海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > 車と肩を並べて走るロンドンの自転車事情【イギリス、...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月13日

車と肩を並べて走るロンドンの自転車事情【イギリス、公共交通機関の利用を緩和】


車と肩を並べて走るロンドンの自転車事情【イギリス、公共交通機関の利用を緩和】

イギリス政府のロックダウン(都市封鎖)規制緩和により、今月(2020年6月)から公共交通機関の利用も条件つきで緩和され始めました。ロンドン交通局は6月15日より、電車やバスといった交通機関を利用するさいは、顔をおおうマスクなどの着用を義務化しました。


それでも、基本的には公共交通機関の利用をさけることが依然として望ましいようで、引き続き在宅勤務のほかに徒歩と自転車での移動を奨励していました。それにともない、十分な社会的距離を保てるよう、交通局は現在ロンドン行政区に歩道や自転車専用道路の拡充などをかけ合っているそうです(参照:Transport for London )。今後、より充実した環境が見込めそうなロンドンの自転車事情について、交通ルールとともにご紹介します。


歩道走行は原則禁止

日本でも本来自転車は車道を走るべきですが、実際のところは自転車専用道路が充実していないのもあり、歩道を走る自転車もよく見かけます。イギリスでは自転車専用道路がとぼしいのは日本と同じなわりに、規則としては日本よりも厳しめで自転車はおもに車道を走ります。

D32B5168-9620-4494-A6F0-768BD838293B.jpeg

エリアによっては、とてもきれいに整備された自転車専用ラインが引かれているところもあります。ですが、ラインがない場合や、あってもほんの申し訳程度でほとんど意味をなさないものも多く、しかもバスレーンと同じだったりします。うしろから迫りくるバスやトラックの音はかなりの恐怖です。車扱いなので交通ルールも自動車と同じで、信号待ちのときは目立つよう、車より前の専用ラインで待ちます。


このように、自転車ユーザーはバイク並みに車と肩を並べて走行しなければならず、渋滞中のロンドン繁華街でバスの2階から地上の「ライダー」たちを眺めているとヒヤヒヤします。ところが、こちらの人たちは見たところ臆することなく、あくまでも「同じ車道を走る乗り物として当然の権利」とばかりに、せまい車道でうしろから車にピッタリはりつかれても、焦る様子なくマイペースを保ちます。右折信号待ちなどのときも、堂々と車に混じって内側の車線で待機します。


間違っていないけれど、車のドライバーからすると正直じゃまだろうなあ、と思っていたら、とあるイギリス人のYouTube番組で紹介されていましたが、やはりイギリスでは車のドライバーも、そして自転車ユーザーも「お互いに嫌いあっている(とあるユーチューバー談)」そうです。なので、今回ロンドン交通局が歩行者、自転車ユーザーのためにあれこれ知恵をめぐらせてくれているのは喜ばしいことです。


信号のない交差点「ラウンドアバウト」

イギリスといえば、慣れない日本人ドライバーをしばしば悩ませる「ラウンドアバウト」と呼ばれる交差点があります。車と同様、自転車にもおおいに関係のあるだいじなポイントです。

53121F9A-1AB2-4C43-8390-3A0BA003F27C.jpeg

ほかでも使う頻度は高いですが、とくにこの交差点を渡るさいは手信号が役立ちます。ウインカーがわりに使ったり、向かいたい方角を手で指し示したりします。親指を立てたり、手と腕全体を大きく動かしたりと、なるべく目立ったほうが安全でよいでしょう。


絶対停止の横断歩道、ゼブラ・クロッシング

白黒の棒の先に、丸い電灯のようなものがついたポールではさまれた横断歩道を、ゼブラ・クロッシング(Zebra Crossing)といいます。渡ろうとしている歩行者がいたら、自転車でも必ず停車しなければなりません。(関連記事 )なお、自転車からおりて押しながら歩けば自転車ユーザーでも使えるので、交通量のはげしい大通りなどでは便利です。


盗難注意・駐輪の仕方

ロンドンには各駅周辺に2万ヵ所の駐輪場、 7200ヵ所の鉄製駐輪パイプ(チェーンキーをくくりつけるための専用のバー)、15万ヵ所以上の駐輪用スペースがあります(参照:TfL Community Team )。

0379E52D-B799-471C-AA19-D2E17FD6E723.jpeg

そのため、自転車を停める場所をさがすのはさほど難しくなさそうですが、それでも近くに見当たらない場合は街灯にチェーンを巻きつけるなど、比較的自由に駐輪しています。カギは切断されて盗難にあわないよう、金属製のものが安心です。夫は真新しい自転車をひとけの少ない駅の駐輪場にゴム製のロックでとめていたところ、さっそく盗られてしまいました。


ライダー同士でめばえる仲間意識

同じロンドンでもクロイドン(参照記事 )は郊外で自転車人口が少ないせいか、ほかの自転車ライダーとよくがあいます。はじめは気のせいかと思いましたが、ほほえみかけられたり、ハローとあいさつされたり、ウインクまでしてくれる人までいます。


ときとして、かなりはなれた反対車線からでも熱き視線をおくってくるライダーもおり、おたがい危険な道路で「日々奮闘しているライダー同士、仲良くやろうよ」という仲間意識でしょうか。さだかではありませんが、どうやら郊外限定の? 暗黙のマナーのようです。いずれもまったくの見ず知らずの人ばかりで、「よい(ステキな)1日を」と声をかけてくれたりと、とてもイギリス人らしいあいさつを自転車をこぎながら(!)してくれるので、新型コロナウイルスの影響で殺伐とした雰囲気になりがちな最近はとくに心があたたまります。

B1ABD598-CD2A-4578-B3D6-06759E94172E.jpeg

以前よりSantander Cycles などのレンタル自転車が普及しているロンドン。今後はコロナウイルス対策と称して歩行者、自転車ユーザーにとってより快適な環境になっていきそうです。イギリス、ロンドン観光業が完全復活したころには、これまで以上に観光がしやすくなっていることでしょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 生活・習慣・マナー
2020年6月13日
« 前の記事「イギリスの道路交通事情〜駐車方法とマナー〜」へ
»次の記事「ハズレなしのワイン屋さんがある町〜パーリー・オークス〜」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
イギリス6月の気候と運動会シーズン
イギリスの父の日〜当日の過ごし方〜
イースター過ぎてもまだまだ続く、関連宗教行事
イギリスでも流行りの断捨離とこんまりメソッド

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集