海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【ぶらりお店探訪】レストラン解禁後のランチはブショ...

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月28日

【ぶらりお店探訪】レストラン解禁後のランチはブションでリヨン料理と決めていた


【ぶらりお店探訪】レストラン解禁後のランチはブションでリヨン料理と決めていた

【フランス リヨン便り n°56】


こんにちは、マダムユキです。フランスのリヨンからお届けしています。


フランスでは、2020年11月から飲食店の営業がテイクアウトを除いて禁止されていましたが、2021年5月19日からテラス営業が解禁され、6月9日から店内での飲食も可能となりました。そんな折、日本語教師で仕事バリバリ派のマダムレイから「長らくのご無沙汰だけど、そろそろ女子ランチでもしない?」とお誘いのメールが飛び込んできて、喜び勇んで「大歓迎」と即答すると、「それでは、レストラン選びはお任せするわね」ということで、久しぶりにランチをオーガナイズすることになりました(わくわく~)。


「さて、どこにしようか」と自問自答を自演しましたが、実は、レストランが解禁したらまずは「ブション・リヨネ(Bouchon Lyonnais)」で郷土料理を楽しもうと決めていたのです。リヨン料理への愛着と忠誠心からくるものです!(と大げさに自己陶酔していますが、単に食べたかっただけなのですよ~)。問題は、どのブションにしようか......なのです。


ブションとは、パリでいうところの「ビストロ(Bistrot)」、日本でいうところの「大衆食堂」に匹敵する料理店で、庶民的な食事処になります。すでに当ブログで何軒か紹介しましたが、リヨンでは20世紀に入って、「リヨンの母たち(Mères Lyonnaises)」と総称される女性料理人たちが庶民の食堂「ブション」の発展に大きく貢献しました。絹織物産業で財を築いたブルジョワ家庭の食卓を任された女性料理人が自らの意思で独立して飲食店を構えて成功したのがはじまりです。「フィリウー母さん(Mère Fillioux)」と呼ばれたフランソワーズ・ファイヨル(François Fayolle)さんのレストラン「ラ・ベル・エポック(La Belle Epoque)」、ポール・ボキューズ(Paul Bocuse)さんが修業したウジェニー・ブラジエさんのレストラン「ラ・メール・ブラジエ(La Mère Brasier)」が代表格です。彼女らを師と仰ぎ、世界恐慌下で解雇された多くの女性たちが、経済不況にもめげず奮起してブションを次々とオープンさせ、リヨンを美食の都と世界に名を広めるにいたるほどの活躍ぶりは、リヨンの食文化の歴史に深く刻まれています。
その後、世代交代で「メール・リヨネーズ(リヨンの母)」は男性料理人によって引き継がれ、現在は女性が料理人のブションは数軒となってしまいました(泣)。


であれば、「メール・リヨネーズが厨房を賄う、正真正銘のブション・リヨネでレストラン解禁を祝おう」ということで、マダムユキおすすめのブションは「カフェ・デュ・ジュラ(Café du Jura)」です。

CAFE_JURA_LYON_09.jpg

ブション・リヨネについては、こちらのブログもご閲覧いただければうれしいです。
フランス リヨンで、伝統料理を味わおう
フランス リヨンで、隠れた名店の伝統料理を味わおう!


カフェ・デュ・ジュラはリヨンを流れるソーヌ川とローヌ川に挟まれたプレスキルと呼ばれる中州の中心部コルドリエ地区(Cordorier)という絶好の立地条件にあります。コルドリエ地区はリヨン屈指のショッピングエリアでいつも多くの人でにぎわっています。なんといってもカフェ・デュ・ジュラのお隣は、マダムユキが愛食するチョコレート「フィリップ・ベル(Philippe BEL)」のリヨン店で、一石二鳥のポイント倍増です。


