海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/リヨン2特派員ブログ

フランス/リヨン2特派員ブログ Satchi

フランス・リヨン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


1A15AD10-22A6-4463-812F-150159291110.jpeg真夏には22時頃に陽が沈んでいたリヨンも、陽が沈むのが早くなったと感じ、枯葉や栗が歩道に落ちている光景を目にします。
 
 そして、リヨンでは10月13日から21日まで今年10回目を迎える映画祭が開催されます。
 
リヨンは映画にゆかりの深い街だということはご存知でしょうか
?世界で初めてシネマトグラフという動画撮影機を発明した『映画の父』リュミエール兄弟の出身地なのです。リュミール兄弟の発明は映画だけではなく、カラー写真、360度映し出されるフォトラマを始め、義手、ミシン、医療器具の発明、発案に貢献しました。

 Festival Lumière 2018リヨン映画祭は2009年から開催され、他の映画祭と比べるとすれば、映画愛好家のための映画祭といえるのではないでしょうか。800人のボランティアの協力を得て、クラッシックな映画から近年の映画まで幅広く、フランスの映画史をなぞるように作品が上映されます。
 毎年、映画界への功績を讃えるための賞、Prix Lumière(リュミエールリヨン賞)は女優のジェーン・フォンダ氏に与えられるようです。
 リヨン市内、近郊合わせて36ヶ所の映画館をはじめ、24ヶ所ヶ所の施設、レストラン、美術館合わせて60カ所の施設が協賛し、映画祭を街の全体で一つのイベントを作っていく様子は、コンペティションを設けない映画祭として、映画発祥の地として文化を保持していこうという心意気を感じられるように思います。
 
 興味のある映画をリストアップしつつ今から予約をしようとおもいます!
 予約はネットからできます。興味のある方は一度サイトを訪れて見てくださいね!
 

映画情報
http://www.festival-lumiere.org/
チケットの予約
https://web.digitick.com/index-css5-institutlumiere-pg1.html
 


2018年10月11日

リヨンといえば美食の街、と言われています。偉大なる故ポールボキューズのお膝元でもあり、たくさんの料理人を育てて来たミヨネー村のアラン シャペル(2012年閉店)があったり、車、電車で1時間走らせればブルゴーニュのぶどう畑を望むことができたり。こんな素敵な場所で美味しいものを食べずにられません。
ということで、今回は私はリヨンの、Gare de Lyon-Pars-Dieuパールデュー電車で1時間。ブルゴーニュの小さな村をご紹介します!
Tournus (トゥルニュ)という小さな村にある1つ星のオーベルジュのレストランAux Terrasses(オ・テラス)を紹介します。

image1.jpeg

心から敬愛しているシェフのお店で、ここが好きなんです!遡ること8年前に研修をさせてもらってから、このレストランとの交流は始まりました。
そして、月日が経ち、年越しにやって来ましたが、常に進化し続けていて、心を踊らされるようなワクワクな料理をいただくことできるのです!!!!

まずは、トゥルニュの村の紹介をかいつまんで紹介します。今年、この村にあるしゅうどういんl’Abbaye Saint-Philibert(サン・フィリベール)は1000年祭を迎えていることからも想像できるように、その歴史はとても古く、11世紀初頭に建設されたフランス国内で随一のロマネスコ様式を見ることができます。
そして、この人口5,600人程の小さな村は夏のバカンスシーズンにのドイツやスイスなどヨーロッパ各地から観光客が避暑にやってくるのです。そして、そして、ミシュランの星付きのレストランが3店もあることなんです!!
電車で訪れる方は特に注意なのが電車の時間です。本数が少なく2時間に1本程度。日曜祝日を含め、夜の最終発が早く21時台。なので、もし電車を利用する方はのんびり過ごすこと基本にホテルに泊まることをお勧めします。川沿いを眺めながらのんびり散歩してみる、そんな時間の使い方をしてみるのはいかがでしょうか。
ぜひ、ワインリストを見ながら、お料理を楽しんでほしいと思います。リストはシェフがブルゴーニュの生産者、ドメーヌから直接買い付けています。私が研修していた時にも何度かワインの買い付けに連れて行ってもらいました。ブルゴーニュを中心にDigestif(食後酒)ブルゴーニュのマールを味わってください。
筆者、本人はお酒が弱く味見だけで真っ赤になって回ってしまうので、たくさんは飲めない損な体質、、、ノンアルコールが所望の方にはアラン ミラのフルーツ100%のこだわりのジュースもあります。

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg

今回の、私は料理人の友人と8年ぶりにこのレストランで食事を堪能しましたが!本当に素晴らしかった。料理人の友人も大絶賛、のお墨付きです。
本当のフランスを味わいたければ、地方を旅するのが一番面白い。不便さすらも、後にいい思い出のエッセンスになりますよ。


Aux Terrasses chambers,cuisine &vins
所在地     18 Avenue du 23 Janvier, 71700 Tournus
メールアドレス courier@aux-terrasses.com
電話番号    03 85 51 01 74
日曜、月曜日定休 
コース 26€-95€


2018年10月 4日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リヨン2特派員

    リヨン2特派員
    Satchi
    リヨン在住。猫と一緒にフランスにやってきました、Satchiです。暮らすように旅することを愉しみながら、これからリヨン〜ブルゴーニュ地方暮らし、料理、旅のエトセトラをお伝えしたいと思います。Instagram Lyon_neko_tabiでブログ書いてます。そちらも合わせてよろしくお願いいたします。 DISQUS ID @disqus_96WScL2GWR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集