海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/リヨン特派員ブログ

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

【フランス リヨン便り n°11】
ブション・リヨネ:カフェ・コントワール・アベル(CAFE COMPTOIR ABEL)


旅の目的は人それぞれ。旅先を選ぶとき、「何を観よう、何を食べよう」と思いを巡らせるはず。それぞれの土地に、場所を代表する「アイコン」的な存在があります。例えば、フランスのパリとえば「エッフェル塔」、エジプトのキザといえば「ピラミッド」、ベルギーのアントウェルペンといえば「ダイヤモンド」といったようにです。ではリヨンといえば、「ブション・リヨネ(Bouchon Lyonnais)」、その土地に行ったら外せない、マストアイテムです。


ブション・リヨネについては、こちらの投稿も閲覧していただければうれしいです。
「フランス リヨンで、伝統料理を味わおう」
https://tokuhain.arukikata.co.jp/lyon/2020/01/post_313.html

 

ABEL_LYON_10.jpg ABEL_LYON_21.jpg ABEL_LYON_11.jpg ABEL_LYON_09.jpg


リヨンのぺラシュ駅(Gare de Perrache)とベルクール広場(Place Bellecour)の間に、エネ地区(Quartier d'Ainay)と呼ばれる、リヨンの中でも歴史の古い地区があります。観光客も素通りしてしまう地区なのですが、地元の人に愛されリピーターで満席になるブション「カフェ・コントワール・アベル」があります。ブションとは、パリでいうところの「ビストロ(Bistrot)」、日本でいうところの「大衆食堂」に匹敵する料理店で、庶民的な食事処になります。
「カフェ・コントワール・アベル」の魅力は、店内のインテリア。エントランスの古めかしい木製ドアを開けると、レトロな店内の趣ある雰囲気に目を見張ります。人工的に造られたレトロさでなく、数えきれないほどの来客を迎えたテーブルや椅子、家具調度品、店内に灯りをともすシャンデリア、壁一面に飾られた絵画や版画、ポスター類など、創業1726年来の正真正銘のアンティークアイテムが時代の流れを今に伝えています。


ABEL_LYON_01.jpg ABEL_LYON_02.jpg ABEL_LYON_04.jpg ABEL_LYON_05.jpg ABEL_LYON_06.jpg ABEL_LYON_03.jpg


アラン・ヴィニュロン(Alain Vigneron)氏が「カフェ・コントワール・アベル」のシェフを務めておよそ40年が経ちます。メニュー内容を変えることなく、代々引き継がれてきたレシピを継承しながら、時代時代のテイストを加え、根強く愛され続ける料理を提供しています。
日本人にも食べやすい前菜は、リヨンソーセージのレンズ豆添え。レンズ豆はリヨン近郊の町、ル・ピュイ・アン・ヴレの特産品です。余談ですが、眼鏡や拡大鏡、顕微鏡など光学ガラスなどに用いられる「レンズ」という言葉は、当初作成された凸レンズがこのレンズ豆に形が似ていたからだそうです。
当店の人気料理は、モリーユ茸とチキンのクリーム煮。創業以来変わらず、鉄のグラタン皿で運ばれ、熱々の料理を楽しめます。定番デザートはプラリネタルト。昔ながらの味と形を守り、深みのあるプラリネの甘さは一度食べたら病みつきになる、魔力的なおいしさです。
何よりも印象的なのが、店員の笑顔ときめ細やかなおもてなし。初めて訪ねる方も、通い慣れた行きつけの店にきたかのようなくつろぎを覚えます。これがリピーターを生む理由なのでしょう。


ABEL_LYON_12.jpg ABEL_LYON_16.jpg ABEL_LYON_18.jpg ABEL_LYON_20.jpg


【カフェ・コントワール・アベル(CAFE COMPTOIR ABEL)】
・場所: 25 rue Guynemer 69002 Lyon France
・サイト: http://cafecomptoirabel.com/
・営業日: 12:00~14:30、19:30~22:00(金曜・土曜日は22:30まで)
 
 


2020年2月17日

【フランス リヨン便り n°10】
お洒落なプチホテルが誕生したので訪ねてみました。


HOTEL_ABBAYE_LYON_2.jpg


フランスのリヨンに流れるふたつの川(ローヌ川とソーヌ川)に挟まれたプレスキル(Presqu’Île)と呼ばれる中州は、商業が発達したリヨンの中心地区になります。プレスキルの真ん中に、6ヘクタール(62,000m²)の広さをもつベルクール広場(Place Bellecour)と称する、車の通行が禁止された歩行者専用の広場があります。この広場はリヨンのもっとも主要な十字路で、リヨン市庁舎やオペラ座へと続くリヨンのメインストリート「レピュブリック通り(rue de la République)」や、お洒落なブティックや高級ブランド店が軒を連ねる「プレジデン・エドゥアール・エリオ通り(rue du Président Edouard Herriot)」、ぺラシュ駅へと続く歩行者専用の「ヴィクトール・ユーゴ通り(rue Victor Hugo)」などがこの広場でつながります。


