海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > フランス リヨンの、クロワ・ルースの丘でストリート...

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月18日

フランス リヨンの、クロワ・ルースの丘でストリートアートを楽しむ


フランス リヨンの、クロワ・ルースの丘でストリートアートを楽しむ

【フランス リヨン便り n°30】


フランスのリヨンにはふたつの丘があります。ひとつは、リヨンを流れるソーヌ川とローヌ川に挟まれた中州(プレスキル)の北、標高254mのクロワ・ルースの丘(Colline de la Croix-Rousse)、もうひとつは、ソーヌ川右岸にあるフルヴィエールの丘(Colline de Fourvière)です。
フルヴィエールの丘は「祈りの丘」と呼ばれ、頂上に聖マリアに捧げる教会が建ち、一方、クロワ・ルースの丘は「働きの丘」と呼ばれ、リヨン絹織物産業の生産拠点として発展してきた丘です。


フルヴィエールの丘についてはこちらの投稿を参考にしていただければうれしいです。
フランス リヨンで、フルヴィエールの丘からウイルスの終息を祈る


実は、クロワ・ルースの丘はふたつに分かれ、斜面はリヨン第1区に、斜面上方から丘の高台はリヨン第4区に属していますが、それぞれが異なる歴史を歩んできました。というのも、1512年、フランス王ルイ12世がリヨンの町を守るための城壁をクロワ・ルースの丘の斜面に建設してから、城壁内がリヨンの町に属し(現在のリヨン第1区)、城壁の外側は、1852年にリヨンに統合されるまで独立したひとつの町でした。ちょうどルイ12世が城壁を建設した頃、高台にオークル色の十字架(Croix、フランス語読みでクロワ)が建てられ、それが「クロワ・ルース」の名の由来といわれています。


CROIX_ROUSSE_19.jpg


18世紀後半から、リヨンよりも税金が安い城壁の外側のクロワ・ルースの高台にキリスト教関係者や商人たちが移り住むようになりました。そして、クロワ・ルースの町が大きく変わったのは19世紀に入ってからです。フルヴィエールの丘の麓のサン・ジェルジュ地区やプレスキルで働いていたカニュ(Canuts)と呼ばれる絹織物の職人たちがクロワ・ルースの丘に大量に移住してきたのです。1795年におよそ6000人だった住人が1852年には5倍のおよそ3万人まで増えました。フランス革命(1789年)で没収された宗教関係の土地や建物が売却され、絹織物労働者の住居兼仕事場となる建物が次々と建設されました。建物の特徴としては、1日あたりの労働時間をより長く確保するために日当たりのよい場所で、大きな窓を配し、高さ4mもするジャガード織機を収納できるように天井を高くし、織機が固定しやすいように天井にオーク材の梁が使用されていることです。


SOIERIE_02.jpg


19世紀、3万人ものカニュ(絹織物職人)がクロワ・ルースの丘で働き、リヨンの絹織物産業の発展に貢献してきました。クロワ・ルースの歴史で有名なのが「カニュの反乱」です。低賃金で長時間労働を強いられたカニュたちが労働条件改善のために立ち上がり、1831年、1834年、1848年と立て続けに抗議運動をおこしたのです、これがフランス最初の労働者ストライキです。20世紀に入って時代が変わり、合成繊維の普及により絹織物産業は衰退していきますが、カニュの反骨精神は失われることなく、21世紀の現在、絹織物は伝統産業としてその技術の保護と継承が行われています。


「働きの丘」と呼ばれたクロワ・ルースの丘ですが、現在は、若手アーティストやクリエーターがアトリエやブティックを構え、また、おしゃれなカフェやワインバー、ビールバーが点在し、若者たちでにぎわっています。クロワ・ルースの丘を散策しながら目を惹くのがストリートアートです。落書きも目立ちますが、それはご愛敬として、壁や階段に描かれた芸術性の高い作品が小路を飾っています。


CROIX_ROUSSE_12.jpg CROIX_ROUSSE_15.jpg CROIX_ROUSSE_06.jpg CROIX_ROUSSE_08.jpg CROIX_ROUSSE_16.jpg


もちろん、クロワ・ルースの観光スポットとして外せないのが「カニュの壁画(Fresque des Canuts)」です。1987年にシテクレアシオン(Cité Création)というアーティスト集団が手がけた作品で、窓も何もない1200平方メートルの壁にクロワ・ルースの地域の様子が描かれています。1997年に続いて2013年に修復が行われ、時代にあわせて描き直されているのがおもしろいです。


CROIX_ROUSSE_01.jpg


フランスでは、夏のバカンスで人の移動が増加するなか、ウイルス感染の再拡大を防止するために、屋内の公共の場でのマスク着用が義務化されます。2020年07月17日14時時点で97のクラスター(前日比+16)が確認されており、感染予防の努力の徹底が求められています。
リヨンでは日中30度を超える暑さの日もあり、マスクは居心地がよいものではありませんが、「人に感染させない」「人から感染しない」ためにもマスク着用を習慣づけ、ウイルスから身を守りながら、夏をエンジョイしましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年7月18日
« 前の記事「フランスのリヨンで、フルヴィエールの丘からウイルスの終息を祈る」へ
»次の記事「フランスのリヨン生まれのハンバーガー「キング・マルセル」」 へ
リヨン特派員 新着記事
美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)
リヨンでストリートフードのお祭り、食欲の秋がやってきた!
リヨン旧市街に人気オブジェが誕生!「ギニョールの大時計」の前にひとだかり
【夏の想い出】スローな旅をするなら、レマン湖の真珠と讃えられるイヴォワール村がおすすめ
【ぶらりお店探訪】中世の面影が残る小さな村のレストランでランチを楽しむ
【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)
【ぶらりお店探訪】レストラン解禁後のランチはブションでリヨン料理と決めていた
【ぶらりお店探訪】リヨンをモチーフにしたポスターはおみやげにおすすめです!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集