海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > 輝くレマン湖で走る〜ジュネーヴ マラソン当日と無料...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月15日

輝くレマン湖で走る〜ジュネーヴ マラソン当日と無料交通パス〜


輝くレマン湖で走る〜ジュネーヴ マラソン当日と無料交通パス〜

12日に開催されたスイスのジュネーヴ マラソン大会、気温は12度。前日同様に激しい雨が時々パラつくのがたまにキズでしたが、当日は見事な快晴。湖の水が前日とは全く異なる色を見せてくれ、まるで沖縄の海のようなトロピカルブルーでした。

36e4f76b1dec7835f98551074bb7ccafe815f3a0.jpeg

フランス語で応援しよう!

人はダブリン大会(関連記事 )程多くなく、応援スペースも十分あったので子連れでもラクでした。それもそのはず、ダブリンの参加者が9000人弱だったのに対し、今回のジュネーブでは1876人でした。ランナーが来ると沿道からは、アレアレ〜というフランス語の掛け声が。ガンバレ〜と一部似ているので耳に馴染みます。

89305ba1dbf6140a4545ca23b77123e2323a8619.jpeg

他にも日本人ランナーがちょくちょくいるようで、小グループや一橋大学空手部のジャンパーを羽織っている人達も見かけました。フィニッシュ後はマッサージサービスまでありました!

BCCDA79E-1631-4F78-9295-DAAFD00C95E4.jpeg

ゴールがレマン湖の橋の上なので風がキツく、待つ側も冷えましたがゴール地点での撮影という任務もしっかり成し遂げ、今回も満喫出来ました。

4E303B1D-1276-489C-A819-8E9DA68524C7.jpeg


無料交通パスを使い倒そう

スイスは物価が高いのが痛いですが、その分観光客向けのサービスが充実しています。ホテルに泊まると、どこでも無料の交通パスを貰えるようで驚きました。それも3日間も有効で、電車やバスのみならずボートにまでも乗れるという、幅広い交通手段を利用できます。

63066AFE-BC04-4FC6-BF7A-3EA860C697E2.jpeg

滞在したジュネーヴ駅周辺の街は駅から出なければ歩いて回れるコンパクトな都市ですが、湖の街ならではのボートを乗り継いで散策するのも優雅でお勧めです。

BE2DAB1A-5F69-40AA-81CA-6C5CFFE76EE1.jpeg

あくまでも対岸に渡るだけの交通機関なので周遊船とは違いますが、5分程度で飽きず旅気分が増します。

9ACF6C0A-7EE3-4BAB-8E7B-B82B5971B101.jpeg

翌日は路面電車のトラムに乗って終点 Moillesulaz 駅で降り、フランスとの国境まで行きました。すぐにドブ川のような5歩程度の短い橋があり、反対側にはフランスとユーロ国旗が掲げられた建物が。そう、この日本にもありそうな、ありふれた橋を境にフランスとスイスが分けられているのでした。

C20F84CA-EBEB-447B-9DD4-C9C1D41030C4.jpeg

ジュネーヴでは見かけなかった団地が沢山現れ、あちこちが工事中で商店はケバブ屋さん、タイ料理店、中華食材店など明らかに移民が多く住む町のようでした。

A4918847-6F93-420C-BCBE-ADE175F97F60.jpeg

山が近くに迫り突風が凄まじく、冬はさぞかし寒いであろうと思いました。


帰国時には空港までもバスか電車で無料で向かう事ができる大変お得なサービスで、正にフル活用しました。


ジュネーヴ マラソンhttps://www.harmonygenevemarathon.com/en/
ツアー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2019年5月15日
« 前の記事「イギリス発着便〜スイス ジュネーヴ マラソン前日イベント〜」へ
»次の記事「イタリアンレストランで見るジュネーヴの物価指数」 へ
おすすめ記事
ロンドン4特派員 新着記事
イタリアンレストランで見るジュネーヴの物価指数
輝くレマン湖で走る〜ジュネーヴ マラソン当日と無料交通パス〜
イギリス発着便〜スイス ジュネーヴ マラソン前日イベント〜
優しく親切なロシア人
飽きないロシアのローカル電車内
ノボテル モスクワ センター ホテル
イギリス発着便り〜ロシア モスクワの気候と交通〜
テート モダンでピエール ボナール展
[an error occurred while processing this directive]

イギリス ツアー最安値


2019/5/22更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集