海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > フランスのリヨンで、夏は「ブラッスリー・ジョルジュ...

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月29日

フランスのリヨンで、夏は「ブラッスリー・ジョルジュ」の地ビールを味わう


フランスのリヨンで、夏は「ブラッスリー・ジョルジュ」の地ビールを味わう

【フランス リヨン便り n°28】


BRASSERIE_GEORGES_04.jpg


北半球に夏がやってきました。
フランスのリヨンも連日30度を超える夏日和です。夏といえばやはりビール!
ワイン王国フランスでも、ビールはカフェやバーあるいは家庭で「アペリティフ(食前酒)」として愛飲されていますが、昨今、クラフトビールや世界各地の地ビールを提供する専門店「ビールバー」が若者層を中心に大人気です。コロナ禍で客足は以前に比べて大幅に減ってしまったものの、夏を迎えてテラスは相変わらず満席です。特に夕方の17時から20時にかけて「ハッピーアワー」と称し、通常価格の半額でアルコール飲料を提供するお店が増え、若者のビール人気に拍車をかけています。


フランス産ビールで有名なのは、クローネンブルグ社(「Kronenbourg」はフランス語ではクロナンブ―ル、英語ではクロネンバーグと発音されます)の「1664」で、フランス語で「セーズ・ソワソント・キャトル」と読み、通称「ラ・セーズ」と呼ばれています。クローネンブルグ社はフランス東部アルザス地方の首府ストラスブールに1664年に設立されたブラッスリー(Brasserie)です。
現在、ブラッスリーはビアホールのようにアルコール飲料と食事を提供する飲食店をさしますが、ブラッスリーという語は本来「ビール製造所」を意味します。1870年の普仏戦争(フランス帝国とプロイセン王国の間で起こった戦争)でアルザス・ロレーヌ地方からパリに移住したブラッサー(ビール醸造者)が「ブラッスリー」と称して、ビールとアルザスソーセージやザワークラウトを提供したのが始まりで、今ではパリの庶民的な飲食店の代名詞になっています。


「ブラッスリー」はパリのみならずフランス各地に展開し、リヨンでは1836年創業の老舗「ブラッスリー・ジョルジュ(Brasserie Georges)」が有名です。
ブラッスリー・ジョルジュは、アルザス地方出身のビール製造を家業とするジョルジュ・オファ(Georges HOFFHERR)によって1836年にリヨンのプレスキル(ソーヌ川とローヌ川にはさまれた中州)の南、ぺラッシュ地区に創設されました。ブラッスリーの建物は、600平方メートルの天井をたった4本のモミの梁で支えるという驚くべき建築技術が採用されています。


正面ファサードは創業以来変わることなく、三角屋根の上部にみられるメダイヨンにビール愛好家を象徴するビール王「ガンブリヌス(Gambrinus)」が描かれており、「ビールの館へようこそ」と来訪者をいざなっているかのようです。
入口付近に配された4枚の大きなステンドガラスは20世紀初頭に施されたもので、「彫刻」、「幾何学」、「絵画」、「音楽」を表現しています。また、入口扉の上に設置され、メインダイニングを見守る黄金色の「ライオン像」がこの地がリヨンであることを来客に告げています。


600平方メートルのメインダイニングのいたるところに大理石が用いられ、1体あたり重量が25kgというシャンデリアが天井を飾り、華美な装飾は避け、画家ブルノ・ギヨルマン(Bruno GUILLERMIN、1878-1947年)によるアールデコ様式の洗練されたインテリアで巨大空間がまとめられ、窓から差し込む自然光によって広々とした空間にさらなる開放感が与えられています。
厨房側の壁に目を向けると、ブラッスリーの座右の銘「1836年来、おいしいビールにおいしい食事(BONNE BIERE ET BONNE CHERE DUPUIS 1836)」が刻まれており、創業来184年間、ビールと食を通じて、人々に幸福を与えようという思いが伝わってきます。


BRASSERIE_GEORGES_01.jpg BRASSERIE_GEORGES_17.jpg BRASSERIE_GEORGES_02.jpg BRASSERIE_GEORGES_18.jpg BRASSERIE_GEORGES_16.jpg BRASSERIE_GEORGES_05.jpg BRASSERIE_GEORGES_06.jpg BRASSERIE_GEORGES_07.jpg


