海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パ...

フランス/リヨン特派員ブログ マダムユキさん

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月 2日

「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パン職人たちの熱き戦い


「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パン職人たちの熱き戦い

【フランス リヨン便り n°63】


こんにちは、マダムユキです。フランスのリヨンからお届けしています。


9月末に開催されたシラ国際外食産業見本市の様子をお伝えしようと思いながらも、ブログの更新がすっかり遅れてしまって、ごめなんさい。
気がつけば、サマータイムが終わり、冬時間を迎えました。日本との時差が7時間から8時間へ。
これから寒い季節が忍び足でやってきます。冷え性の私には辛い、辛い季節の到来です(泣)。


ところで、ずっと、パンについて書こうと思っていたんです。
ご存知のように、パンはフランスの主食で、フランス人にとって毎食かかせない大切な食材です。
フランスで暮らすようになってから、パンの消費量が圧倒的に増えましたが、私にとってパンはいうなれば箸休めのようなもので、メインとなる料理の脇役でした。もちろん、おいしいと評判のパン屋さんをチェックしてはいましたが、「パンたるものは何か」などと、深く考えたことはありませんでした。


そんな私が、パンの奥深さを知ることができたのは、パリと東京にブランジュリ―「メゾン・ランドゥメンヌ」を展開しているパン職人で実業家の石川芳美さんとの出会いです。


初めてお会いしたときに芳美さんが「私、ハード系が専門ですから」と自己紹介され、「はっ、ハード系ですか......」と答えた私の頭の中で、「ハードロックのこと?」「インフラのこと?」「ハードウェアのこと?」「コンタクトレンズのこと?」「えっ、なに?」と、ぐるぐると回転したことを覚えています。


そうなんです。パンには「ハード系」「ソフト系」「セミハード系」があるんです。「へ~、パンって、そんなふうに分類するんだ」と感動しました。


▼2019年のシラ国際外食産業見本市でグルテンフリーのパンのデモストレーションをする石川芳美さん
SIRHA_2019_08.jpg


言われてみればそうですね。パンは食感で分類することができます。
芳美さんが得意とするハード系のパンは、クラストという外皮が固くて、クラムという内側も弾力性があるパンで、代表的なのがバゲット、ライ麦パン、田舎パン(パン・ド・カンパーニュ)です。
ソフト系のパンはクラスト(外皮)もクラム(内側)もやわらかいパンのことです。バターロールやブリオッシュが代表例ですね。
セミハードはその中間。例えば、イタリアのフォカッチャのようなものでしょうか。日本の食パンもセミハード系かな。


使用する材料から分類することもあります。
小麦粉、水、塩、酵母といった基本材料からつくられるパンを「リーン」なパン、菓子パンや調理パンのように砂糖や卵、バター、乳製品などの副材料をパン生地に含めるものを「リッチ」なパンと呼びます。クロワッサンやデニッシュはリッチパンですね。


ハード系あるいはリーン系のパンは、小麦粉やライ麦、塩、酵母の基本材料だけで作られるので、おいしさの違いで一線を画すには、各材料の品質とパン職人の技術が何よりも重要です。


ソフト系あるいはリッチ系を代表するクロワッサンを例にとれば、幾層にも重ねられた生地がオーブンのなかでふんわりと膨らみ、外はサクサク、中はしっとりとした食感に焼き上げられ、口に含めた瞬間、バターの香りが甘く広がるおいしさを実現するには、材料の品質とパン職人の技術が問われれる、ということです。


完成品としてのパンだけを見てきた私は、目から鱗!パンが出来上がるまでの工程とパン職人の技に興味を持つようになったんです(芳美さんのおかげ!)。


パン職人の仕事を垣間見るには、パン屋さんの仕事場がオープンになっているお店もありますが、実は製パンコンクールが一番なんです。


と、いつものごとく前置きが長くなってしまった! ごめん、ごめん......。


9月末のことですが(もうだいぶ時間がたっているぞ~)、リヨンで開催されたシラ国際外食産業見本市の初日、真っ先に足を運んだのが製パンコンクールでした(9月23日から25日にかけて開催されました)!


