海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > No. 19: ウィーン風ケーキをサンタモニカで?

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年3月 3日

No. 19: ウィーン風ケーキをサンタモニカで?


メール プリント もっと見る

No. 19: ウィーン風ケーキをサンタモニカで?

こんにちは。


3月に入った途端夏?と思わせる気温にビックリしましたが、どうも平常に戻る様子です。


さて今日は、サンタモニカのケーキ屋さんのご紹介です。Vienna Pastryと言いますが、サンタモニカで50年以上地元の人達のベーカーリーとして慕われています。元々は名前のとおりオーストリア人のご夫婦が始めたとのことですが、現在のオーナーはイラン人だそうです。ですが、レシピはそのまま受けついたということで、アメリカのお菓子というよりやっぱりヨーロッパ風です。アメリカの甘い物に慣れてしまっている私ですので、ちょっと不安ですが、日本の甘さに似ていると思います。


実は私は大のオーストリア好きで去年もオーストリアを含む2週間の旅行を楽しみました。ウィーンで美味しいケーキを思いっきり食べたのがとても懐かしいなと思っていた時に見つけたのがこのお店。ちょっと違うと思いながらもけっこう楽しませてもらっています。


場所は先日No.15:"美味しくヘルシーご飯をサンタモニカで!"で紹介したHuckleberryから歩いて数ブロックの12ストリートにあります。Hukleberryはお菓子類のお値段がとても高いのですが、Vienna Pastryは1ドル、2ドル代で可愛らしい一口サイズのケーキを購入することが出来ます。そして私はここのクロワッサンも大好きです!


外観はこんな感じです。

IMG_7227.JPG IMG_7228.JPG


購入したケーキはこちら。ト音記号のかわいいケーキがお気に入りですが、名前はオペラ。右回りでマンゴーとラズベリーのムースケーキ、テラミス、レモンとラズベリーのムース、ナポレオン、中央が林檎とキャラメルのケーキとなります。

IMG_7257.JPG


お洒落ではないし、トレンディーなお店ではないので残念。テーブルもあるのですが、あまり居心地は良さそうでないので、ホテルへのお持ち帰りとかがいいのではないでしょうか?歩き疲れた一日の最後にケーキとか朝食用にクロワッサンとかもいいかもしれませんね。


営業時間:
月曜ー土曜:朝7時から夕方6時まで
日曜:朝10時半から午後3時まで

公式サイトは下記からどうぞ。
http://www.viennapastry.com/hours.html


ではまた。

**2月中旬に撮った写真を使わせて頂きました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年3月 3日
« 前の記事「No. 18: 気をつけてください!アカデミー賞に先駆けハリウッド地域交通規制」へ
»次の記事「No. 20: サスペンス作家の本のサイン会:W. ハリウッドの本屋Book Soup(ブックスープ)」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 393: 思い出、、、記事にするのがちょっと遅くなってしまったから!
    No. 392: 私の将来の夢、、、動物愛護
    No. 391: ポートランドで秋!
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    No. 396: 夏?それとも秋?ファーマーズ・マーケットで見つけてみよう。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ロスアンゼルスで桜観賞

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      マッキーン 奥田 すみれ
      1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集