海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No5:モロッコからかわいいネコ達をお届け にゃん...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月26日

No5:モロッコからかわいいネコ達をお届け にゃんだふるライフ


No5:モロッコからかわいいネコ達をお届け にゃんだふるライフ

先週、2月22日は222→にゃん。にゃん。にゃん。ということで、
日本では、猫の日でしたね。
5-1.jpg


ダリジャ(モロッコ方言アラビア語)で猫は→ムシュ
フランス語で猫は→chat(シャ)


モロッコは至る所に猫がいて、可愛い顔を人々に見せてくれます。5-2.jpg


私は、自分自身が動物アレルギーということもあり、最初モロッコに来た時、サンドイッチなどの軽食がとれるスナック(レストラン)の食事中、室内に猫がいて、飲食店に猫?ありえない!と不衛生と不快になって違う店を探していたりしていましたが、どこのお店も猫がいて...今ではもうすっかり普通の光景になってしましました。
テラスなどで食事をしていると、残り物を上目遣いでおねだりする猫たちに、ついつい、なにか食べさせてあげたくなってしまいます。
5-3.jpg


モロッコの猫たちは人と程よい距離をとり、自由気ままに生活しています。
また、モロッコの人々も猫を可愛がっています。
5-4.jpg


モロッコの人々にとって猫がいる暮らしというのは当たり前で、毎日が「にゃんだふるライフ」です。
商品の上にのって、立派に店番...お昼寝しています(笑)
5-5.jpg

イスラムの世界では猫が真のペットと言われており、大事に扱われています。
5-6.jpg


残念ながらイスラムの教えでは犬は不浄なものとし、あまりいい扱いを受けていないようで、尻尾を振って近づいてきてくれるようなことはありません。
昔、朝4時頃、長距離バスに乗るためスーツケースを転がしながら道を歩いていると、
真っ黒な8匹の犬に囲まれ、吠えられ、このまま噛まれて狂犬病になるのではと思っていたところ、タクシーが通りかかり、ドライバーさんに助けてもらいました。
犬もきっとコロコロ音を立てて動く、大きな黒いスーツケースが怖かったのでしょう。
マラケシュのような都市ではペットとして散歩している犬もたまに見かけるし、在住外国人やモロッコからヨーロッパに勉強や働きに出た人も増え、犬のイメージも都会では変わりつつあるのかもしれませんが、少し、街で出会う犬は猫に比べると肩身の狭い想いをしているのではないかな?とと感じます。


ペットとして家で飼われている猫も多いですが、
5-7.jpg


街の中でみかける多くの猫は、エサをくれる人を頼り転々と渡り歩いて、近所の人みんなで育てているというようなネコが多いような気がします。
誰かのペットというよりも街に住みついてという感じで、立派に市民権を得ています。
5-8.JPG


私が思う、モロッコで一番たくさん猫に会える場所。
それはラバトのシェラ遺跡です。
5-9-1.JPG 5-9-2.jpg


コウノトリの巣としても有名なシェラ遺跡ですが、たくさんのネコ達のお家にもなっています。
5-9-3.JPG


フォトジェニックなモロッコのねこ達は、インスタ映え間違いなしです。
猫の楽園。猫パラダイス。猫まみれ。
旅が終わるころには可愛い猫の写真でいっぱいになっていると思います。
是非、キュートなモロッコ猫に会いに来てください。
5-10.jpg

Chellah Rabat シェラ遺跡
入場料:10DH
開館時間:8:30-18:30(入場は18:00まで)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年2月26日
« 前の記事「No4:マラケシュで高級ハマム体験 Les bains de marrakech」へ
»次の記事「No6:ジャマエルフナ広場夜の屋台 ハリーラ」 へ
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集