ベルクール広場からヴィクトール・ユーゴ通りをペラシュ駅方面に進むと、アンペール広場(Place Ampère)と称される小さな広場が現れます。フランスの物理学者・数学者であり、電磁気学の創始者のひとりに挙げられるアンドレ=マリー・アンぺール(André=Marie Ampère)の名を冠した広場です。アンペールといえば……覚えていますか? 中学の理科の授業で習った「右ねじの法則(あるいは右手の法則)」と呼ばれる法則を発見した人です。電流を右ねじが進む方向に直進させると、磁場が右ねじの回転方向に生じるという法則です。右手を握って親指を立てると、親指が電流の向きを示し、ほかの指が磁場の回転方向を示すという、これは日本ならではの覚え方なのですが、一般には「アンペールの法則」と呼ばれています。生活のなかで使われている電流の単位「アンペア」はアンペールにちなんでいます。
アンペールはこのリヨンで生まれ、マルセイユで死去しパリのモンマルトル墓地に埋葬されました。リヨンの人たちは、リヨン出身で、スウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員にも選ばれた世界的物理学者アンペールを非常に誇りに思っています。アンペール広場の中央には、彫刻家シャルル・テクスト―ル(Charles Textor)作のアンペール像が置かれています。


アンペール広場からソーヌ川沿いに続く一帯は、エネ地区(Quartier d’Ainay)と呼ばれ、リヨンのなかでも歴史の古い地区のひとつです。前回のブログで、リヨンでもっとも古い教会を紹介させていただきましたが、その「サン・マルタン・デネ教会」が建てられたのもこのエネ地区になります。


13世紀、エネの修道院はブルゴーニュ地方からプロヴァンス地方の71の教会の頂点にたつ、フランスのもっとも重要な修道院のひとつでした。のちに修道院内に、フランス王が滞在するための館(フランス革命で破壊されました)が建設され、修道院を保護するために1313年から1324年にかけて塁壁が築かれるほどですから、当時の規模が想像できるでしょう。塁壁は1777年に取り壊されてしまい、現在は「エネのランパール(塁壁)通り(rue des Remparts d’Ainay)」という名が残るのみです。エネ地区はファサードが美しい建物が多く、リヨンの貴族やブルジョワ階級が住んでいた由緒正しい地区であったことがうかがわれます。


HOTEL_ABBAYE_LYON_7.jpg


2019年6月、エネ地区のサン・マルタン・デネ教会の前に、かつて学校だった建物を改修したお洒落なホテルがオープンしました。オテル・ド・ラべイ(Hôtel de l’Abbaye)、日本語で「修道院ホテル」と称される、全21室という小さなホテルです。教室が客室に、学校の食堂がレストランに、職員室が喫茶ルームにリニューアルされて地上階(日本では1階)にレセプションやレストラン、喫茶ルーム、その上の3階層が客室となっています。各階ごとに客室のインテリアスタイルを変え、70年代ヒッピーやロースタイルであったり、コクーニングを基調とするカジュアル&シックな雰囲気が、お洒落さを高めています。こじんまりと落ち着きのある佇まい、洗練された古きよき時代のインテリア、そこは隠れ家のように、観光地の喧騒を離れ旅の疲れを癒してくれます。
かつて学校だったこの場所は、エネ地区の住人にとってはとても身近な場所です。ホテルのレストランは、昼も夜も地元の人でにぎわっているそうです。


HOTEL_ABBAYE_LYON_9.jpg


【オテル・ド・ラベイ(HOTEL DE L’ABBAYE)】
・住所: 20 rue de l’Abbaye d’Ainay 69002 Lyon France
・電話番号: +33 4 78 05 60 40
・Webサイト: https://hotelabbayelyon.com/
・最寄り駅: 地下鉄A線 アンペール・ヴィクトル・ユーゴ(Ampère Victor Hugo)



2020年2月10日

【フランス リヨン便り n°9】
「ロマネスク」という響きがあまりにも美しく、専門的な知識もなく何もわからないまま、フランスの「ロマネスク建築を訪ねる旅」に出かけた若かりし頃を懐かしく回顧する歳になりました。思い起こせば、「ロマネスク」という言葉が「ロマン(浪漫)」や「ロマンス」を連想させ、旅心を駆り立てたからなのでしょうか。ブルゴーニュ地方、オーヴェルニュ地方、プロヴァンス地方、ノルマンディー地方、ミディピレネー(現オクシタニー)地方に点在するロマネスク教会を求めて歩いたものです。今も変わらずですが、機会があれば(再)訪問しています。余談ですが日本ではお寺巡りを趣味とし、信仰に関係なく宗教芸術には神がかった美しさがあります。


