海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/リヨン特派員ブログ

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

リヨンの市内交通_メトロ_ベルクール.JPG

リヨンの市内交通機関 TCL(テ・セ・エル)は、地下鉄、トラム、バス、ケーブルカーが共通切符です。

距離に関係なく全線均一料金。1回券(普通切符)は1時間有効で、同じ切符で何度も乗り換えできます。

切符は、地下鉄とトラムの駅に設置されている自動券売機か、”TCL”の看板が出ているタバコ屋さんタバ(TABAC)で購入できます。自動券売機は、お札が使えないので、小銭かクレジットカードを準備しましょう。タバよりも自動券売機で購入する方が一般的です。

(※「⇒」の部分は、更新したら随時リンク張っていきます。)

⇒切符の買い方


切符の料金

1日観光で利用する切符は「1回券」、4枚以上使う予定なら「24時間券」、美術館見学するなら「リヨン・シティ・カード」がおすすめです。

・1回券 1.90€(バス車内で運転手から買う場合は2.20€。)

・24時間券 5.80€

・48時間券 11€

・72時間券 15€

・19時からの有効の夜間切符 3€

・10枚回数券 16.90€

リヨン・シティ・カード 1日25€、2日35€、3日45€、4日55€
(リヨン観光パスです。TCL乗り放題、観光列車とクルーズが1回無料、22ヶ所の美術館・博物館が入場無料など。)

※2018年3月1日に更新されたTCLの切符料金です。

⇒そのほか切符の種類

市内路線図

⇒リヨンの市内路線図PDF(地下鉄・トラム/2017年9月

⇒リヨンの地図と市内路線PDF(地下鉄・トラム・バス/2017年9月


地下鉄(メトロ)

交通_メトロ151019.JPGのサムネイル画像

リヨンの地下鉄の路線は、A線、B線、C線、D線の全4路線。

A線は、主要駅ペラーシュ駅やベルクール広場、市内中心部を通り、郊外まで走っています。B線は、リヨン空港行きトラムが行き来する主要駅パールデュー駅を通ります。C線は、オペラ座からクロワルースの丘を行き来していて、リヨンの見所のだまし絵を見に行くのに便利です。D線は、リヨンの中心地ベルクール広場と旧市街を通ります。

運行時間は、5時前~00時過ぎまで。

※リヨンの主要駅は、パールデュー(Part-Dieu)とペラーシュ(Perrache)の2駅あります。パリから列車でリヨンを訪れる方は、到着駅をご確認ください。

⇒地下鉄(メトロ)の乗り方


ケーブルカー「フニキュレール」

リヨンの市内交通_ケーブルカー.JPG

旧市街からフルヴィエールの丘を行き来する2線のケーブルカー。

F1は「ローマ劇場方面」、F2は「フルヴィーエル大聖堂方面」。こちらも地下鉄と同じ切符で乗れます。観光名所のフルヴィエール大聖堂やローマ劇場の見学をするなら、朝7時から夜19時までに行くとどちらも開いてます。(ガロロマン博物館は10時からです。)食事の後にケーブルカーに乗って、フルヴィエール大聖堂の見晴らし台からリヨンの夜景を見渡すのもおすすめ。ただし、真夏は22時前後に日が暮れるので、夏や秋に夜景を見に行く場合は、日没と運行時間を要チェックです。終電過ぎたら旧市街まで歩いて下ることもできますが、街灯が少ない道もあるので、ひとり歩きはおすすめしません。

運行時間は、6時~22時頃まで、5~10分おきに出ています。

⇒ケーブルカーの乗り方


トラム(路面電車)

リヨンの市内交通_トラム.JPG

トラムは、T1、T2、T3、T4、T5の5線あります。

旅行者がおもに利用するのは、「T1」です。T2~T5は、パールデュー駅裏(駅の東側)から郊外の住宅街のエリアを走ります。新しくT6を現在建設中で、2019年12月に試運転を予定しています。

T1は、パールデュー駅からペラーシュ駅を通りコンフリュアンス地区まで走ります。パールデュー駅から中心地まで乗り換えなしでアクセスできて、途中車窓からローヌ河の景色が見えておすすめです。ただし、混みやすいのと車内に荷物を置くスペースがないので、ホテルに向かうのに利用する場合は、スーツケースを押さえながら立ち乗りになるのでご注意ください。

