海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > 現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年12月 1日

現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」


現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」

世界でもっとも有名な日本人芸術家のひとりであろう、江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の特別展「Hokusai: The Great Picture Book of Everything」が現在ロンドンの大英博物館で開催中です。
01E3BAEF-4A6A-4F63-994E-7E0B49056043.jpeg
同館では以前より併設のギフト・ショップにて北斎グッズを常設し、これまでも北斎を取り上げた展覧会がありましたが、今年2021年9月より始まったものは、フランスの個人収集家が所有していた未公開作品103点が世界で初めて一般公開されるという、大注目の展覧会となっています。


丹念に見て回る来場者たち

イギリスにあるほかの多くの博物館と同様、大英博物館は無料で利用することができますが、入館後正面すぐにある大きなホール、グレイト・コートの螺旋階段を上階まで昇り(エレベーター有り)、ルーム90(Upper floors, level 4)にて開催中の北斎展は、別途入場券が必要です。
17E004A2-1FCF-4E51-A00D-83EFECB399C8.jpeg
ほかの展示エリア同様、コロナ以降は特にオンラインでの事前予約が望まれます。もはやテーマカラーとも言える、「北斎ブルー(プルシアンブルー)」に塗られた壁に書かれた日本語タイトル、「北斎-万物絵本大全図」を横目に見ながら受付を済ませると、いよいよ入場です。


今回の展示品は、この図鑑のために描かれた版画用の下絵(肉筆画)がメインで、それぞれの作品自体は小ぶりで展示エリアとしては大きくありませんが、数が多いのでじっくり目を凝らして見ているとあっという間に時間が経ってしまいます。


実際、入ってすぐにある北斎と、この図鑑についての紹介パネルの前でさっそくなにやらメモを必死で書いている(丸写ししてそうでした)来場者を見かけました。


イギリスと北斎の繋がり

前回大英博物館が北斎展を開催したのは2017年、北斎と言えば、の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」をメインに据えたものでしたが、初めて大規模な展示がなされたのは北斎没後100年を記念した1948年のことでした。


現在ではおよそ800万点に及ぶ収蔵品数を誇る大英博物館ですが、その基となったのがハンス・スローン卿(Sir Hans Sloane)ひとりのコレクションだったように、今回の特別展も含め、そのほかの所蔵品も個人の蒐集物だった、ということが数多くあります。
4D9E2442-0CCA-4135-86F0-6B0312763247.jpeg
© The Trustees of the British Museum


北斎の作品も、1873年に明治政府に招聘された医師のウィリアム・アンダーソンが、日本からの帰国時に持ち帰ってきた2000点以上の日本と中国の絵画のなかに含まれていたのが、イギリスと繋がりを持ったはじまりのようです。


バラエティに富んだ挿絵の数々

前回の展示とは異なり、今回は「万物図鑑」の名が示すとおり、動物や植物といった自然、インドや中国など海外のこと、宗教などあらゆる種類の挿絵が並びます。


これだけジャンルが多岐に渡っていると、北斎が浮世絵だけでなく、いかに万能に絵を描ける画家でもあったことがよくわかります。
FB634A02-AEF4-4FB4-B064-ED5389A00DB7.jpeg
© The Trustees of the British Museum


途中、各所でばれんや彫刻刀といった、版画を作る際に使われる道具を並べたり、映像で制作過程を示したりと、「北斎の版画はどう作られたか」ということが想像できるコーナーもありました。


この万物図鑑は実は未刊行で、展示パネルのひとつには「もしこの図鑑が刊行されていたら、通常下絵は木版画作成時に廃棄されるので、いまここにあるこれら北斎の肉筆画も、すべて存在していなかっただろう」と書かれています。
49E57B44-C1DF-4A1D-B075-1D6D44EE395E.jpeg
© The Trustees of the British Museum


それゆえ、今回の展示品すべてが危うく「幻」になりかけた貴重なものであることが、よくわかりました。感心しているのは同胞の日本人だけでなく、なかには巨大な虫眼鏡を持参し、仲間とあーでもないこーでもないと議論を交わしながら、しきりにガラス越しに小さな挿絵をメガネ越しに覗いている欧米人グループもいました。


シメはもちろんコレ!

「富嶽三十六景」は北斎が70代のときに刊行された、日本各地から見た富士山を描いた版画シリーズですが、なかでも特に有名な「神奈川沖浪裏」は現在、100枚ほど擦られたものが世界に存在します。


大英博物館はこのうちの3枚を所蔵しており、今回も展示エリアなかほどに1枚と、最後出口付近に「進化しつづけるグレート・ウェーブ」と題してもう1枚と、現代木版で刷った複製1枚が、比較のために並んで展示されていました。
5108A689-682D-4A00-882F-0CD7820686A1.jpeg
© The Trustees of the British Museum


1枚1枚手作業で色刷りされていた木版画は、同じ色のものはふたつとない、と言われているように、当時と現代で刷り上げたものとでは、素人目でもパッと見てわかるほどハッキリと色の違いが出ている箇所もありました。


やはりコレを見ずして会場を後にするのは寂しいので、最後に思う存分「グレート・ウェーブ」を眺められて大満足でした。なお、このふたつのウェーブを見比べるところでは、その人気ぶりゆえ多少人だかりができていましたが、こんなところでもイギリス人、絵画の正面ポジションを得るためにはちゃんとしっかりを作り、順番を待っていました。


来年2022年、1月末まで開催される大英博物館の「北斎-万物絵本大全図」、機会がありましたらぜひ、実物を観に足を運んでみてください。


◼️The British Museum
・住所: Great Russell Street, London, WC1B 3DG
・最寄駅: 地下鉄Tottenham Court Road駅、Holborn駅、Russell Square駅、Goodge Street駅より、徒歩約5~8分、
・開館時間: 毎日10:00~17:00(最終入館時間16:00、金曜のみ20:30まで)、休館日12月24日~26日
・入場料: 大人£9(寄付料込み£14)、16~18歳£8
・開催期間: 2022年1月30日まで
・URL:  https://www.britishmuseum.org/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年12月 1日
« 前の記事「スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」」へ
»次の記事「クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
イギリスの韓国系スーパー「Hマート」
ポルトガルの「灯台」レストランでクリスマス・ディナー
これがなければクリスマスは始まらない「イギリスのカード文化」
オンラインでイギリス無料英会話スクール!

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集