海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ルクセンブルク/ルクセンブルク特派員ブログ

ルクセンブルク/ルクセンブルク特派員ブログ su_moien

ルクセンブルク・ルクセンブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ルクセンブルクは紅葉も終わって季節もどんより冬のシーズン。
日もどんどんと短くなり冬時間に先月からなったこともあり暗い時間が増えてなんともさみしい気分になります。
日光不足にもなるのでテレビでもビタミンDをサプリで摂取しましょう! という宣伝が増えたような気がします。


11月の前半は大きなイベントは特にはないルクセンブルクですが、11月22日から12月24日までセンターを中心とした広場で冬の最大のイベントのクリスマスマーケットが開催されます。
Centerにある220本の木に2万のライトの装飾を施し、世界遺産のGrundやボック要塞のあたりまでクリスマスイルミネーションが続きます。


ギョーム広場のクリスマスマーケットの屋台ではソーセージをグリルしたGrillwurschtや独特な香辛料を練りこんだソーセージのMettwurschtも売っています。
そして、細切りにしたポテトをスパイスと細切りにしたジャガイモを薄くパンケーキのようにして揚げたGromperekichelcherといったルクセンブルクの伝統料理も販売されています。
それらとあわせてスパイスと甘さの効いたホットワインのGlühwäinを一緒に飲むと寒い体を温めてくれますし、とっても美味しいのでおすすめです。
グリューワインの入れ物も毎年変わって柄を気に入ればそのまま持ち帰れますし、返却をすると1-2ユーロほど返金されます。
ギョーム広場にはスケートリンクも設置されスケートを楽しむこともできます。


憲法広場にはギョーム広場と似たようなクリスマスマーケットと約30mほどの大きな観覧車も設置され、夜にはクリスマスライトアップされた夜景やクリスマスツリーを見ながら乗ることもできます。

ルクセンブルクのクリスマスマーケットはややこぢんまりとした部分もありますが、それもなかなか味があって素敵だと思います。
もしお越しの際に時期が重なれば、訪れてみてはいかがでしょうか。


2019年11月11日

連日、冷え込む日が続いているルクセンブルク。
コートやそろそろ帽子や手袋もないといられなくなってきました。
今週の朝方は氷点下になるとも言っているので、本格的に冬のシーズンに突入した感じです。


最近バスやVel’OHに乗っていると、よく見かけるCIRQUE DU LUXの看板。
ピエロが大きくプリントされていて車からでも、とても目立ちます。
気になって調べてみるとクリスマスシーズンやってくるサーカスのようでなんと今年で13年目!!


場所は以前に移動遊園地が催されたGrasisの駐車場に会場ができ上がります。空中ブランコやピエロのオーソドックスな迫力あるサーカスに加えて猫や小動物と一緒にコラボするかわいらしいショーもあるそうです。


チケットも25から45ユーロと物価の高いルクセンブルクにしてはかなりリーズナブル。
VIPチケットはポップコーンとソフトドリンクがついて65ユーロとポップコーンを食べながら観劇するあたりが海外っぽいですよね。
チケットはオンラインで簡単に予約ができます。


クリスマスシーズンに合わせて海外のサーカスを手軽に見るには良い機会ではないでしょうか。
よかったら訪れてみてください。
私も今から行くのが楽しみです!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

CIRQUE DU LUX
2019年11月29日-12月31日
場所:Grasis
チケット等の詳しい内容はホームページで確認をお願いします。
HP: https://www.luxemburger-adventscircus.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2019年11月 2日

最近スーパーでとても多くのリンゴが売られているのを目にします。
日本のものより小ぶりですがとても甘くてジューシー。
私はそのまま皮ごと食べたりサラダに入れたりしてよくリンゴを食べています。


ルクセンブルクではcremanや白ワインも有名ですがシードルもよく飲まれています。
お店に行くとワイン? それともシードルにする? と聞かれるくらい。
この国の方たちにとって、とても身近な飲み物なのだと思います。


スーパーのシードルコーナーにはいくつかのメーカーのシードルが売られていますが
その中でよく見かける”Ramborn Cider”の工房見学に行ってきたので紹介したいと思います。