「ロマネスク」に対して「ゴシック」という言葉がありますが、語源からすれば、前者は「ローマ風」、後者は「ゴート風(ゴートとは古代ゲルマン民族を指します)」の意味で、いずれも中世の美術様式を示す言葉として使われています。時代の流れからすれば、「ロマネスク」はおよそ11世紀から12世紀半ば頃、「ゴシック」は12世紀半ば頃から15~16世紀、そして14~16世紀にイタリアで始まった「ルネサンス」へと続きます。時代区分は便宜上で、それぞれの様式は重なりあって建築様式は変化していきます。


「ロマネスク建築」の特徴は、幾何学的フォルム(壁や床などの平面、円柱や丸天井などの曲面)、重厚感(厚い壁、太い柱)、限られた開口部(小さな窓)。そして近代建築の巨匠「ル・コルビュジエ」に共通する光と影の対比が生み出す「空間演出」。一方「ゴシック建築」といえば、「天に届け」といわんばかりの建造物の高さの追求、豪華な彫刻芸術、大きな開口部から差し込む光と色彩豊かなステンドガラスに見られます。

 
SAINT_MARTIN-AINAY_03.jpg


リヨンはローマ帝国のガリア属州の植民都市として、紀元前43年にルグドゥヌム(Lugdunum)という名で誕生しました。2世紀には、ローマからの伝道師たちによってキリスト教が布教され、177年にリヨン最初の司教ポティヌスが殉教するなど、フランスのキリスト教史においてリヨンは古い歴史を誇ります。そのリヨンで、ソーヌ川とローヌ川に挟まれた中州(プレスキル)のエネ(AINAY)と呼ばれる地区に、リヨン最古の教会「サン・マルタン・デネ教会(Basilique Saint Martin d’Ainay)」があります。古文書によれば、創設は5世紀に遡り11世紀後半から12世紀前半にかけて大きな改修工事が施され、ロマネスク様式の修道院が建設されました。13世紀には殉教者に捧げる教会としてさらに大きな発展を遂げていきます。しかし16世紀に広がった宗教戦争により大きな損傷を受け、18世紀のフランス革命の時代から1807年まで、教会は肥料倉庫として利用されました。建物の破損状態が極めて顕著であったため、19世紀に教会の取り壊しが検討されましたが、再建の声が強く、当初のバジリカ様式(身廊と側廊をもつ長方形の建物)と11世紀から12世紀のロマネスク様式から着想を得た「ネオロマネスク様式」が融合した現在の姿に改修されたのです。


SAINT_MARTIN-AINAY_13.jpg


サン・マルタン・デネ教会は、正面ファサードの幾何学的な美しさに魅了されます。左右対称の構成で、中央にそびえる鐘楼の頂上にピラミッドが置かれ、その四隅を飾る三角錐がチャーミングな印象を与えています。また、半円アーチの開口部、壁に帯状に広がる彫刻装飾やレンガを埋め込んだ菱形模様が、平らなファサード平面にリズミカルな躍動感を与えています。


次に、後方に廻ってみましょう。ロマネスク教会の美しさは、その「後ろ姿」にもあります。教会の中央交差部に聳え立つ角塔を、高さの異なる立方体の構造物が階段状に取り囲み、最後方に置かれた後陣(アプス)の半円柱の構造物によって直線を曲線で締めくくり、二次元においても三次元においても幾何学美が追及されています。こうして、教会全体をピラミッドフォルムの立体構造に仕上げることによって、安定感と重量感のある造りが実現されるのです。


内部は、山寺へ続く杉並木の参道を歩いているような、太い円柱が連なる身廊が内陣へと導いてくれます。後陣(アプス)の半球面の天井(1855年に完成したフランドラン(H.Flandrin)作)や中央交差部の丸天井には金を主調とした見事なモザイク画が施され、身廊にそびえる半円形の天井やアーチ部には幾何学模様のフレスコ画が施されています。内陣に吊るされた巨大なシャンデリアと「ネオロマネスク」のモザイク画が異国情緒を漂わせ、神秘的な内部空間を作り上げています。


ロマネスク教会といえば、個性豊かな柱頭彫刻です。そのモチーフは、聖書のエピソードであったり空想の動物(怪物)や人物であったりさまざまですが、柱頭の限られたスペースに彫刻家の職人芸がうかがえます。サン・マルタン・デネ教会に現存する柱頭彫刻は数少ないですが、内陣の南北を飾る柱に「アベルを殺すカイン」や「アダムとイヴ」をモチーフにした彫刻が残されており、登場人物のプリミティブでありながらも豊かな感情表現が目を楽しませてくれます。


SAINT_MARTIN-AINAY_15.jpg


【データ】
サン・マルタン・デネ教会(BASILIQUE SAINT-MARTIN D’AINAY)
住所:11 rue Bourgelat 69002 Lyon France
電話番号:+33 4 72 40 02 50
開館時間:月曜日~金曜日:09時~11時30分、14時30分~18時30分、土曜日:09時30分~11時45分、日曜日:09時~12時30分

最寄り駅:地下鉄A線 アンペール・ヴィクトル・ユーゴ(Ampère Victor Hugo)


2020年2月 2日
2020年1月20日
2020年1月13日
2020年1月 7日
2020年1月 2日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集