海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > これからが見頃!ロンドンから最短距離のラベンダー畑...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月14日

これからが見頃!ロンドンから最短距離のラベンダー畑「メイ・フィールド」


これからが見頃!ロンドンから最短距離のラベンダー畑「メイ・フィールド」

高温多湿を嫌うラベンダーは、フランス南東部のプロヴァンス地方や、日本で言えば北海道の富良野などが有名ですが、イギリスもその乾燥した土地柄、栽培には適しており、けっこうな数のラベンダー畑があります。
86803B39-178E-4A85-AF55-06086336770B.jpeg
なかでも、ロンドン南部郊外にある「メイ・フィールド(Mayfield Lavendar)」は、ヴィクトリア駅から電車とバスを乗り継ぎ日帰りで行ける場所として、定番観光地なようです。わが家からは比較的ラクに行けるので、以前フラリと立ち寄ってみたところ、まだ全然開花しておらず少し残念でした。


年度は異なりますが、ちょうど6月初旬に訪れていたので、いまの時期の咲き具合や施設情報の参考になりますよう、簡単に紹介させていただきます。


偉業を成し遂げた創設者、ブレンダンさん

公式ウェブサイトの情報によると、こちらで栽培されているのは2種類のイングリッシュ・ラベンダーと、異なる品種をかけ合わせて生まれたグロッソの計3種類。メイ・フィールド一帯のエリアはもともとラベンダー栽培が盛んだったのですが、100年ほど前からは流行が廃れ一度は数多くのラベンダー畑が消滅してしまいました。


それを見事復活させたのが、創設者のブレンダンさん。かつて18世紀から19世紀にかけて栽培されていたものと同じ品種を、有機栽培のオーガニック製法で再び育てることに成功しました。


栽培だけでなく、経営においても軌道にのせるまでは苦労した様子ですが、いまや土壌協会 (Soil Association)が認定する、イギリスで最大のオーガニック製法ラベンダー畑にまでなり、ブレンダンさんの夢は大きく花開きました。


例年6月の開花状況

そんな貴重なラベンダーを愛でるべく、いざ入場料の£4(16歳以下は無料)を払って足を踏み入れると......
B347D0A7-B004-46B8-821F-96F6A661006E.jpeg
冒頭でお伝えしたとおり、真緑でした。今年2021年も状況はやはり同じようで、開花は今月下旬目処だそうです。わが家のようにいつでも再訪できる場合を除き、通常は同施設が運用するSNSのフェイスブックや、インスタグラムで見頃を確認するのがもっとも確実とのことです。


取り合い?!人気撮影スポット

それでもけっこうな人出があり、ラベンダーは葉っぱだけでも十分香りを発するので、このときも爽やかな匂いが風に吹かれ漂ってきました。どこを切り取っても写真映えするであろうメイ・フィールドですが、なかに絶対的な人気撮影ポイントが1ヵ所あります。
A330F10A-D8E2-40E4-AAE9-367D46A86B59.jpeg
それはこちらの赤い電話ボックス前。普通は町なかにあるものが、突如ラベンダー畑に現れるだなんて、なんてミスマッチですてきなアイデアでしょうか。SNS投稿目当てにわざわざ訪れ、いかに他人が写らないようにするか必死になる人が多い、というのにも納得です。
D451DB00-590D-4979-85C9-DAE848A8C66D.jpeg
ほかに、絵本に出てきそうなほど大きな大きな木の下にある、休憩所のベンチとテーブルでの撮影もおすすめです。


カフェ・ショップで休憩とおみやげ購入

結局いつ行くのがベスト?と思ったので、スタッフに聞いてみることにしました。6月とは言え、すでに夏を思わせる強い日差しをタップリ浴びたあとは、喉がカラカラになります。
88CD9E94-7DA0-4617-B2BC-0011568E7B68.jpeg
渇いた喉を潤おすため、併設のカフェでラベンダー・サイダーと自家製アイスクリームを注文しました。会計時に見頃についてすこし聞いてみると「例年6月1日にオープンしてから8月末までの間にピークを迎えるのは6月半ばから下旬、以降9月初旬まで」と答えてくれました(なんと、この方はブレンダンさんご本人でした!)。


ただし、通常6月下旬と8月下旬には刈り入れをするので、一時少ない場合(場所を変えながら少しずつするので、全部の花がなくなってしまうことはない)もあり、また、ピークシーズン中は週末を中心に混み合うそうです。今年は来週あたりから、一気に開花するのでしょうか。
AF12106A-EE4A-4288-9463-04FE54432B45.jpeg
おみやげコーナーには、プランターに入ったラベンダーや、収穫したラベンダーを使ったオイルや香り袋、石鹸や化粧水など、自宅用とギフト用のセットなどが別コーナーで陳列されています。


ギフト・ショップは、ほかにも園芸店を備えたエプソム店 があり、オンライン・ショップもあるので、買い損ねた物や気に入った物を再度購入するのに便利です。


イギリス国内、ラベンダー畑ランキング(VisitEngland など)上位の常連であるメイ・フィールド。まるで桜の開花予想のように、BBCなどの報道局がたびたびやってきては、お天気情報のライブをお茶の間に届けているようです。わが家も今度こそ、ベスト・シーズンを目指して再訪したいと思います。

◼️Mayfield Lavender
・住所: 1 Carshalton Rd, Banstead SM7 3JA
・アクセス: 電車East Croydon駅より市バス166番でOaks Park停留所下車
・営業時間:  シーズン中毎日9:00~18:00
・URL: https://www.mayfieldlavender.com/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@surrey_may***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年6月14日
« 前の記事「ロンドンのバス利用「コロナ前と後の違い、および注意点」」へ
»次の記事「夏の風物詩イギリスの移動式遊園地」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
ハズレなしのワイン屋さんがある町〜パーリー・オークス〜
車と肩を並べて走るロンドンの自転車事情【イギリス、公共交通機関の利用を緩和】
イギリスの道路交通事情〜駐車方法とマナー〜
イギリス学校閉鎖の一部解除〔解除の内容と登下校の様子〕

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集