海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ルクセンブルク特派員ブログ > ルクセンブルクの気軽に行けるオシャレフレンチ &q...

ルクセンブルク/ルクセンブルク特派員ブログ su_moien

ルクセンブルク・ルクセンブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 5日

ルクセンブルクの気軽に行けるオシャレフレンチ "L'Annexe"


ルクセンブルクの気軽に行けるオシャレフレンチ "L'Annexe"

今日はルクセンブルクの中心地にあるオシャレフレンチを紹介したいと思います。
ルクセンブルク大聖堂の裏手にある"L'Annexe"というカジュアルフレンチです。

お店のあたりは世界遺産でもあるGrundやBock砲台を一望できる高台やGrundに降りるエレベーターもあり、旧市街としても有名な場所です。
夜になるとGrundの夜景も綺麗でとても雰囲気も良いです。

予約の時間より少し早く着いた私たちに出してくれたポップコーン。
IMG_1637.JPEG
器、おしゃれ~!
そしてポップコーンもとてもおいしい。

ルクセンブルクのレストランは量も多いので私たちは前菜とメインかメインとデザートのパターンが多いです。
こちらはメインの前にその日のおすすめのものを少し用意してくれるようで、
今回はメインとデザートのパターンにしました。
ルクセンブルクの人は前菜・メイン・デザートと全部食べるのですごいです・・。

この日は最初にマッシュルームのスープと一口サイズのクロケットが出され
上にかかっているのはワサビソースでした。
IMG_1638.JPEG
ワサビなんて珍しい!!と話したら少し和の要素を意識しているのだと
得意げに説明してくれました。
マッシュルームのスープも、えぐみもなく牛乳のコクもあり香りもよく
クロケットもサクサクでワサビの辛みが良いアクセントでした。

そしてお待ちかねのメインは二人ともお肉が食べたい気分で
IMG_1644.JPEG
旦那さんは鴨のソテーをチョイス。
鴨の皮目はしっかりと焼かれており触感もパリパリとして歯触りもよく、
噛んだときに皮目からあふれ出てくる脂がソースにもなり
鴨のおいしさを引き立ていました。
かぼちゃのソースも甘みがあり鴨との相性も抜群で脂っこくなる口を
カブのマリネがさっぱりとさせてくれ、さらに食べ進めたくなる
一皿でいろいろ楽しめるものでした。

そして私はアンガスビーフをチョイス。
IMG_1645.JPEG
牛肉はミディアムレアで焼き上げてもらい、高温で焼いたのか周りは
サクッとした歯ごたえなのに中はとても柔らかく噛むたびにジューシーな
脂が出てきて、醤油ベースのソースとの相性も抜群。
和の要素もあって日本人好みの味わいでした。
周りにはサツマイモの甘いピュレの上にグリル野菜やキノコがあり
塩気と甘さの交互の刺激で食欲をそそります。
味付けされたひき肉が詰められたロールは触感もパリッとしていて
それもいいアクセントとなり、とてもおいしい一皿でした。


そしてメインの後はデザート
旦那さんはイチゴのババロアをチョイス。
IMG_1648.JPEG
バニラ味のババロアの中にカットイチゴが入り周りにはラズベリーソースが
かかっていました。
甘いバニラの味に甘酸っぱいソースがベストマッチしていて
上のイチゴの飴細工も崩して食べると触感も変わりとてもおいしかったです。

私はヘーゼルナッツのムースをチョイス。
IMG_1651.JPEG
ヘーゼルナッツムースがパウンドケーキの上に乗っており
その上には飴細工と金柑の甘煮が彩られていました。
周りのチョコソースと一緒に食べると程よい苦みがプラスされ
金柑の皮の苦みとナッツのコクも相まって、とてもおいしいデザートでした。
しかしやはり量が多く半分は旦那さんに食べてもらい。
旦那さんもおいしかったようでご満悦でした。

メニュー自体は少ないのですが一つ一つのお皿がきれいな色合いで
構成されていて他の方が食べている料理もとてもおいしそうでした。
是非、今度はお魚料理も食べてみたいと思います。

そして店員さんもとても親切。
予約も英語可能でHPからも簡単にできるのでルクセンブルクで美味しいフレンチが
食べたいなと思われたら、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
L'Annexe  
7 Rue du St Esprit, 1475 Luxembourg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年9月 5日
« 前の記事「モーゼル川沿いの素敵なワイナリー St Martin SA」へ
»次の記事「行ってきました! 移動遊園地"Schueberfouer 2019"」 へ
おすすめ記事
ルクセンブルク特派員 新着記事
行ってきました! 移動遊園地"Schueberfouer 2019"
ルクセンブルクの気軽に行けるオシャレフレンチ "L'Annexe"
モーゼル川沿いの素敵なワイナリー St Martin SA
夏の最後のイベント 移動遊園地"Schueberfouer 2019"
ヴィアンデン城を山から眺められる絶景リフト!
ルクセンブルクの公共電気自転車 Vel'OH! 
【はじめまして】ルクセンブルクの小スイス?!まるでジブリの世界!!
ルクセンブルク特派員終了のご挨拶

ヨーロッパ 航空券情報


ルクセンブルク旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ルクセンブルクの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ルクセンブルク特派員

    ルクセンブルク特派員
    su_moien
    2019年1月より夫の海外勤務に伴いルクセンブルクへ移住。 最初はルクセンブルクってどこ?というレベルの私でしたが色々巡ってみると 自然にあふれ、素敵なワイナリーや古城もありとても魅力的な国です。 ガイドブックにはルクセンブルクの説明が少なく短いと2ページで終了なんてことも!! 皆さんがルクセンブルクを訪れたくなるような素敵な自然スポットや観光情報を紹介できればと思います。 ルクセンブルクにある食材やレストランを紹介しているInstagramアカウントはこちらです。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集