海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/リヨン特派員ブログ

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

【フランス リヨン便り n°62】


こんにちは、マダムユキです。フランスのリヨンからお届けしています。


1934年、フランスの美食評論家で「食通の王」として知られるキュルノンスキーさんが「リヨンは美食(ガストロノミー)の都である」と讃えてから、世界中の美食家たちがリヨンの食文化に注目するようになりました。こうして、リヨンは「美食の都」として世界に名を広め、高級フランス料理から伝統料理まで、地産地消にこだわったクオリティの高い料理を堪能できる町として人気を集めています。


そんなリヨンで、2年に一度、食への愛着を結集させたビッグイベントが開催されます。「シラ」の名で知られる世界最大級の「国際外食産業見本市」です。


当初のスケジュールでは、2021年1月末に開催が予定されていましたが、新型コロナウイルス変異株による感染リバウンドが懸念され、5月末に延期となりました。3月に入ってまもなく、5月末時点でも大型イベントを開催できるまで感染状況が改善されるのは難しいだろうという見込みから、9月末に再延期されました。


シラの主催者はオンラインでのイベントではなく、PCR検査陰性あるいはワクチン接種済みという条件が付されたとしても、対面で商談ができる、マスクを外して世界の食材を試食できるという可能な限りベストコンディションで、リアルなイベントを開催することを望みました。


それが実現したのです。


シラ外食産業見本市に行ってきました


秋晴れで迎えた初日。待ちに待ったシラを訪問しました。


▼リヨン郊外にある「EUREXPO LYON」展示会場
SIRHA_LYON_2021_01.jpg

「EUREXPO LYON」展示会場までは、公共交通機関(シャトルバスやトラム)が整備されています。リヨン国際空港からも、パリやマルセイユを結ぶTGV(高速列車)駅のパール・デュー駅やペラッシュ駅からも所要時間は40分ほどです。
自家用車で来場することも可能です。広大な駐車場が用意されていますが、会場周辺の道路が混み合うため、余裕をもってでかけたほうがよいです。


▼中央に掲げられた日本の国旗
SIRHA_LYON_2021_24.jpg


シラ会期中、パン、パティスリー、料理など、いろいろな分野のコンクールが行われます。
今回も、地域予選を勝ち抜いた日本代表チームがパティスリーと料理のコンクールに参加します。日本は常連国なんですよ。だからでしょうか、中央に日本の国旗が掲げられていました。


▼衛生パスの提示を求める看板
SIRHA_LYON_2021_22.jpg


▼ビジネス関係者限定と表示された看板
SIRHA_LYON_2021_23.jpg


これまでと違うのは会場前に並べられたテント群です。
入場前に、衛生パス(※)を提示し、次に手荷物検査を受けて、最後に、入場バッジを提示して、会場内に入ることができます。
衛生パスも入場バッジもQRコードを読み取るだけで、とてもスムーズです。


▼展示会場マップ
SIRHA_LYON_2021_26.jpg


展示会場マップをご覧ください。14万平方メートルの展示面積すべてを占有するという、世界的にも大規模なイベントです。出展社はホテル、レストラン、ケータリング、店舗用設備・機器、ディスプレイ、食品・飲料、食品加工、家庭用品、食卓用品、陶磁器、調理器具など幅広く、食のイベントを超えた「食の祭典」と称される所以です。


前回の2019年には3770社が出展、22万5000人以上の業界のプロフェッショナルが集まりました。
今回の2021年はヨーロッパ圏外からの出展社、来場者が少なかったものの、コロナ禍でありながら、2116社が出展、来場者数は14万9000人以上を記録しています。


パン&パティスリー展示ホールは楽園だ~


パンデミックが宣言された2020年3月以来、久しぶりに大規模な見本市です。
1日ですべてを見て回ることはできないほど広いので、初日は、パン&パティスリーの展示ホールを訪問することにしました。


パンは、日本人のごはんに相当し、欧米人の主食なのですが、料理にスポットライトがあたりがちで、どちらかといえば脇役です。
脇役なのですが、パンがおいしくないと、せっかくの料理も物足りなく感じます。だから、おいしいパンをサービスするレストランは常連客が定着するように、脇役にみえても重要なアイテムです。
それを裏付けるかのように、パン部門は見本市のなかでも広範なスペースを占有し、例年、出展社数も来場者数も高い数字を記録しています。


