-E667FF3E0EDA.jpeg

10時に入館し、ギネスビール一杯分がついた大人二人分のチケットを購入すると、子供達用にソフトドリンクの券までついてきました。入り口で定期的に遂行される、館内案内ガイドを始めに聴いた後、いよいよ展示会場内に進みます。

38A9955A-D6DC-41C0-9AFF-E6BC859B55CC.jpeg

原料やロースト法、出来上がったビールを詰める樽の作り方等の紹介が続きますが、私が興味を持ったのはホップ。日本でもテレビのCMでよく耳にしますが、そもそもホップとは何ぞやと思っていた私には、それが植物の花の部分だった事に驚き。香り付けに使うというのも納得です。

9C05B698-656E-4193-A5FD-72C51F23C0A5.jpeg

樽も、真っ直ぐの木をどうやってあのように真ん中だけ膨らませて形作れるのか、不思議に思っていたのですが、歯車にロープをつけて、それで引っ張ると上手く木がしなり、口をすぼませる事が出来るようです。

B722BB31-1A78-4728-8036-D58FAAF63E36.jpeg

途中2階(日本で言う3階)で係り員の説明と共に、極小グラスに入ったギネスビールを飲みながら、試飲の仕方を学ぶコーナーがあります。

D552365C-AC5F-47B6-A87A-ECDA542E89A3.jpeg

4階に行くとギネス アカデミーというバーカウンターがあり、ギネスビールの正しい注ぎ方をレクチャーして貰えます。係り員の誘導があったので並んでいると、そこは大人向けで子供の無料ドリンクは、更にその先の6階までお預けでした。

32073316-38BF-4BB4-99BE-2B7F1BE65297.jpeg

最上階のグラビティ バーに辿り着くと、ようやくお楽しみの極小ではない、普通のグラスでの試飲が出来ました。展望台フロアーのようになっており、360度ガラス張りの窓からダブリンの景色を一望出来ます。街で高層ビルは見かけなかったので、こんなにも綺麗に全体を見晴らせる所は、他にあまりないのではないでしょうか。

6765B7A4-1620-41F5-B652-30E283F225A0.jpeg

なお、来ておいて何ですが、ギネスが苦手な人にはラガービールも、そして時代の流れでしょうか、ノンアルコールギネスまであり、それぞれハーフ パイント(約237ml)グラスも用意されているので、誰でも楽しめるように準備されています。

495825A8-5752-40E2-83C3-AD62CDB1A84B.jpeg

それらのドリンクを各自堪能したら、エレベーターで一気に地下一階まで下り、出口を抜けて解散です。入り口とは別になっており、入り口の方を見ると、かなり行列が出来ていました。今回、午前中の早目に到着したのですんなり入館出来ましたが、出る頃に目にしたように、時間が経てば経つ程人は増えそうなので、遅くなりそうな時はネットでの事前予約がお勧めです。その場合、入館時間を選ぶ必要がありますが、その分当日券より大分お安くなります。

804559A4-F80B-4A86-B313-1B3789686E9F.jpeg

The Guinness Storehouse
住所: St. James Gate, Dublin 8 Ireland
開館時間: 9時半〜19時 7月及び8月は9時〜20時
休館日: 12月24日〜26日
アクセス: 13, 25-N, 40, 69-N, 123番のバスで James's Gate, James Street 停留所下車。徒歩5分。路面電車の最寄り駅は St James's Hospital

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2018年11月 2日
« 前の記事「紺碧のダブリンマラソン」へ
»次の記事「ケンリーで秋の花火大会」 へ
おすすめ記事
    ロンドン4特派員 新着記事
    赤いポピーで街が染まる〜第一次大戦終戦100周年記念〜
    Yes I can! ラディソン ブルー ロイヤルホテル ダブリン
    ケンリーで秋の花火大会
    2時間で廻るギネスビール館
    紺碧のダブリンマラソン
    イギリスの隣国アイルランド〜良質なアラン セーター〜
    アーティスト系 ヴィクトリア&アルバート博物館
    芝生命!〜イギリスの芝刈り事情〜

    イギリス ツアー最安値


    2018/11/18更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン4特派員

      ロンドン4特派員
      パーリーメイ
      現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集