海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > イギリスの通貨【 2021年度最新版】

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年1月 6日

イギリスの通貨【 2021年度最新版】


イギリスの通貨【 2021年度最新版】

昨日2021年1月5日より、ローカルではなく「ナショナル」ロックダウンという、昨年2020年の春以来2度目の大がかりな都市封鎖となったイギリス。昨年11月のローカル・ロックダウンではまぬがれた、各種学校など教育機関の閉鎖も今回は実施され、テレビや新聞、ラジオといったメディアからも緊迫した様子が伝わってきます。こんなときなので、今回はおでかけ情報ではなくコロナ収束後に役立つ、イギリスの通貨情報についてまとめたいと思います。
5AE98E46-48F1-49E7-A44F-C510521DF256.jpeg
イギリスに暮らし始めて困ったことのひとつに、「小銭の区別がつかない」ということがありました。クレジットカードや電子マネーでの支払いにすっかり慣れた近年では、そもそも現金を使う機会が少なく、すべてのコインの見分けがつくまでかなりのときを要しました。


現金が必要な状況としては、青果や花などが売られている青空市場(関連記事 )や観光客の多い骨董市、洋服など様々なものが売られているマーケット、地域の祭り、フェア(関連記事 )などが挙げられます(カード払いの店も有)。また、スーパーでごく少額の買い物をする際にも、カードではさすがに気が引けるので現金で買うことがあります。飲食店でも、個人経営の場合はカードを断られる場合があり、やはり現金はいくらか用意しておくと安心です。


イギリス通貨の単位と為替レート

イギリスの通貨単位はpound ポンド(£)で補助通貨がpence ペンス(p)です。「pound」を日本語では「ポンド」と言っていますが、英語での発音は「パウンド」、複数形は「パウンズ」となります。「パウンド」の俗称で「quid(クィッド)」ということもあります。複数形は「クィッズ」。 5ポンド紙幣、10ポンド紙幣をそれぞれFiver(ファイバー)、Tenner(テナー)ということもあります。いずれも、カジュアルなお店や友人同士で使われる言い方です。


ペンスはペニー pennyの複数形なので、1ペニーのときだけがペニーで、それ以外はペンスを使うことになります。このあたりも始めは違いがわからず、混乱のもとでした。ペンスのことを単に「ピー」ということもあります。たとえば「10ペンス」の代わりに「テン・ピー」と、こちらはむしろペンスより頻繁に耳にします。


硬貨の種類

イギリスの硬貨はRoyal Mint(ロイヤル・ミント)が製造、発行しています。2ポンド硬貨が1番重みがありサイズも大きいですが、2000円札と似たような存在で少し使いづらいです。


硬貨で常に財布に入れておきたいのは、断然1ポンド。スーパーのカートはこの1ポンドを入れないと利用できない店が多く、空港のカートや駐車料金を払う機械などにも使われます。サイズ、厚み、外側がゴールドで囲まれたデザインといい、最も覚えやすい硬貨といえるでしょう。
746FE048-4BCD-4BB8-B867-DB95AD4D8814.jpeg
50ペンスは軽くて大きいので、1ポンド以下の硬貨ではわかりやすく、単位としても使いやすいです。ここからが難易度が高まってくる通貨で、20ペンスは小ぶりではありますがしっかりとした厚みがあり、裏のTwenty Penceという文字もまだハッキリと読みやすいです。
76979DE1-0792-43C5-8129-2FD95E7AFECE.jpeg
ところが以下10ペンス、5ペンス、1ペニーとなるとそれぞれ色、形とすべて異なるのですが、5ペンスが異様に小さく、1ペニーよりもさらに小型なのでまぎらわしいです。これらの通貨になると裏面の文字もよく見えず、支払い時に後ろに人がいたりすると焦ってパニックになることもしばしば。市場でも、全然足りていない額を手渡して「は?」とあきれられることも当初はよくありました。
C6238F5D-868A-42BC-8E95-F6E99736210D.jpeg
なお、硬貨の写真を撮ろうとして気づいたのですが、50ペンスの裏面に「くまのパディントン」がいました! 50ペンスや2ポンドは形が大きいので記念硬貨がよく発行されるようで、有名なものではほかに「ピーター・ラビット」なども出回っているようです。


紙幣の種類

イギリスの紙幣は貨幣と異なり、イングランド銀行(Bank of England)が発行しています。どの紙幣も表に女王の写真、裏面にはイギリスの著名人の写真があります。日本にはありませんが他国では見かけることもある、プラスチックのような「ポリマー」素材が使われています。


50ポンド紙幣が最高額ですが、3年以上滞在してもこれまで一度もお目にかかったことがありません。ATMで現金を引き出す際も20ポンドや10ポンド紙幣がバラバラに混じっていたり、10ポンドだけといった同額紙幣のみばかりで、50ポンド紙幣で出てくることは普段まずありません(筆者の体験から)。
9E435D52-127A-4FD2-8CFC-0774D08B55E3.jpeg
よって、実生活においては20ポンド札が実質的な最高額紙幣となる場合が多いように思います(2020年の2月より新20ポンド札が流通開始)。それ以上ですとクレジット・カードを使いたくなってしまうので、お札は10ポンド5ポンドをできれば多く持ちたいものです。


旧バージョンのお金は使えない?

「古い硬貨や紙幣はしばらくしたら使えなくなる」という記述をインターネット上でよく見かけますが、今回自分の財布を調べてみると20ペンスも1ペニーもそれぞれ同じ通貨でデザインが違うものがありました。女王が若い姿のものは明らかに以前のコインと思われますが、いまでも普通に使えています。


これまで受け取りを拒否されたお金はないですが、基本的には新貨幣が登場した場合、旧貨幣は半年や1年ほどすると使えなくなるようです。イングランド銀行のウェブサイトでは現時点で、「いまはまだ手持ちの£20札(つまりポリマー製でない紙製)を使えます」と記載されています。旧紙幣が使えなくなるときは、6ヵ月前より通達があるとのことです。


そのほか、交換期限が過ぎたものは郵便局や近場の銀行で交換可、あるいはイングランド銀行まで郵送を、などといった詳細も載っているので、手持ちのイギリス通貨をお持ちで気になる方は以下のウェブサイトを参照してみてください。

◼️Bank of England
・URL:https://www.bankofengland.co.uk/banknotes/exchanging-old-banknotes

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@surrey_may***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お金・通貨・両替
2021年1月 6日
« 前の記事「イギリスの韓国系スーパー「Hマート」」へ
»次の記事「春のロックダウンから学んだ「イギリス2度目の学校閉鎖と家庭学習」」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
バタシー・パーク内で開催中のアンティークと織物フェア
バーンズ・ナイト 「蛍の光」で有名なスコットランド詩人の生誕祭
塩で食べる変わり蕎麦、湯布院の「石臼挽き手打ち十割そば 温川」
超カンタン【徒歩でまわる由布院駅周辺の食べ歩きと買い物観光】

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集