▼1872年創業の小麦製粉会社Moulins Joseph Nicot
SIRHA_LYON_2021_29.jpg


パン(特にハード系)の基本材料は、小麦粉やライ麦粉といった穀物粉に水、酵母、塩など、きわめてシンプルです。おいしいパンづくりには、まず小麦粉のクオリティが大切です。会場内で大きな場所を占めていたのが製粉会社のブースです。小麦粉へのこだわりが伝わってきました。写真のように大きな製粉会社はパン製造も営み、自社製小麦粉を売りものにしています。


▼パン調理機器リーダー企業Bongard
SIRHA_LYON_2021_37.jpg


パンやお菓子の製造に必要なプロ向け調理機器類のブースも訪問者でにぎわっていました。


▼冷凍パンのリーダー企業Europastry
SIRHA_LYON_2021_32.jpg


パン作りのノウハウがなくても、冷凍パンをオーブンにいれるだけでおいしいパンが焼きあがるという、うれしい時代です。冷凍技術、焼き上がりの品質や味が追求され、冷凍食品は日進月歩しています。写真はeuropastry社のブースで、世界80ヵ国に販売網をもち、パン文化を広めている冷凍パンのリーダー企業です。


▼業務用・小売用チョコレートメーカーValrhona
SIRHA_LYON_2021_40.jpg


リヨンから車で1時間ほど南下したところ、北ローヌワインのメッカでもあるタン・レルミタージュという町に1922年に創業したチョコレートメーカーValrhonaのブースは、商談するビジネスマンで埋まっていました。伝統製法でつくられるValrhonaの製菓用チョコレートは世界のトップパティシエやショコラティに愛用されています。また、Valrhonaはチョコレート技術専門学校を設立し、ショコラティエの養成にも力を注いでいます。
写真では伝わらないのですが、Valrhonaはシラのメインスポンサーだけあって、広い展示スペースを確保していました。


▼高級チョコレートメゾンWeiss
SIRHA_LYON_2021_41.jpg


リヨンの隣町サン・テティエンヌで1882年に創業した老舗チョコレートメゾンWeissのブースも商談のひとだかりでした。
Weissといえば、カカオ豆の選別、焙煎、粉砕、精製、精錬、包装までのすべての工程を自社で行う「ビーントゥバー(Bean to Bar)」チョコレートで人気を博していいます。


▼パン屋さんのショーウインドーに魅せられて
SIRHA_LYON_2021_31.jpg


フランスでは、野菜・果物はマルシェで、保存食品や日用品はスーパーで、パンはご近所のパン屋さんで、という人が多いです。写真は典型的なパン屋さんの内観で、どのパン屋さんも似たような陳列なのですが、どのパン屋さんもパンがおいしく見えるから不思議です。


▼ハード系のパンが勢ぞろい
A_SIRHA_LYON_2021_30.jpg


ハード系のパンは、クラストと呼ばれる外皮が堅く、パリッとした食感のパンです。バケットが代表例で、噛みしめるほど味わい深いパンです。料理やチーズ、シャルキュトリー(ハム、サラミなどの肉加工品)と一緒に食するのに最適ですね。


▼チョコチップ入りやチョココーティングされたクロワッサン
SIRHA_LYON_2021_34.jpg


バターをパン生地に練り込んで焼き上げたクロワッサンは、外がサクサク、中がふんわりした食感で、ほんのりした甘みが口に広がる、代表的なソフト系のパンです。ハード系のバゲットとならび、フランスで最も消費されるパンのひとつ。ところで、20年以上フランスに住んでいますが、写真のチョコレートフレーバーのクロワッサンをはじめて見ました(ただ、カロリーが気になるな~)。


▼ソフト系の定番カップケーキ
SIRHA_LYON_2021_35.jpg

3時のティータイムにぴったりですね。


▼ドーナツのウォールアート
SIRHA_LYON_2021_36.jpg


ドーナツも展示しだいではアートになります! ドーナツ屋さんのブースでした。


▼とってもキュートな展示
SIRHA_LYON_2021_38.jpg


スイーツ系のブースは総体的に展示が凝っていましたよ。


▼ドルネ兄弟にバッタリ
SIRHA_LYON_2021_42.jpg


ホール内を一周したところで、パン職人のコンクールが始まる時間になりました。
「コンクールの取材に行かなければ......」と、小走りしていたところにすれ違った男性ふたり組。
「あっ、ドルネ兄弟だ!」
前回のブログの「リヨンストリートフードフェスティバル https://tokuhain.arukikata.co.jp/lyon/2021/09/post_352.html 」でも紹介していますが、今度はシラで再会するなんて......、「私たちご縁がありますね」。図々しくも、また写真をお願いしたら、ご覧のように笑顔で写真ポーズ。ご自身のスイーツ店「Dorner Frères https://www.dorner-freres.fr/ 」でも、お菓子を焼いたり、接客したり、電話注文を受け付けたりと、いつも忙しいおふたりですが、いつも笑顔なんです!


