海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No2:マラケシュ旧市街のおすすめ観光スポット ジ...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月23日

No2:マラケシュ旧市街のおすすめ観光スポット ジャマエルフナ広場&スーク


No2:マラケシュ旧市街のおすすめ観光スポット ジャマエルフナ広場&スーク

マラケシュはモロッコ中央部、サハラ砂漠西方に位置する都市で、マラケシュ自体は旧市街(メディナ)と新市街に分けられます。
旧市街はイスラム支配下時代から続くもので、新市街はフランス人によって造られたものです。旧市街は1985年、世界遺産に登録されました。

そこで今回は、旧市街のなかでもおすすめのスポット、ジャマエルフナ広場と市場(スーク)をご紹介します!

モロッコといえば...?まず最初に、この場所が浮かぶ人も多いのではないでしょうか?


ジャマエルフナ広場。(Place de Jama-el-Fna)
アラビア語で死人の集会場を意味しています。
城壁に囲まれたマラケシュの旧市街地にある広場。
マラケシュのエネルギーの源とも呼べる場所ではないでしょうか?

2-0.jpg

ジャマエルフナ広場はクトゥービアモスクの正面にあります。

2-1.jpgのサムネイル画像

ブーケンビリアの花。

2-2.jpgのサムネイル画像

そして、クチ(馬車)に迎えられ、

2-3.jpgのサムネイル画像

進んでいくとジャマエルフナ広場です。


昼は、屋台の搾りたてオレンジジュースが名物の一つ。
一杯4DH(48円/1MAD=12JPY)お兄ちゃんの気分で半分おかわりをくれる...時もあります。

2-4-thumb-730xauto-336219-thumb-730x487-336220.jpg

夜は、マラケシュの大きな大衆食堂へと早変わり。
夜中まで宴が続くいつ訪れてもお祭り騒ぎ。
屋台によっては衛生面に問題があることもあり、お腹を下すという話もたまにありますが、私は今のところ大丈夫です。健康な状態で、食べ過ぎなければ大丈夫ではないかな...と思います。

2-5-thumb-730xauto-336208-thumb-730x486-336234.jpg

ジャマエルフナ広場を進んでいくと、北アフリカ最大と言われている、スークと呼ばれる市場が広がっています。
可愛いものがたくさん!買い物好きにはたまらない、雑貨天国です。
スークに入っていく道はたくさんあるのですが、なんせ迷路のように入り組んだ道。

個人的におススメな進み方は...

CAFÉ ARGANAの横から、

2-6-thumb-730xauto-336213-thumb-730x487-336227.jpg

Souk laksour(スーク ラクスール)を通り過ぎ、

2-7-thumb-730xauto-336211-thumb-730x487-336228.jpg

突き当りを右に回り観光のメイン通りの一つであるSouk Semmarine(スーク スマリン) を進むのがおススメ。

2-8-thumb-730xauto-336212-thumb-730x487-336225.jpg

細い道にたくさんのお店が並んでいます。
とにかく、迷子になりやすいので、複数人で行く場合は迷ったらここに集合!という場所をあらかじめ決めておきましょう。私は友人と歩くときは、迷子になったら「ジャマエルフナのCAFÉ ARGANA」に集合ということにしています。



素敵なランプの光。2-9.jpgのサムネイル画像
雑然と床に並べられたマルシェバックもポップな色使いと素敵な言葉の刺繍とかわいいポンポンが目を引き、2-10.jpgのサムネイル画像

ただ、置いてある、ただ、積んであるだけなのに...それもおしゃれにみえる。異国情緒あふれる素敵な場所です。

2-11.jpgのサムネイル画像

メディナの中を歩くと、ポイントとなるところには

2-12.jpgのサムネイル画像

地図が置いてあり、 右下のバーコードリーダーを読み込むと...
読み込むことはできたのですが、私が試したときは何も表示されませんでした。残念...。

同じような店が続いて、さっき通ったような...という錯覚に陥ることもあるかもしれません。
上を見上げると、方向を示してあることも多いので、メディナ歩きの強い味方です。

2-13.jpgのサムネイル画像

とにかく、迷子になりやすいので可愛い雑貨に気を取られすぎるのは、要注意。
また、スリもたくさんいる。私自身もリュックのチャックに手を伸ばされ、盗られそうになったが、近くの人が気づき助けてもらい難を乗り切ることができました。

日本人は「裕福で警戒心が希薄である」と思われています。
もし、万が一、事件、盗難に巻き込まれたら...

2-14.jpgのサムネイル画像

ジャマエルフナ広場に旅行者向けの警察署、Police Touristiqueがあります。
そこに行きましょう。
楽しい観光にするためにも十分注意してください。

いつでもお祭り騒ぎな、何度でも行きたくなる、本当に楽しくて不思議な場所です。
マラケシュに来たら、まずここに訪れてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月23日
« 前の記事「No1:9つあるモロッコの世界遺産、一挙ご紹介!」へ
»次の記事「 No3:マラケシュ旧市街カフェ・レストラン Le Jardin」 へ
おすすめ記事
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集