海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ロンドン4特派員ブログ > イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー...

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年1月10日

イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」


イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」

ロンドン市内はもとより、リーズ(関連記事 )やリバプール(関連記事 )、エジンバラ(関連記事 )と、全国展開をしている「バイロン(Byron Burgers)」は、創業者がアメリカで感銘を受けたハンバーガーに触発されて開業した、ハンバーガー専門店です。
7DDC7F27-E0A0-422B-BCB9-0E8CA530F7BA.jpeg
2007年に創業した同店は、ヨークシャー州の精肉店からスコットランド産、アバディーン・アンガス種の牛肉を仕入れ、品質には確かな自信を持っています。英国「バイロン式」にアレンジしたハンバーガーの数々は、そのジューシーさがウリで、各地に広がる店舗数、来店客数をとっても、すっかりイギリスに根づいたようです。今回はロンドン市内にあるうちの、1店舗に行ってきた様子をお伝えします。


活気ある店内

その日は外まで列ができるほどにぎわっていた同店、待ち時間を気にしましたが、意外と回転が速そうで、スタッフも機敏に動いていることから、訪れてみることにしました。


各グループに同席人数を聞いたあと、待ち時間が発生する場合は「○分お待ちください」と案内し、パズルのようにあっという間に客を各テーブルへ案内していきます。それも、聞いていると待つ時間は3分や1分など、どれも5分以内ばかり。具体的に数字化されて、短い時間であれば穏やかな気持ちで待つことができます。


席に案内してくれた際も、こんなに目まぐるしく動き回っているのに、歓迎の挨拶やメニューの説明などはしっかりこなします。忙しくて客の呼びかけになかなか応じられない時は「1分待ってください。必ず参りますから」といったん席まで来てくれるていねいな対応。イギリスでは店員をよびつけることがあまり良しとされないようで、店員に気づいてもらうまで何分も、ひたすら静かに待っていたりします。ですので、こんな日本っぽいきめ細やかな接客はめずらしいのではないでしょうか。


知日派の秀逸な店員

こんなに覇気がみなぎり、キビキビ動き回っている店員はイギリスではあまり見たことがなかったので清々しく思っていると、私たちが席につくなり「日本人ですか?」とズバリ聞いてきました。


ほかの国でもそうですが、海外にいると中国人に間違われることが多く、ここイギリスでも同じ状況なので、こんなにもピンポイントで当ててくるとは、いったい何者? と、ますます気になりました。


すると、やはりこの敏腕スタッフはかなりの日本好きなようで、コロナ前は毎年のように日本に遊びに行っていたそうです。そこで自然と、日本風のサービスを取り入れたのかもしれません。こんなところまで海を越えて、日本のおもてなし文化が伝わっていたようで、感慨深かったです。


繁盛店なのも納得の味

サービスだけではありません。味もしっかり満足できるレベルで、頼んだクラシックバーガーやダブルベーコン・チーズバーガーは、よくある"一見豪華でも肉がカチカチ"パターンとは異なり、小ぶりながらも挟まれているハンバーグは、ふっくらジューシーです。
C157A8C1-9EDF-464C-B78F-40423EB3B41C.jpeg
また、これまたイギリスではありがちな、味がなくて単調ということもなく、最後まで飽きずに食べきれる、ちょうどいいサイズでもあります。


ドリンクにもこだわっていて、店の名前を冠したバイロンラガーや、スタッフおすすめのクラフトビールは特徴のあるフルーティーな味わいで、ハンバーガーと合います。
F1F29DF6-6D50-4D42-B055-5623F8BAD90D.jpeg
子供にはクレヨンと塗り絵が配られ、その裏にキッズメニューが書かれています。ミニバーガー(といっても十分立派)にポテト、ドリンクがつきます。


ロンドンだけでなく、店舗はイギリス全土に広がるので、コロナ収束後のイギリス旅行では、「より大きく、よりよく、より分厚く(Bigger, better, bolder)」をモットーに掲げるバイロンのハンバーガーを見かける機会が多いかもしれません。その際は、ぜひお試しあれ。


◼️バイロン(Byron Burgers)
・URL:https://www.byron.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2022年1月10日
« 前の記事「イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物」へ
»次の記事「ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城」 へ
ロンドン4特派員 新着記事
ちょっと地味?お堀がロマンチックな英ボディアム城
イギリス全国展開、肉厚ジューシー「バイロンバーガー」
イギリスのディスカウント店「TKマックス」で年中お得にお買い物
レトロ・モダンな商店街が魅力!ロンドン南部の町サリー州「ライゲート」
デザート・ワゴンが魅力の、イギリス老舗スペイン料理店「エル・ニド」
クリスマスはどうなる?ロンドン町なか最新レポート
現在開催中!幻になりかけた未発表作品を一挙大公開!ロンドン「大英博物館の北斎展」
スコットランドの祝日「聖アンドリュー・デー」
1年前の同じ月に投稿された記事
コロナ禍で行くイギリスの歯医者さん「予約状況や気になる料金など」
オンライン料理教室で「台湾バーチャル美食旅行」
春のロックダウンから学んだ「イギリス2度目の学校閉鎖と家庭学習」
イギリスの通貨【 2021年度最新版】

イギリス ツアー最安値


2021/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集