このように、会場内は熱気と甘い香りと、シラが開催されたという嬉しさに包まれていて、パンは欧米人の主食であり、パティスリーも日常の食生活に欠かせないアイテムであることを肌で感じました。


次回はパン職人のコンクールの様子をご紹介します。お楽しみに!


▶シラ外食産業見本市(SIRHA LYON)
・会期: 2021年9月23日~9月27日
・会場: EUREXPO LYON
・公式サイト: https://www.sirha.com/en


マダムユキより


※「衛生パス(Pass Sanitaire)」とは、ワクチン完全接種済みの証明書あるいは72時間以内に取得したRT-PCR検査または抗原検査に基づく陰性証明書あるいは過去11日前から6ヵ月以内に感染回復したことを示す証明書をもって交付されるQRコードのことです。
 
 


2021年9月30日

【フランス リヨン便り n°61】


こんにちは、マダムユキです。フランスのリヨンからお届けしています。
フランスでは衛生パス(※)の導入により、コロナ前の日常を取り戻しつつあります。


それを証明するかのように、2021年9月16日から4日間にわたって、リヨンストリートフードフェスティバルが開催されました。本当に久しぶりの食のイベントです。わくわく、るんるん、少し興奮気味で参加してきましたよ!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_01.jpg

リヨン ストリートフード フェスティバル 2021


会場となったのは大手電機メーカー、ファゴール・ブラントの工場跡地です。総面積11万平方メートルの広大な敷地にピーク時には1800人もの労働者が働いていましたが、ファゴール・ブラントが製造拠点を移転させたことから、2015年に工場が閉鎖されました。現在、その跡地のおよそ3万平方メートルの敷地がイベント会場として利用されています。


旧工場はリヨン第7区にあり、地下鉄B線「Debourg」駅で下車して徒歩7分ほどです。



会場に近づくと、入場待ちの行列が見えました。時刻を見たら18時30分。18時のオープン時間に合わせて、もっと早く来ればよかったと少し後悔……。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_02.jpg


後悔もつかの間、思ったほどは待たずに会場に入れました。まだ、そんなに混んでいなかったです。よかった~。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_03.jpg


イベントへの参加には衛生パス(※)の提示が義務づけられています。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_04.jpg


入場チケットは事前にインターネットで購入しなければなりません。会場で入場チケットは販売されないので、知らずに来た人は、泣く泣く引き返していました。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_05.jpg


衛生パスと入場チケットのチェックを無事に終えて、旧ファゴール・ブラント工場の正面を写真撮影です。変わった趣味だと思われるかもしれませんが、インダストリアルな雰囲気がだ~い好きなんです!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_07.jpg


来場者に木製ターナーが配られていました。数に限りがあるので早い者勝ちだそうですよ。メルシー!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_08.jpg


会場内は鉄筋構造で、ご覧のとおり天井がとても高く開放感があります。いい感じだ~。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_09.jpg


まずは、プリペイドカードを購入します。現金あるいは銀行カードでの支払いはできません。キャッシュレスにすることで、ヒト・モノの接触が制限できます。注文・精算がスムーズに行われます。レジ前の行列を解消できるかも! グッドアイディアですね。
会期中にプリペイドしたお金を使い切らなくても大丈夫。イベント終了後に、リヨンストリートフードフェスティバルの公式サイトから返金手続きを行うことができます。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_11.jpg


メイン会場に進むと、ブリュッセルの大きな看板が目につきました。
今年で5回目を迎えるリヨンストリートフードフェスティバルですが、今年はアフリカ、ブリュッセル、ヴァレ・ド・ラ・ガストロノミー・フランスⓇ、アジアストリートマーケットがテーマです。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_12.jpg


イベント偵察する前に、まずはベルギービールを飲みながら、会場マップで出店チェック。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_13.jpg

