海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > No. 3: ヴィクトリアン・クリスマス (The...

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年12月 4日

No. 3: ヴィクトリアン・クリスマス (The Banning Museum: Victorian Christmas)


メール プリント もっと見る

No. 3: ヴィクトリアン・クリスマス (The Banning Museum: Victorian ...

こんにちは。


先週後半から珍しく続いている雨。週末も小雨で遠出はしないつもりだったのですが、急遽変更してヴィクトリアン・クリスマスのイベントで有名なバニング・ハウスに行ってきました。ヴィクトリアン・クリスマスは毎年恒例で12月に週末一回のみ行われ、今年は12月1日と2日。雨でも晴れでも実行ということですので、ちょっとの雨くらいでは!と車を走らせました。場所はウィルミントンというロスアンジェルス国際空港から約15キロほど南に位置する小さな町です。


フィニアス・バニング氏が住んでいた家をそのまま博物館としているのですが、説明によりますとバニング氏が21才の時、ゴールドラッシュの時期に東海岸からカリフォルニアに移り、運送業で一気に富を得、1864年に23部屋のこの家を建てたという事です。その後、政治的にも地位を得て"ロスアンジェルス港"の開発の一任者にもなり、後にアメリカ南北戦争のユニオン軍の大佐にもなったとのことです。


1925年まで氏族が住んでいたそうですが、1927年にロスアンジェルス市の所有物となり、現在23部屋中18部屋が公開されています。


博物館はこんな感じです。

IMG_5729.jpg


ヴィクトリアンなので、皆さんヴィクトリアン時代のお洋服を来ていらっしゃいます。ダンス、コーラスと出し物がありました。

IMG_5722.JPG


サンタもヴィクトリアンの馬車に乗っています。

IMG_5726.jpg


歩いて約10分ほどの場所に南北戦争の博物館があるのですが、この2日のみ、フリーで馬車に乗って行き来ができます。

IMG_5760.JPG


館内は撮影禁止でしたが、敷地内にある納屋もクリスマスの飾りつけが奇麗でした。

IMG_5751.jpg


そして小規模なクリスマス・マーケットも。

IMG_5741.JPG


イベントは週末のみでしたが、12月中はクリスマスの飾りも展示されているそうです。ちょっとノスタルジックなクリスマスを覗きたいと思った時に訪れてみてください。


下記のリンクのビデオを観て頂くと博物館内を観て頂く事が出来ます。
http://www.thebanningmuseum.org/videos/

詳しくは下記の公式サイトでどうぞ。
http://www.thebanningmuseum.org/


ではまた!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2012年12月 4日
« 前の記事「No. 2: Iris (イリス:サーク・ド・ソレイユ)」へ
»次の記事「No. 4: ビバリーヒルズでクリスマスを満喫」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 394: 空、楽しんでください!
    No. 393: 思い出、、、記事にするのがちょっと遅くなってしまったから!
    No. 392: 私の将来の夢、、、動物愛護
    No. 391: ポートランドで秋!
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      マッキーン 奥田 すみれ
      1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集