運行時間は、5時前(日曜祝日は6時前)~0時過ぎまで。 切符は車内で販売してないので、必ず乗り場にある自動券売機で購入してから乗りましょう。

⇒トラムの乗り方


バス

リヨンの市内交通_トロリーバス_パールデュー.JPG

バスは、市内中心とした26線(バス番号の前に”C”がついてる)と市内や郊外を走るバスが114線あります。

利用者の多い市内バスC1~C26は、電気で動くトロリーバスなど高機能で、中央市場前に停まるC3とC13のバスが観光に便利です。

Cのついてないバス番号のみ表記されてるバスは、市内から郊外までくまなく運行しています。バスに乗ってのんびりリヨンの街並みを眺めるなら、ソーヌ川沿いを走りバーブ島まで行く31番と40番、クロワルースの丘を上る38番のバスがおすすめです。

切符は、乗車時に運転手から購入できますが、料金が普通切符より0.30€増しです。バス停に切符の自動券売機はないので、地下鉄やトラムの乗り場で買います。バスをメインに利用する人は、事前に滞在期間中利用する枚数分をまとめて買っておくと便利です。

⇒バスの乗り方


リヨン公共交通TCLサイト http://www.tcl.fr


2018年4月14日

絹市_141120 (2).JPG

フランス・リヨンは、古くから絹織物の産地として栄えた「絹の町」として有名です。

毎年11月に、絹の祭典 Festival Label Soie(フェスティバル・ラベル・ソワ)が開催されます。

リヨン近郊の絹業者が一堂に集まる絹市「マルシェ・デ・ソワ」、絹織物職人の丘「クロワルース」で機織りの見学、リヨン歴史博物館で絹の歴史ガイドツアー、絹に関する劇など、様々なイベントが行われます。

今年2017年は、11月30日(木)~12月3日(日)まで。

絹市_141123 (28).JPG

イベントのハイライト絹市「マルシェ・デ・ソワ」では、リヨンの名産品「シルク」を中心に、一般のお客さんが生産者から手頃な価格で生地やアクセサリを購入することができます。

自分で作る人のための縫製講師によるサポート教室、スカーフ、帽子、ブレスレット、クッションの講習会も開催します。

布生地と絹製品のメーカー、デザイナー、専門家に会える特別な機会です。

絹市_141123 (11).jpg絹市_141123 (21).JPG

フランスで作られたシルク100%の生地、スカーフ、マフラー、ストール、ネクタイなど。

絹市_141123 (17).jpg

リヨンの中心地にある商工会議所の歴史的な建物「ブルス宮殿」が会場で、豪華で美しい部屋を見学できる絶好のチャンスでもあります。

絹市_141123 (33).jpg

蚕から絹織物ができるまでの工程を各専門家から学べます。

そのほか、子供ワークショップやデザイナーの作品展示、今年は、小物商品のスタンド、本屋、ミシンの販売店もあります。

リヨンの絹市「マルシェ・デ・ソワ」2014

【マルシェ・デ・ソワ】

Marché des Soies

2017年開催日程

11月30日(木)14h-19h
12月1日(金)10h-19h
12月2日(土)10h-19h
12月3日(日)10h-18h

入場料

・1日券(Tarif Journée) 5€
・4日間パス(Pack SOIE) 10€
・18歳未満 無料

場所 Place de la Bourse 69002 Lyon

アクセス 地下鉄A線Cordeliers駅


2017年11月30日

マルシェ・ド・ノエル2013_1123.jpg

リヨンのカルノ広場で毎年開催されるクリスマスマーケット「マルシェ・ド・ノエル」。

2017年は12月1日~12月30日で、今年は珍しくクリスマスイブの後も営業します。

マルシェ・ド・ノエル2013_1201.jpg

クリスマスマーケットは、フランス語でMarché de Noë(マルシェ・ド・ノエル)。

日本でいうところの『酉の市』のような賑わいで、フランス各地で開かれます。

木の小屋に、地元はもちろん海外からも出店しています。

・手作りのクリスマスのオーナメント

・ホットワインやグラタンなど、冬の食事屋台

・ジャムやチョコレート、クリスマスのお菓子

マルシェ・ド・ノエル2013_1201 (2).jpg

光の祭典期間中は早めに閉まります。

7日8日9日は19時まで、10日は18時までなのでご注意ください。

クリスマスの12月25日はお休みです。


【カルノ広場マルシェ・ド・ノエル】

Marché de Noë place carnot

開催期間 2017年12月1日~12月30日

場所 カルノ広場(Place Carnot)

営業時間 10h30-20h(金土は10h30-21h)

定休日 12/25

アクセス 地下鉄A線Perrache(ペラーシュ)駅


2017年11月24日
2017年11月22日
2017年11月22日
2017年11月20日
2017年11月14日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    AKINO
    新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。ブログ記事やリヨン観光に関するご質問など、facebookのメッセージからお気軽にお問い合わせください。リヨン情報をまとめたホームページLYONTABIもご覧ください。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集