屋外スタンド&キッチンカー


9月中旬ともなれば、日が暮れるのが早いので、まずは屋外のスタンドの様子を見よう、ということで、会場の外に出てみると……。
わ~、個性的なキッチンカーがたくさん集まっていました。昔の屋台のイメージとは違って、おしゃれにデザインされていますね~。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_18.jpg


屋外スタンドで人気を集めていたのが網焼き・鉄板焼きのバーベキューコーナーです。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_22.jpg


オーヴェルニュ地方の特産チーズ、フルム・ダンベールのスタンドを見つけました。
フルム・ダンベールは「高貴なブルーチーズ」と呼ばれ、しっとりまろやかで、すっごくおいしいチーズなんです。
あっ、試食ができる! メルシー!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_21.jpg


フレッシュジュースのスタンドに人だかり!
自転車をこいで自力発電し、ジュースのミキサーを起動させてジュースを作ります。エコロジーな発想ですね~。汗をかいて、カロリーを消費してから、おいしいジュースをいただきましょう。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_23.jpg

アフリカパビリオン


メイン会場とは別棟の建物から軽快なリズムの音楽が聞こえてきました。
なんだろうと入ってみると、舞台を向いてエアロビクスダンスを楽しんでいる光景が現れました。
舞台ではとっても陽気なインストラクターが「ダンシング」と声をかけていました。
ここはアフリカパビリオン!
アフリカはフランスと地理的に近いこともあって、アフリカの音楽もダンスも料理も、身近な存在です。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_28.jpg

アジアンフードマーケット


メイン会場に戻ってきました。
赤い提灯のスタンドといえば、アジアンコーナーです。
香港、タイ、カンボジアなどなど、アジアはストリートフードのメッカ。
行列ができていたのは、肉まん、野菜まんのスタンドでした。
米麺のデモストレーションも見られます。できあがりはなんだろう……、パッタイ(タイ風やきそば)です!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_34.jpg

アトリエコーナー


ストリートフードのスタンドだけでなく、いろいろなアトリエが行われます。
ワイン教室はあいかわらずの人気ですね。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_37.jpg

スイーツパビリオン


スイーツコーナーもありました。
あっ、パティスリー「ドルネ・フレール(Dorner Frères)」のスタンドを見つけました(マダムユキは常連客です)。兄弟そろってパティシエで、おふたりともハンサムなんです。さわやかな笑顔をご覧ください。
メルシー!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_39.jpg


日本でも大人気のセバスティアン・ブイエ氏のスタンドもありますよ~。
卓越した才能のみならず、人材育成に力を入れ、人間味の豊かなブイエ氏が日本の皆様にカメラポーズ。
メルシー!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_41.jpg

盛り上がるメイン会場


再び、メイン会場に戻ってきたら、人が増え始めていました。時間をみたら19時30分。
フランス人のアペリティフタイムが始まります。
ビールバーの前に行列が!
席も埋まりつつあるぞ!
DJの音楽のテンションが高まっていく~!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_49.jpg

ヴァレ・ド・ラ・ガストロノミー・フランスⓇ


そろそろお腹がすいてきました。
あ~、何にしようか。
腹ごしらえでもしようということで、ヴァレ・ド・ラ・ガストロノミー・フランスⓇ(Vallée de la Gastronomie - FranceⓇ)のコーナーをのぞいてみました。


ヴァレ・ド・ラ・ガストロノミー・フランスⓇというのは、2016年に立ち上げられたグルメとトゥーリズムのシナジープロジェクトで、直訳すれば「美食の渓谷」という意味です。ソーヌ川渓谷沿いのブルゴーニュ地方ディジョンから、ローヌ渓谷のリヨンを通り抜け、プロヴァンス地方マルセイユまでを結ぶ600kmのルートに点在するテロワールと食文化・食体験に焦点をあてた全く新しいコンセプトで、2021年の春にリリースされました。


ヴァレ・ド・ラ・ガストロノミー・フランスⓇのラベルを取得したレストランがスタンドを出していたので、
「やはり、最後は地元シェフたちのスタンドで締めくくろう」ということで近づいてみると、メゾン・ポール・ボキューズが運営する料理専門学校アンスティテュ・ポール・ボキューズ、人気上昇中のシェフ、ポール・ラングレール、その間にあるのは、親愛なるジョセフ・ヴィオラ氏のスタンドではないか!


