海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > フランス リヨンで、待望の「国際ガストロノミー館」...

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年12月20日

フランス リヨンで、待望の「国際ガストロノミー館」がオープン!


フランス リヨンで、待望の「国際ガストロノミー館」がオープン!

HOTEL_DIEU_LYON_1.jpg HOTEL_DIEU_LYON_2.jpg CITE_GASTRONOMIE_2.jpg CITE_GASTRONOMIE_10.jpg

【フランス リヨン便り n°3】
2019年11月19日午前10時、フランスで初めてのガストロノミーをテーマとした博物館がリヨンにオープンした。


2010年にフランス料理が「食の伝統」としてユネスコ無形文化遺産に登録され、一国の料理が無形文化遺産に登録されるという画期的な決定にフランス国民が歓喜の声をあげたのは記憶に新しい。あれから9年、「食の都」として世界に名を馳せるリヨンで、フランス初の「国際ガストロノミー館(CITE INTERNATIONALE DE LA GASTRONOMIE)」が門戸を開く。


思い起こせば1934年、美食評論家として謳われたキュルノンスキー(Curnonsky)が「リヨンは食文化の都」であるとリヨンの食文化を讃えてから、リヨンは地産地消の伝統料理を今日まで継承している。
リヨンのガストロノミーの生みの親は、「リヨンの母(Mères Lyonnaises)」と呼ばれる女性料理人。19世紀、貴族家族の専属料理人を務め、家庭料理を広く一般にもてなしたいと願った彼女たちは、19世紀に自らの店を構える。その代表が、19世紀末に「フィリウー母さん(Mère Fillioux)」呼ばれたフランソワーズ・ファイヨル(François Fayolle)のレストラン「ラ・ベル・エポック(La Belle Epoque)」、あるいは、1921年創業、かのポール・ボキューズ(Paul Bocuse)が修業したウジェニー・ブラジエのレストラン「ラ・メール・ブラジエ(La Mère Brasier)」であろう。「ラ・メール・ブラジエ」は現在、マチュー・ヴィアネ(Mathieu Viannay)氏がオーナーシェフを務める2つ星レストラン、別の機会に紹介したい。彼女たちは、シンプルでありながらお腹いっぱいに味わえる家庭料理を振る舞い、今やリヨンのアイコンともなる大衆ビストロ「ブション・リヨネ」の原型を作った。料理の世界は「男性社会」というイメージを覆す革新的な活躍ぶりが伺える。


あれから100年余り、美食とは決して高級料理だけを意味するのではなく、「素材の味を大切」にした地方料理の中にあり、新設「ガストロノミー館」を通じて、リヨンがいかにガストロノミーを愛し、「伝統の継承と次世代への発展」を求め続けているかが伝わってくる。


「国際ガストロノミー館」は、かつて病院としてリヨンの主要な建物であった「オテル・デュー(Hôtel Dieu)」の一部に置かれている。開業した12世紀の時代から、オテル・デューは貧しい人々や旅人たちを受け入れ、食を与え、体を休める場所を提供してきたという。オテル・デューは、2010年に病院としての役割に幕を閉じ、新古典主義を代表する建築家、パリのパンテオンを設計したことで知られるジャック・ジャルマン・スフロ(Jacques-Germain Soufflot)によって改修された18世紀の建物が、4年の歳月をかけ、ショッピングモール、カフェやレストラン、ホテル(5つ星インターコンチネンタル)、オフィス、コンベンションセンターなどを備えた複合施設「グラン・オテル・デュー(Grand Hôtel Dieu)」として生まれ変わった。「国際ガストロノミー館」は、この一環のプロジェクトに組み込まれ、人の健康を守り続けた「オテル・デュー」と、人の健康と密接な関係にある食との因果関係が実に興味深い。


CITE_GASTRONOMIE_3.jpg CITE_GASTRONOMIE_13.jpg CITE_GASTRONOMIE_4.jpg CITE_GASTRONOMIE_5.jpg CITE_GASTRONOMIE_9.jpg CITE_GASTRONOMIE_7.jpg

【データ】
国際ガストロノミー館(CITE INTERNATIONALE DE LA GASTRONOMIE)
場所:4 Grand Cloître du Grand Hôtel Dieu 69002 Lyon France
サイト:https://citegastronomielyon.fr/en
開館日:毎日 10時~19時
休館日:12月25日、1月1日、5月1日
入場料:一般12ユーロ、学生(5~16歳)8ユーロ
総面積:3930m²
地階(日本の1階):チケット売り場、ブティック
1階(日本の2階):巨大なスプーンが吊り下がるドーム、オテル・デューが病院だった時代の薬局やアーカイブ室、リヨン料理の系譜、リヨン人の食卓やリビング
2階(日本の3階):子供の食育の場(子供サイズのミニキッチン)
3階(日本の4階):試食コーナー、食をモチーフとしたアートギャラリー


最寄り駅:地下鉄A線、D線 ベルクール広場(PLACE BELLECOUR)
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年12月20日
« 前の記事「フランス リヨンの伝統行事「光の祭典」、今年も凄かった!」へ
»次の記事「フランス リヨンから「メリークリスマス!」」 へ
リヨン特派員 新着記事
ボージョレ・ヌーヴォー2021の解禁をブションで祝った
「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パン職人たちの熱き戦い
美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)
リヨンでストリートフードのお祭り、食欲の秋がやってきた!
リヨン旧市街に人気オブジェが誕生!「ギニョールの大時計」の前にひとだかり
【夏の想い出】スローな旅をするなら、レマン湖の真珠と讃えられるイヴォワール村がおすすめ
【ぶらりお店探訪】中世の面影が残る小さな村のレストランでランチを楽しむ
【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集