マダムレイとの待ち合わせ時間より少し早くブションに着きました。
マダムユキ:ベノワさん、お久しぶり。
ベノワ:あれ~、マダムユキじゃないか。珍客の再来だね~。
マダムユキ:珍客はないでしょう。ずっと閉店していたのはだれなの。それより、みてみて! フェイスブックで閉店中のカフェ・デュ・ジュラを紹介したのよ。
ベノワ:閉店を紹介することはないだろう。
マダムユキ:そうじゃないの。レストランが解禁されたら、まずはここに食べにくるって公言したの。
ベノワ:ありがとう! 冗談を許してくれ。本当にうれしいよ。


CAFE_JURA_LYON_06.jpg


ベノワさんは、カフェ・デュ・ジュラのソムリエ&給仕です。といっても、シェフのブリジットさんの息子さんで~す。


マダムユキ:営業禁止はたいへんだったわね。お母さまは元気?
ベノワ:元気だよ。水を得た魚のように厨房で泳いでいるよ。
マダムユキ:ああ、よかった。あとで写真を撮らせもらってもいい? ブログで紹介させて。
べノワ:大歓迎だよ。あとで呼ぶよ。いまは料理に集中しているからね。
マダムユキ:ありがとう。


そんな会話をしていたら、マダムレイが登場。
外のテラス席にするか店内にするかというベノワさんの質問に、私たちは口を揃えて「店内でお願いします!」 そして、ふたり顔を見合わせて笑ってしまいました。
フランス人はテラス席が大好きですが、私たち日本人はどちらかといえば、通行人が横を通り過ぎ、風がビュンビュンと走り抜ける外のテーブルよりも、落ち着いた店内での食事を好みます。


CAFE_JURA_LYON_04.jpg


店内はアクリルパーテーションでテーブルとテーブルの間が仕切られていました。
ブションは小さな店内で客同士が袖をすり合わせるように隣り合わせで座り、見知らぬ者同士がおいしい食事に心許して言葉を交わし合う、そんなアットホームな雰囲気が魅力でしたが、コロナ禍ではそれができません。テーブルとテーブルとの間隔を保ち、さらにマスクを外して、安心して食事ができるようにパーテーションが設置され、お隣さんとの物理的、心理的距離が置かれたことに、一抹の淋しさを感じましたが、ウイルス終息までの辛抱と、自分に言い聞かせた次第です。


マダムユキ:久しぶりね。
マダムレイ:元気そうじゃない。旅行業開店休業中で瘦せこけたかと思ったわよ。
マダムユキ:私もそうなると思ったんだけど、エネルギーの消費量が少ないらしくて、痩せこけるどころか体重増よ。
マダムレイ:食べる前に体重の話はやめましょう。ところで、おすすめは?
マダムユキ:もちろん、臓物!


リヨンの伝統料理は、豚・牛の頭や足、心臓、舌など精肉でない部位や贓物を使った料理が特徴です。例えば、牛の胃袋にパン粉をまぶして焼き上げた「タブリエ・ド・サプール(Tablier de sapeur)」、豚の血と脂身を腸詰した「ブーダン・ノワール(Boudin noir)」、豚の内臓入りソーセージ「アンドゥイエット(Andouillette)」など。最初は心理的に抵抗がありますが、食べ慣れてくると、その独特な味わいが癖になり、最後には病みつきとなるのです。こうしてリヨン人へと帰化されるのです。


私が選んだのは「アンドゥイエット・ア・ラ・ボジョレーズ(ボジョレ風アンドゥイエット)」。豚のモツを腸詰めしたアンドゥイエットと呼ばれるソーセージがボジョレワインで煮込んであります。アンドゥイエットはリヨン以外の地方でも食され、マスタードソースが一般的ですが、リヨンではコクのある赤ワインソースが人気です。赤ワインがモツの臭みを和らげてくれますので、とても食べやすいです。