ヴィオラ氏はMOF(フランス最優秀職人章)を持するリヨンのスターシェフなのですが、とっても気さくな方です。ヴィオラ氏が経営する「ダニエル・エ・ドゥニーズ(Daniel & Denise)」は、リヨン伝統料理が楽しめるブションで、ブログでも紹介させていただきました(マダムユキは常連客なんです)!
ヴィオラ氏が実演販売するのストリートフードは、なんと特製濃厚ソースがたっぷりかかったハンバーガーです。
こちらの映像をご覧ください。



心よりメルシー・ボークー!


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_46.jpg


食後はテーブルに物は残さず、お帰りの際に、分別してごみを捨てましょう。


LYON_STREET_FOOD_FESTIVAL_2021_50.jpg


マダムユキより


※「衛生パス(Pass Sanitaire)」とは、ワクチン完全接種済みの証明書あるいは72時間以内に取得したRT-PCR検査または抗原検査に基づく陰性証明書あるいは過去11日前から6ヵ月以内に感染回復したことを示す証明書をもって交付されるQRコードのことです。


2021年9月21日

【フランス リヨン便り n°60】


こんにちは、マダムユキです。フランスのリヨンからお届けしています。


リヨン市の西側にそびえるフルヴィエールの丘、そのふもとに歴史地区として世界遺産に登録された旧市街が広がっています。
リヨンで最も観光客でにぎわう地区、地元リヨネ(リヨンの住民)も週末に散歩を楽しむほど人気の観光スポットです。


▼観光客でにぎわうサンジャン通り
SAINT_JEAN_27.jpg


透き通る青い空が広がり、最高気温23度と夏の終わりを感じる週末。
散歩日和で久しぶりに旧市街に足を延ばし、中世からルネサンス建築の古い建物が残された風情ある町並みを楽しみながら、石畳の小路を観光客の合間をぬって歩いていると、リヨンの歴史博物館とマリオネット博物館を併設したガダーニュ博物館の前にひとだかりが見えました。


近づいてみると、ラッパの音を合図に、大時計のなかで人形が動き始め、鐘を鳴らして時刻を告げているところでした。
「おおう~」と人々の歓声がこだまし、人形の動きがとまると同時に、人々は拍手喝さいで大時計を讃えました。
そして、大時計の脇から関係者らしき男性が登場。
大時計を覆うガラスを開け、時計の中を観衆に披露してから、からくり時計の仕組みを説明し始めました。


▼大時計を見守る時計職人
HORLOGE_LYON_08.jpg
▼メカニズムを確認する時計職人
HORLOGE_LYON_01.jpg
▼からくり時計の仕組みを説明する時計職人
HORLOGE_LYON_17.jpg


からくり時計の歴史


「ギニョールの大時計」と呼ばれ、いまやリヨン旧市街の人気オブジョとなったこの巨大な時計は、1864年にリヨンの時計職人であったルイ・シャルヴェ(Louis CHARVET)が製作し、リヨン第2区のプライユリー通り8番地の彼の時計店メゾン・シャルヴェの前に置かれていたものです。


1987年、リヨンの老舗宝飾店メゾン・オジ(Maion AUGIS)がシャルヴェ時計店を買収し、大時計のオーナーとなったのですが、その後、時計部門を別の会社に譲渡し、シャルヴェの大時計も手放しました。


2005年、シャルヴェの大時計が競売にかけられることになりました。リヨン市は、リヨンの時計職人によってからくり時計の技術を駆使して製造され、通りゆく人々の目を楽しませ、時刻を知らせていた大時計の歴史的遺産の価値を鑑みて、競売への出品を中止させるよう命令を下したのです。それから、大時計をめぐって、リヨン市と所有者との間で係争が続き、2012年にようやくリヨン市が大時計を買い取ることで決着しました。
こうして、大時計は売られることなくリヨンに残り、リヨン市は機能が劣化していた大時計の修復作業に着手します。
2020年に大時計のお披露目が予定されていましたがコロナ禍で延期となりました。
そして、2021年1月20日、待望の日を迎え、リヨンの歴史遺産として、旧市街のガダーニュ博物館前に設置されました。