Rambornの工房はドイツとの国境沿いのBornにあり多くの自然に囲まれた素敵な町にあります。
ルクセンブルクで最初のシードル工房が創業したのは数年前。日は浅いのですが、シードルの数多くの賞を獲得しています。


店の中の雰囲気とリンゴの模型
IMG_2969.JPEG


この土地の自然の生態系を守りながら地元農家の方たちと協力して、現在約100種類のリンゴや洋ナシが育てられているとのこと。
リンゴにたくさんの種類があることに驚き。


まず、シアタールームで創業の経緯やシードル作りの歴史の説明。
Bornは昔からリンゴの木が数多くあり、リンゴの村として有名でしたがその活用がうまくされていませんでした。
以前は100万本もあったリンゴの木が現在はその1/10ほどに減っていしまい、
このリンゴをうまく活用できないかと。そこで、昔からわずかに作られていたシードルに目をつけ、
イギリスのシードルの製法とルクセンブルクのワイナリーの醸造技術を基盤に、現在のRambornのシードルができ上がりました。


現在の工房は1700年代に建てられた醸造所を改築していて、その頃の面影を残すカーブも見学。
IMG_2983.JPEG


最盛期ではなかったので、まだ仕込みはされておらず写真で説明をうけましたが
農家から運ばれてきたリンゴをここで洗って、大きなステンレスタンクで仕込みをするそうです。
IMG_2989.JPEG


ひと通りの説明が終わって、お待ちかねの試飲。
IMG_2999.jpeg


いろいろな種類のシードルや工房でしか売られていない商品の試飲もでき、それぞれのシードルの違いに驚き。
オリジナルは王道のシードルの風味ですが、ファームハウスという昔ながらのシードルは甘みも少なく、ドライな印象でした。
ビタースウィートはルクセンブルクのシードルとイギリスのシードルを合わせていて、
オリジナルとファームハウスの中間のような美味しさ。
その中でも特に私が美味しいと思ったのが洋ナシのシードル!!
甘みが強く洋ナシの香りも強く、とっても飲みやすかったです。
どれも甲乙つけがたいくらい美味しくてクイクイのんでしまい、試飲で酔っ払い・・・・・・。


最近、スーパーで瓶入りのシードルではなく、缶入りのシードルも売っていて、
海外輸出も考えてホップを入れて作っているそうです。
試飲をしましたが、ビールとシードルの中間ような感じで、甘みは少なく。これも色々な食事に合いそうでとても美味しかったです。
工房までは車がないと不便ではありますが、ワイナリーとはまた違う雰囲気を味わえて、とってもおすすめです。


シードルは甘くて食事とあまり合わないのかなと思っていましたが、ルクセンブルクのからっとした気候と食事にはとってもよく合います。
このシードルは中心部のレストランやバー、そしてスーパーでもよく見かけますので、訪れた際に飲み比べてみたり、
お土産にしてはいかがでしょうか。

英語で詳しい説明やツアーガイドの案内が説明されています。
ツアーは予約も必要ですので、下の説明欄から見てください。

Ramborn
23, Duerfstrooss L-6660 Born Luxembourg
ツアー+試飲:10ユーロ(約1時間半)
https://www.ramborn.com/en/
opening hours: 水曜-日曜 14:00-18:00


2019年10月25日
2019年10月18日
2019年9月26日
2019年9月19日
2019年9月 5日
⇒すべての記事を見る

ルクセンブルク旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ルクセンブルクの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ルクセンブルク特派員

    ルクセンブルク特派員
    su_moien
    2019年1月より夫の海外勤務に伴いルクセンブルクへ移住。 最初はルクセンブルクってどこ?というレベルの私でしたが色々巡ってみると 自然にあふれ、素敵なワイナリーや古城もありとても魅力的な国です。 ガイドブックにはルクセンブルクの説明が少なく短いと2ページで終了なんてことも!! 皆さんがルクセンブルクを訪れたくなるような素敵な自然スポットや観光情報を紹介できればと思います。 ルクセンブルクにある食材やレストランを紹介しているInstagramアカウントはこちらです。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集