CAFE_JURA_LYON_02.jpg


マダムレイは「ガトー・ド・フォワ」を選びました。鶏レバーをムース状に仕立て、ラヴィオリ入りのクリームソースにシブレット(英語とチャイプと呼ばれるハーブ)が香味として添えられていました。小さなラヴィオリはリヨンの南に位置するドフィネ地方の特産品です。


CAFE_JURA_LYON_05.jpg


デザートはプラリネルージュタルト。ブションの定番デザートです。プラリネは焙煎したナッツに砂糖を焦がしたカラメルで合えたものです。リヨンは赤く色づけするのが特徴で、プラリネルージュと呼ばれますが、それをクリーム状にしてタルトに流し込んで焼き上げます。デザートは種類豊富にいろいろと用意されていますが、ブションでは条件反射的にプラリネタルトを注文してしまいます。膨らんだ胃袋のわずかな隙間に収まってくれるデザートで、お口直しにも最適です。


CAFE_JURA_LYON_03.jpg


マダムレイ:意外と食べやすくて驚きよ。
マダムユキ:それが名店と言われるゆえんかな。贓物がこんなにおいしく食べられるってすごいことよね。
マダムレイ:リヨンに乾杯!


ブリジットシェフが厨房から出てきました。常連客に挨拶してから、私たちののテーブルへ。
カフェ・デュ・ジュラがなぜおいしいかって?
この写真をご覧ください。
リヨンの伝統料理を継承するブリジットさんとベノワさん親子。
お母さんが愛情込めて作った料理を、息子さんが心を込めて給仕してくれるんです。
おふたりの絆が私たちの口、胃、そして心を満たしてくれます。
今日もありがとう。また来ますね。


それでは、引き続き、お身体をご自愛くださいね。
マダムユキより


CAFE_JURA_LYON.JPG


【お店情報】
CAFE DU JURA(カフェ・デュ・ジュラ)
・住所: 25 rue Tupin - 69002 Lyon France
・電話: +33 4 78 42 20 57
・営業時間: 火曜日~金曜日 12:00~13:45、19:45~21:30、土曜日 09:00~13:45、19:45~21:30
・休業日: 日曜日、月曜日
・URL: https://www.bouchonlejura.fr/

CAFE_JURA_LYON_01.jpg
 
 

 
 
海外渡航が困難な今、マダムユキが率いるオンラインツアーチームが、自宅にいながら楽しめるオンラインツアーを企画しております。詳しくはエクランドゥフランス - ECRINS DE France -サイトをご訪問ください。
また、facebookページ(https://www.facebook.com/ecrinsdefrance/)やInstagram(https://www.instagram.com/ecrinsdefrance/)にて、リヨンを中心としたフランス情報をお届けしております。地球の歩き方リヨン特派員ブログとあわせてお楽しみください。
 
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2021年6月28日
« 前の記事「【ぶらりお店探訪】リヨンをモチーフにしたポスターはおみやげにおすすめです!」へ
»次の記事「【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)」 へ
リヨン特派員 新着記事
美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)
リヨンでストリートフードのお祭り、食欲の秋がやってきた!
リヨン旧市街に人気オブジェが誕生!「ギニョールの大時計」の前にひとだかり
【夏の想い出】スローな旅をするなら、レマン湖の真珠と讃えられるイヴォワール村がおすすめ
【ぶらりお店探訪】中世の面影が残る小さな村のレストランでランチを楽しむ
【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)
【ぶらりお店探訪】レストラン解禁後のランチはブションでリヨン料理と決めていた
【ぶらりお店探訪】リヨンをモチーフにしたポスターはおみやげにおすすめです!
1年前の同じ月に投稿された記事
フランスのリヨンで、夏は「ブラッスリー・ジョルジュ」の地ビールを味わう
フランスのリヨンで、日曜日は「蚤の市」で掘り出し物を探そう
フランス リヨンの、サン・ジャン大聖堂が空っぽだった!
フランスのリヨンで、美術館の再開を待ちわびる
フランスのリヨンで、市民の憩いの場「テット・ドール公園」を歩く

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集