ブラッスリーといえばアルザス料理のシュークルートが愛食されていますが、今回はリヨン料理のセットメニュを選んでみました。前菜は鶏レバーのテリーヌ、メインはリヨン風ソーセージのマッシュポテト添え、デザートはヴァローナのチョコレートケーキでした。ビールのみでも十分相性のよい内容ですが、シャルドネ種のマコネーの白ワインを注文しました。パンは紙袋に納められ、衛生面の配慮がうかがわれます。


BRASSERIE_GEORGES_08.jpg BRASSERIE_GEORGES_09.jpg BRASSERIE_GEORGES_12.jpg BRASSERIE_GEORGES_14.jpg BRASSERIE_GEORGES_15.jpg


老舗のブラッスリーだけあって、多くの著名人が訪れています。その一例を挙げてみました。
キュルノンスキー(CURNONSKY、1872-1956年):美食評論家。「リヨンは食文化の首都」と讃えた言葉が有名です。
アルフォンス・ドーデ(Alphonse DAUDET、1840-1897年):小説家。代表作は『アルルの女』『風車小屋だより』『最後の授業』
アナトール・フランス(Anatole FRANCE、1844-1924年):ノーベル文学賞を受賞した詩人・小説家・批評家。代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』『エピクロスの園』『神々は渇く』
トニー・ガルニエ(Tony GARNIER、1869-1948年):リヨン出身の都市計画家・建築家
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest HEMINGWAY、1815-1891年):アメリカ合衆国出身の小説家・詩人・ジャーナリスト。代表作は『日はまた昇る』『武器よさらば』『老人と海』『誰がために鐘は鳴る』
ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟(Louis et Auguste LUMIERE、1864-1948年、1862-1954年):映画の父
ルイス・マリアーノ(Luis MARIANO、1914-1970年):テノール歌手。代表作は『メキシコ』『恋はスミレの花束』『アンダルシア』
エディ・ピアフ(Edith PIAF、1915-1963年):シャンソン歌手。代表作は『ばら色の人生』『愛の讃歌』『水に流して』
ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(Pierre PUVIS DE CHAVANNE、1824-1898年):リヨン出身の画家。代表作は『貧しき漁夫』『砂漠のマグダラのマリア』
オーギュスト・ロダン(Auguste RODIN、1840-1917年):近代彫刻の父。代表作は『考える人』『接吻』『カレーの市民モニュメント』
ジャン・ポール・サルトル(Jean Paul SARTRE、1905-1980年):哲学者・小説家・劇家。代表作は『言葉』『嘔吐』『存在と無』
アトワーヌ・ド・サン=テクジュペリ(Antoine de SAINT-EXUPERY、1900-1944年):作家・パイロット。代表作は『夜間飛行』『人間の土地』『星の王子さま』
モーリス・ユトリロ(Maurice UTRILLO、1883-1955年):画家。代表作は『ラパン・アジル』『ラヴィニャン街の眺め』
ジュル・ヴェルヌ(Jules VERNE、1828-1905年):SF小説の父。代表作は『八十日間世界一周』『十五少年漂流記』
エミール・ゾラ(Emile ZOLA、1840-1902年):自然主義文学の小説家。代表作は『居酒屋』『ナナ』『ボヌール・デ・ダム百貨店』


海外渡航が可能になり、リヨンを訪問する機会がありましたら、ブラッスリー・ジョルジュの地ビールをお試しくださいね。


【ブラッスリー・ジョルジュ(BRASSERIE GEORGES)】
・住所: 30 Cours de Verdun Perrache - 69002 Lyon France
・電話: +33 4 72 56 54 54
・サイト: https://www.brasseriegeorges.com
・営業時間: 毎日 11:30~22:30
・アクセス: ペラーシュ(Perrache)駅より徒歩3分
・備考: 団体以外の予約は不要
 
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2020年6月29日
« 前の記事「フランスのリヨンで、日曜日は「蚤の市」で掘り出し物を探そう」へ
»次の記事「フランスのリヨンで、フルヴィエールの丘からウイルスの終息を祈る」 へ
リヨン特派員 新着記事
ボージョレ・ヌーヴォー2021の解禁をブションで祝った
「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パン職人たちの熱き戦い
美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)
リヨンでストリートフードのお祭り、食欲の秋がやってきた!
リヨン旧市街に人気オブジェが誕生!「ギニョールの大時計」の前にひとだかり
【夏の想い出】スローな旅をするなら、レマン湖の真珠と讃えられるイヴォワール村がおすすめ
【ぶらりお店探訪】中世の面影が残る小さな村のレストランでランチを楽しむ
【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集