海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > No. 84: 感動! ガラスの教会、そしてパーロ...

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月 2日

No. 84: 感動! ガラスの教会、そしてパーロス ベルデスの散歩道


メール プリント もっと見る

No. 84: 感動! ガラスの教会、そしてパーロス ベルデスの散歩道

こんにちは。


地球の歩き方のロスアンジェルス特派員となり11月20日で一年が経ちました。ブログでロスアンジェルスのご紹介をさせて頂いて最も嬉しいのが読者様、旅行者様からご連絡を頂く事です。"ロスアンジェルスに旅行の予定があるので連絡しました" とメッセージを頂きメールのやり取りをすると日本での出身地が隣町であったとか、趣味/興味/仕事が似ていたりとかで本当に人の縁っていうのは不思議だなと感じさせられます。また、"留学したいのですが" と沢山の方からご連絡を頂きます。私もたどった道ですので、昔の自分を思い出します。


そんな中、つい最近ですが、"ロスアンジェルスに20年前に住んでいました。懐かしくて連絡しました" と読者の方からご連絡を頂きました。そしてロスアンジェルスの ランチョ パーロス ベルデスという町にあるガラスの教会 (Wayfarers Chapel: ウェイフェア教会) に "是非行ってみてください" とお薦め頂きました。ご親切にも道順まで教えて頂いて、とにかく前々から行きたいと憧れていた町、そして場所だったので、これを機に行って参りました。


有名な建築家のフランク ロイド ライト氏の息子さんの設計で1949年から1951年にかけ建てられたこじんまりした教会は丘の上に建っており、杉の木に囲まれていました。中に入ると音が遮断され、上を見上げるとただただ空が広がっていました。空、木々、そして道を隔てて海も望めるこの教会で挙式をあげるのは多くの人にとって憧れなのがよく判りました。


全体にとてもシンプルな美しさを感じます。ウエディング ドレスも栄えそうな祭壇ですね。

IMG_3062.jpg


そして上を見上げれば空のみ。

IMG_3059.JPG

IMG_3064.JPG

IMG_3083.JPG


ブライドはここを通り教会へと進みます。

IMG_3075.JPG


この教会は日本の方々も良く知っていらっしゃる場所で、日本からロスアンジェルスに来てここで挙式をあげるカップルも沢山いらっしゃる様です。教会の入り口とは反対側の小さな庭の小道はレンガで出来ており、この教会で挙式をあげたカップルの名前が刻んであるのですが、日本名も沢山ありました。(写真をクリックして頂くとレンガに名前が刻んであるのが見えると思います)


IMG_2492.JPG


こんなギフトも購入可能。教会の絵のオーナメントと"ウェイフェア教会で結婚しました"と書いてあるオーナメントがありました。各約20ドルでした。

IMG_3089.JPG IMG_3088.JPG


さて、もう少し居たいなと思いましたが教会を後にする時間となりました。そして夕日を見に移動しました。ランチョ パーロス ベルデスは半島となっており、私の住んでいるマリブからちょうど南に見えます。毎日このコミュニティーを南に見ながら生活をしているのですが、今回はセント ビンセンテと呼ばれる公園に立ちマリブを北に見ました。プロのカメラマンの方もたくさんいらっしゃりましたし、夕日を見るカップル、そして住民の方は犬の散歩と思い思いに気持ちよい夕方を過していらっしゃりました。


散歩道から遠くに見えるカタリナ島。

IMG_3039.JPG

IMG_3044.JPG


マリブやサンタ モニカも遠くにうっすらと見えました。

IMG_3045.JPG


少し曇り空になりましたが、夕日に栄える燈台。そろそろ暗くなるので帰らなくてはと思いながらなかなか動けませんでした。

IMG_2496.JPG


感謝の言葉:


さて、最後になりますが、地球の歩き方の担当の皆様、そして読者/旅行者の皆様にはこの一年サポートして頂ありがとうございました。ご意見、ご感想、レポートのご希望等ありましたら、どうぞご連絡下さい。そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。


ウェイフェア教会の公式サイトは下記からどうぞ。
http://www.wayfarerschapel.org/

住所:
5755 Palos Verdes Drive South
Rancho Palos Verdes, CA 90275


*毎日10時から5時まで教会の観賞が出来ますが、週末は結婚式等で一般の方の教会への出入りが出来ない場合がありますので、ご注意ください。


ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年12月 2日
« 前の記事「No. 83: 旅行です!オレゴン州、ポートランドの秋/冬 食べ物とお買い物」へ
»次の記事「No. 85: 夜の青いクジラ / パシフィック デザイン センター」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 393: 思い出、、、記事にするのがちょっと遅くなってしまったから!
    No. 392: 私の将来の夢、、、動物愛護
    No. 391: ポートランドで秋!
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    No. 396: 夏?それとも秋?ファーマーズ・マーケットで見つけてみよう。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    No.7: トナカイを探せ (Century City shopping mall)
    No. 6: ロスアンジェルスで氷点下13度を味わう!(The Ice Kingdom @ Queen Mary)
    No. 5: クリスマス・ボート・パレード(Christmas Boat Parade @ Newport Beach)
    No. 4: ビバリーヒルズでクリスマスを満喫
    No. 3: ヴィクトリアン・クリスマス (The Banning Museum: Victorian Christmas)
    No. 2: Iris (イリス:サーク・ド・ソレイユ)

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      マッキーン 奥田 すみれ
      1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集