海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > No. 312: 高級住宅地プランコ、そしてフリー...

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月10日

No. 312: 高級住宅地プランコ、そしてフリーダ・カーロ!:初のメキシコ


メール プリント もっと見る

No. 312: 高級住宅地プランコ、そしてフリーダ・カーロ!:初のメキシコ

こんにちは。


今年の後半は毎月のように海外に出ていましたが、11月はメキシコでした。33年アメリカに住んでいますが、なんとメキシコは初めてだった私、、、5日間の日程でしたが、メキシコに住んでいて言葉が不住でない友人達のお影でとても充実な旅行となりました。そんな旅行のハイライトのみお伝えしたいと思います。


目的地はメキシコ・シティー。ここは東京の3倍の人口だとか、、、。とにかくもう込み込みで大変。地下鉄があってもタクシーが便利。なので、タクシー、バス、自家用車と地上を走るものが多く、とにかく街の混みようといったら大変でした。ですが、私たちが泊まったホテルはポランコ (Polanco) と呼ばれる日本で言えば青山の様な高級地域だったので、簡素な佇まい、そして緑に囲まれたとても落ち着いた雰囲気の場所でした。


まずは空港からタクシーでホテルに向かいました。タクシーは流しは拾わないでください。空港のグランドレベルに小さなオフィスがありますので、立ち寄って行き場所を伝えるとまず料金を確認、そして支払いとなります。支払った領収書を受け取り、ターミナルの外に出ると係りの人が待っているので、領収書を見せるとタクシーまで案内してくれます。チップは必要かと聞きましたら、別にいらない、気持ちで出すか出さないかを決めてくださいと言われました。さて、、、、メキシコに住む友人達とはホテルで待ち合わせでしたので、空港からホテルはたどたどしいスペイン語でなんとか無事に着きました。空港でも英語が話せない人もいるというのが常識の様で、ちょっと苦労しました。ホテルはホテル・プランコ (Hotel Planco) で一泊約税込で100ドルでした。


着いたのが朝7時半。まずは腹ごしらえと近くのカフェに行きまして、ほうれん草のオムレツを。50ペソでしたので、何と今のレートで2ドル50セント、、、。ご存知からもしれませんが、アメリカの大統領選挙後ペソがドルに対して以上に下がり交換するオフィスに行った時にはもうほとんどないよと言われたくらいでした。ですが、この時期に必要だったペソ、私にとってはとてもラッキーでした。


オムレツとコーヒーで約3ドルでした。

IMG_7133.jpg


この様にポランコはとても綺麗な場所。

IMG_7137.jpg

IMG_7208.jpg

IMG_7209.jpg


リンカーン公園と名がついている公園の近くのホテルに泊まっていましたが、やはり公園内にはアメリカ大統領リンカーンの彫刻が。マーチン・ルーサー・キング氏の彫刻も向かい合わせにたっていました。

IMG_7212.jpg

IMG_7433.jpg


そして午後は私の大好きな画家のフリーダ・カーロの家、La Casa Azul に参りました。もちろんこれもタクシーを利用しました。約1時間かかりましたが、300ペソという金額、、、。とにかく安い!と感じました。


さて、フリーダ・カーロの家ですが、着くとやはり行列。ですが、メキシコ人の友人が気を利かせて、その場で携帯でチケットを購入。そんな訳で待たずに入れました。料金は入館が120ペソで写真を撮るのなら20ペソを支払って許可を得ます。


中の写真は残念ながら許可なくポストできませんので、外の写真だけとなります。彼女の生活を垣間見ることができなんとも幸せな気分。ですが、けっして一般的な見方をすると幸せでなかった彼女の一生。波乱万丈な人生でこの家は彼女にとってオアシスだったのだと思うと寂しい気分にもさせられました。


IMG_7194.jpg


さ〜て今日はここまでとします。次回は16世紀に建てられたとされる有名な大聖堂とアステカ文明の遺跡のお話を!


ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年12月10日
« 前の記事「No. 311: イルミネーション!この時期だからオススメのスポット!」へ
»次の記事「No. 313: 癒しの大聖堂とアステカ遺跡:初のメキシコ」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 394: 空、楽しんでください!
    No. 393: 思い出、、、記事にするのがちょっと遅くなってしまったから!
    No. 392: 私の将来の夢、、、動物愛護
    No. 391: ポートランドで秋!
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    No. 237: マリブで No. 1 のサンドイッチ屋!
    No. 236: スイスの街、バーゼルでこ?んな可愛いお店見つけました!
    No. 235: 美しすぎるスイスの町ルツェルンでラフマニノフに会う
    No. 234: チューリッヒから2時間半の山でアルプスを見る!
    No. 233: スイスのチューリッヒとバーゼルのクリスマス・マーケットは?
    No. 231: のび〜るのびる!
    No. 230: パリの味をどうぞ!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/20更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      マッキーン 奥田 すみれ
      1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集