海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > イギリスのスプレー式インフルエンザワクチン

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月 1日

イギリスのスプレー式インフルエンザワクチン


イギリスのスプレー式インフルエンザワクチン

秋ももう終わり師走に入りましたが、イギリスでは日本と同じように、先月頃からインフルエンザのワクチン接種が呼びかけられます。ただし、大人は普通に注射ですが2歳から18歳までの子供は両鼻に注入するスプレー型となっています。4歳からですと、息子の通う学校では病院まで連れて行かなくても、学校で実施して貰えるのでラクです。幼稚園児はどうなんだろう、と気にはなっていましたが、特に注意を払う事なく日々を過ごしていたら、かかりつけ医からご丁寧に案内のメッセージが携帯に入ってきました。

58AAEC04-2A69-4E95-8184-0EC117E0207A.jpeg
(c) NHS


イギリスは在住者の医療費(大人は診察費のみ)も無料なのですが、子供のインフルエンザのワクチンまでタダとは!と嬉しく早速問い合わせてみると、


「あ〜、スミマセン・・さっきも別の方から問い合わせあったんですけど(そりゃあるよね、問い合わせろって書いてあったんだから。)もうストックが切れちゃって、次いつ入荷するのかわからないのでまた連絡します。連絡なかったらまた問い合わせてくれませんかぁ?」


と言われ、やはり海外っぽい展開。そして、海外での「後程ご連絡します」を私はあまりアテにしないので、特に期待もせず放置していたら、これがちゃんと後日来たんです。まぁ、「する」と言っていたんだから、本来は当たり前なのかもしれませんが、こと海外においてはその場で起きなかった事は、後日も起きないと覚悟して生活をしてきたので、イギリスはその点、勿論日本よりは何かとユルいですが、意外に色々な場面でフォローアップがあります。

0BCEFC81-A89F-436B-9023-DBB08AC44C8B.jpeg
(c) NHS


ユルいと言えば、このワクチンを受ける一週間前に、別の予防接種をさせに病院に連れて行きました。二種類同時接種で、一つは既に日本で追加接種も済ませてきたものなので、必要ないと言っておいたにも関わらず、国から厳しく管理を徹底させるようお達しでもあるのか、その日、私が記録となる母子手帳のコピーを持参せず、接種済みの証明が出来なかったので、どちらも打っておいた方が確実に病院側は証明できると踏んだのでしょうか、


「随分前のやつだから、もう一回打っとけばいいよ。影響?問題ないヨ!」と言われ、まぁ、確かに年単位の間隔は空いているのでいっか、と受けさせました。「ついでにインフルエンザのワクチンも今日やっとくヨ!」と翌週、再度連れてくる必要がなくなり、その辺は融通が利いて助かるなと思いました。(私ももっと心配しろヨ!って感じでしょうが。)因みにもう一つの予防接種も、日本で受ける時期と違ったのですが、「イギリスはこの年齢で受けるから」と、ユルいイギリスにしてはやけに固執しているような雰囲気でしたので、今後受けそびれるのも困るので打たせました。日本の方からは、そんなにいい加減でどうするの!とお叱りを受けそうではありますが・・。

F9C17CDC-D3CC-430F-9EBF-CC45AE9CE5C9.jpeg
出典: NHS


鼻スプレー式ワクチンの事前説明も、日本の場合、未承認ワクチンなので重大な副作用が生じても国からの補償はありません、なんて怖いことが書かれているのですが、イギリスでは承認、推奨もされているので、

「副反応で熱出たりするけどね〜、もうね、ゼーンゼン問題ナイからサ!」

E9296C84-A277-4601-93A7-46404258D8D8.jpeg

ってなノリでした。今のところ、特に副反応は出ていません。なお、大人用のワクチンは有料で病院以外でも、薬局大手のブーツ Boots 等で受ける事ができます。今年は12.99ポンド(約1949円)だそうですが、費用はかかる機関、薬局によって異なります。針を刺さなくて良いスプレー式だなんて、子供には嬉しい方法ですね。注射が済んだら日本では製薬会社からのシールを貰えたりしますが、こちらでも表彰状のような紙を貰えました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2018年12月 1日
« 前の記事「和フレンチ、ビストロ ミリー Bistro Mirey」へ
»次の記事「ツリー祭り〜イギリス市民目線のクリスマスの過ごし方〜」 へ
おすすめ記事
    ロンドン4特派員 新着記事
    ツリー祭り〜イギリス市民目線のクリスマスの過ごし方〜
    イギリスのスプレー式インフルエンザワクチン
    和フレンチ、ビストロ ミリー Bistro Mirey
    赤いポピーで街が染まる〜第一次大戦終戦100周年記念〜
    Yes I can! ラディソン ブルー ロイヤルホテル ダブリン
    ケンリーで秋の花火大会
    2時間で廻るギネスビール館
    紺碧のダブリンマラソン

    イギリス ツアー最安値


    2018/12/10更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロンドン4特派員

      ロンドン4特派員
      パーリーメイ
      現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集