▼ガダーニュ博物館前に設置されたシャルヴェの大時計
HORLOGE_LYON_18.jpg


最高技術を駆使したからくり時計


からくり時計はオートマタあるいはジャックマールと呼ばれる機械人形(あるいは自動人形)の複雑な動きを制御する機構と時計の機能が融合したものです。


シャルヴェの大時計は、高さ7m、幅2.2m、重さ100kgの、正真正銘の大時計で、金箔を施した銅製の鐘が5つ、そのうち4つは、リヨンの伝統人形劇の主人公ギニョールと相方のニャフロン、そして、イタリアの即興演劇コンメディア・デッラルテのキャラクターであるアルレッキーノとプルチネッラをモチーフにした4体の人形が、15分ごとにその鐘を鳴らして時刻を告げます。そして、1時間ごとに、兵士に扮する人形が大時計最上部の円盤下のとびらから姿を現し、トランペットを吹いて時間を告げます。


▼時計に刻まれたメゾン・シャルヴェ・リヨン・1852年(創業)
HORLOGE_LYON_11.jpg
▼ギニョールとコンメディア・デッラルテの競演
HORLOGE_LYON_13.jpg
▼オートマタの美しい機構
HORLOGE_LYON_03.jpg
▼メカニズムとアートの競演
HORLOGE_LYON_05.jpg


リヨンの時計職人ルイ・シャルヴェが人形の複雑な動きを制御する機能を製作したのは156年も前のこと。その修復作業を担当したのが、リヨン旧市街で時計店を営む、通称「サン・ポールの時計職人」フィリップ・キャリーさんです。


(余談)そういえば、ベルトラン・タヴェルニ監督、フィリップ・ノワレ主演でリヨンを舞台にした『サン・ポールの時計職人』(1973年)という映画がありましたね。


ギニョール大時計の復活


ギニョールのからくり時計は、リヨンの時計職人の手によって生まれ、リヨンの時計職人の手によって生まれ変わりました。


人形劇ギニョールはイタリアの指人形からインスパイアされ、リヨン出身のローラン・ムルゲによってつくられた指人形劇で、主人公のギニョールは当時のリヨンの主たる産業だった絹織物の職工、その相方は酔っ払いのニャフロン。ユーモアにあふれて社会を風刺し、過酷な労働条件下で働いていた当時の織物職人たちに心の安らぎを与えた人形劇はリヨンを代表する無形文化財です。


大時計の復活は、リヨンの伝統人形劇への愛着、からくり時計を製造したリヨンの時計メーカー、メゾン・シャルヴェへのオマージュとなりました。
このようなもろもろの思いが競売にかけられそうになった大時計に託されており、修復を担当したキャリーさんは「からくり時計の仕組みをより多くの人に伝えたい」という思いで、観光客でにぎわう週末、時間が許す限り、大時計が時刻を告げる瞬間を観光客やリヨンの住民と共有しています。


ガラス越しから大時計の写真を撮っていると、キャリーさんがやってきて、「ガラスに反映してうまく撮れないでしょう」といって、ガラスの覆いを開けて、中を見せてくれました。


「空気に触れてメカニズムが痛むとまずいですから、急ぎますね」と言って慌ててシャッターを切る私に、「そんなに急がなくてもい大丈夫ですよ。時計は生きています。こうして観られていることがうれしくて、元気に機能するんです」


キャリーさんに「大時計と一緒にあなたの写真を撮らせてください」とお願いしてみたら、笑顔で大時計の前でポーズをとってくださいました。


「頻繁にお手入れされていらっしゃるのですか」という質問に、「人間と一緒です。時計が自分でできることと、手を差し伸べてあげなければならないことがあります」といって、温かいまなざしを時計に向けました。その目がとても印象的でした。


マダムユキより


▼大時計の前でポーズをとる「サン・ポールの時計職人」キャリーさん
A_HORLOGE_LYON.jpg
▼キャリーさんの時計店「L’HORLOGER DE SAINT-PAUL(サン・ポールの時計職人)」
HORLOGE_LYON_16.jpg


▶シャルヴェ大時計(Horloge Charvet)
・通称: ギニョールの大時計(Horloge aux Guignols)
・所在地: 1 place du Petit Collège 69005 Lyon France



▶キャリーさんの時計店(Horloger de Saint Paul)
・所在地: 20 rue Juiverie 69005 Lyon France
・電話: +33 4 78 28 89 29
・営業時間: 10:00~13:00、14:00~19:00
・定休日: 日曜日
※営業時間はご訪問前にご確認ください





2021年9月 1日
2021年8月19日
2021年7月20日
2021年7月15日
2021年6月28日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集