海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > オンラインでイギリス無料英会話スクール!

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年12月 2日

オンラインでイギリス無料英会話スクール!


オンラインでイギリス無料英会話スクール!

日本ではボランティア・スタッフによる無料の日本語学習講座が運営されている地域があります。イギリスにも外国人居住者向けにそういった類のものがないかと、探し求めていた時期がありました。


今年(2020年)春のロックダウン以前のある日、クロイドン中央図書館(関連記事 )をあてもなくブラついていると「Learn English!」と貼り紙された掲示板を見つけました。誰でも無料で参加できると書いてあり、開催日は木曜日の朝10時30分から(以下の写真に記載されている情報は現在のものと異なります)。
166C9249-9CE2-41C2-949D-A9788199B62B.jpeg
折しもこの日は木曜日、時刻は10時20分。場所もそのままこの図書館内だなんて、なんというタイミングのよさ! これは行くしかないでしょう、とさっそく足を向けたのですが「イギリスあるある」、初歩的なミスを犯してしまいました。「2階」とあったにもかかわらずそれらしき部屋が見当たらない。ウロウロして職員に聞いたところ、もう1階上だと。そうでした、イギリスの2階は日本で言う1階なので2階とは、つまり日本の数え方からすると3階のことでした。


いたれり尽くせりのサービス

まずは様子見と気づかれないようにそーっとのぞいてみたのですが、親切なスタッフがわざわざ部屋の外まで出迎えに来てくれました。さすがボランティアでやっているだけあり、入ろうか躊躇している不安げな外国人の気持ちをよく理解しています。名前を記入して名札シールをもらうとこれまたイギリス特有の温かなおもてなし、コーヒーや紅茶などの飲み物をすすめられます。
0DD12ED4-9ED2-4FED-A08A-D07FC062BB4A.jpeg
テーブルには茶菓子のビスケットやチョコレートが並び、小さい子供連れのお母さんにもうれしい、ヘルシーな果物までありました。その子供がぐずり始めるとスタッフがあやしてくれたり初心者向けには別のテーブルで集中的に教えてくれたりと、無料とは思えない充実ぶりに目を見張りました。


運営の趣旨と目的

運営は区の中央図書館という場所柄、行政からの支援があってもよさそうですが基本的にはとある教会の手弁当によるものでした。ここまで手厚く面倒を見てくれるのは「困っている外国人に手を差し伸べよう」といったキリスト教の博愛主義精神にもとづくものでしょうか。同じくさまざまな教会が運営する児童館(関連記事 )といい、無償でこういった活動に励むスタッフには頭が下がります。


いったいなにを求めてここまで尽くしてくれるのだろう、と不思議に感じたのですが、やはりそこはそれなりの見返りを多少は求めているようです。児童館では帰る前にキリストを崇める歌が、こちらの教室でも授業終了後にさりげなく「このあとさらにお茶を飲みながら聖書の朗読があるので、よかったらお気軽に参加を」とお誘いがあり、布教活動の一環として行われているようです。もちろん参加は強制でなく、授業中はあくまでも宗教とは別個の独立した時間なので勧誘されるといったことはありません。


幅広い生徒の出身国

生徒の出身国、年齢はともに幅広く、まだ10代のオペア(ベビーシッターとして働きながら留学できる制度)のスペイン人や中国人のおじさん、チリ出身の退役軍人、避難民となったばかりのイラン人、そのほかイラク、バングラデシュ、モルドバやモーリシャス島からなど、これまで出会ったことのない国からの人もいて興味深いです。
B64CC54D-D29A-4A2A-B137-FBB819A6683C.jpeg
インドや香港といったイギリスの旧植民地圏では、基本的にほぼ全国民が英語を喋るものだと思いきや、この教室にはそういった国から来た人たちもいました。居住地域や年代によっては必ずしも皆が英語を喋れるわけではないのだな、と知りました。


実用的な授業内容

肝心の授業ですが難易度はさほど高くなく、おそらく「非英語話者を少しでも支援し、現地の生活になじませる」ことが趣旨のひとつと思われます。普段の挨拶や料理をする際のレシピの読み方など、実生活にそのまま役立てられるやさしめの内容となっています。
422D0C2C-9A75-49A6-9FB7-4367CB3F43D1.jpeg
とはいっても台所用品の名称など、ラーメンの湯切りをするような小型のザルと普通のザルでは異なる名前があったり、イギリスの料理で出番の多いオーブンを使う際のトレイやケーキ型の名前など、案外知らなかった単語があったので学ぶことは多かったです。


初参加の日にはボタンつきファイルに入れられたノートとペンまで支給され、手ぶらだった私もその日からすぐにノートをとることができました。春休みや夏、冬休みといった長期休暇前の最終日には、授業後にサンドイッチとスナックの軽食まで出されます。


と、ここまではいまははるか昔のように感じる「コロナ以前」の様子。2回目のロックダウンが今日で終わった「ポスト・コロナ」のいまはスクールの仕様、スケジュールともに調整が必要となり、2020年12月現在はオンライン授業のみとなっています。以下、現在のクラスとスケジュールです。


火曜日〈上級者向け〉
9:30 文法
10:30 会話

水曜日〈初心者向け〉
9:30 文法
10:30 会話

木曜日〈中級者向け〉
9:30 文法
10:30 会話

1週間につきひとり2クラスまで参加可能


時差さえ気にならなければ世界中どこからでもアクセスできますので、興味のある方は下記のウェブサイトで詳細を確認してください。

◼️Vineyard English School
・住所: Katharine Street, Croydon, CR9 1ET (クロイドン中央図書館内3階[2nd Floor]IT Suite内)
・最寄駅: 電車East Croydon駅
・URL: https://croydonvineyard.org.uk/43/Vineyard-English-School

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2020年12月 2日
« 前の記事「イギリス「ケント州でもっともかわいい村のひとつ」チディングストーン」へ
»次の記事「これがなければクリスマスは始まらない「イギリスのカード文化」」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
アイルランド発祥の激安ファスト・ファッション Primark
いつでもどこでもお手軽ウーバー、が、もう使えない!?
日本人好みのファッションブランド next
ロンドンのエスニック街で下町クリスマス・マーケット

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集