クープ デュ フランス ドゥ ラ ブランジュリー(COUPE DE FRANCE DE LA BOULANGERIE)


「製パンコンクールフランス大会」と訳してみましたが、フランスの各地方圏を代表する3人のパン職人から構成されるチームで競い合います。


審査項目は、ハード系、ソフト系、調理パン、プレートデコレーションの4項目からなり、2021年のテーマは「クリスマス」。
1日3チームが出場し、朝9時から夕方6時までの長時間の戦いとなります。


コンクールの様子を写真でご覧ください。
私が写真でフォローしたのは、リヨンが属するオーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地方圏の代表チームです。


▼パンコンクール会場
SIRHA_LYON_2021_02.jpg


▼ハード系、ソフト系、調理パンを担当する3人チーム
SIRHA_LYON_2021_03.jpg


▼プレートの飾付けには芸術性が問われます
SIRHA_LYON_2021_04.jpg


▼パン職人というより彫刻家のようです(それを見守るコーチ)
SIRHA_LYON_2021_05.jpg


▼真剣なまなざし(観客も真剣に見ていました)
SIRHA_LYON_2021_06.jpg


▼製パンの材料のみが使用できます
SIRHA_LYON_2021_07.jpg


▼リボンもパン生地からつくられています
SIRHA_LYON_2021_08.jpg


▼だんだん仕上がっていきますよ
SIRHA_LYON_2021_09.jpg


▼ソリが登場しましたね(そうだ、テーマはクリスマス!)
SIRHA_LYON_2021_10.jpg


▼形が出来上がってきましたね
SIRHA_LYON_2021_11.jpg


▼ファンタジーな世界を感じます
SIRHA_LYON_2021_12.jpg


▼ここまでくるとパンと菓子の境界線を引くのが難しいです
SIRHA_LYON_2021_13.jpg


▼出来上がり!
SIRHA_LYON_2021_14.jpg


▼隣チームの様子もご覧ください
SIRHA_LYON_2021_15.jpg


▼フランスはパンも美術品になる
SIRHA_LYON_2021_16.jpg


▼1日で焼き上げたパンが勢ぞろい(すごい数だ)
SIRHA_LYON_2021_17.jpg


▼伝統的なパンから創作パンまで、どれもおいしそう
SIRHA_LYON_2021_18.jpg


▼ハード系のパンだってこんなにおしゃれに焼きあがります
SIRHA_LYON_2021_19.jpg


▼審査員に特徴(使用する酵母や塩・水の割合など)を説明しています
SIRHA_LYON_2021_20.jpg


▼外観、香り、食感、歯ごたえ、味など、細かく吟味されます
SIRHA_LYON_2021_21.jpg


写真では伝わらない臨場感を動画でご覧ください。
コンクールという緊張した環境のなかでも、食に対する熱き情熱と食を楽しむ暖かい雰囲気に包まれていました。



唯一、残念なのは、試食ができなかったこと!
審査員が「ぼくたちは試食できるからラッキーだね」って、観客席に向かって言葉を発していましたが、本当にそのとおり。とってもうらやましかったです!


このあと、パン屋さんにかけこんで、ハード系・ソフト系と買い込んでしまいました。
おいしいパンは嚙み締めれば噛み締めるほど味わい深い。
結論:パンは決して脇役ではない!


次回は料理界のオリンピック「ボキューズ・ドール」を紹介しますね。お楽しみに!


マダムユキより
 
 



海外渡航が困難な今、マダムユキが率いるオンラインツアーチームが、自宅にいながら楽しめるオンラインツアーを企画しております。詳しくはエクランドゥフランス - ECRINS DE France -サイトhttps://ecrinsdefrance.com/をご訪問ください。
また、facebookページhttps://www.facebook.com/ecrinsdefrance/)やInstagramhttps://www.instagram.com/ecrinsdefrance/にて、リヨンを中心としたフランス情報をお届けしております。地球の歩き方リヨン特派員ブログとあわせてお楽しみください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2021年11月 2日
« 前の記事「美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)」へ
»次の記事「ボージョレ・ヌーヴォー2021の解禁をブションで祝った」 へ
リヨン特派員 新着記事
ボージョレ・ヌーヴォー2021の解禁をブションで祝った
「製パンコンクールフランス大会2021」でみた、パン職人たちの熱き戦い
美食の都リヨンで、待望の食の祭典「シラ国際外食産業見本市」が開催されました(第1回)
リヨンでストリートフードのお祭り、食欲の秋がやってきた!
リヨン旧市街に人気オブジェが誕生!「ギニョールの大時計」の前にひとだかり
【夏の想い出】スローな旅をするなら、レマン湖の真珠と讃えられるイヴォワール村がおすすめ
【ぶらりお店探訪】中世の面影が残る小さな村のレストランでランチを楽しむ
【フランス ノルマンディ地方】馬が好きならドーヴィルへ行こう(第4回)
1年前の同じ月に投稿された記事
【コロナに負けない】お店が再開して、リヨンの町が人であふれた
【コロナに負けない】フランスのリヨンで、ボージョレ・ヌーヴォー解禁を祝う
【アフターコロナで行こう】フランスのタン・レルミタージュに老舗DELASの直営ショップがオープン
【ロックダウン前にやってよかったこと】フランス リヨン美術館のピカソ展へ行った、テーマは「水浴」!

フランス ツアー最安値


2021/3/31更新

フランス 航空券情報


フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン特派員

    リヨン特派員
    マダムユキさん
    リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
    facebook
    Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集