海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No6:ジャマエルフナ広場夜の屋台 ハリーラ

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月27日

No6:ジャマエルフナ広場夜の屋台 ハリーラ


No6:ジャマエルフナ広場夜の屋台 ハリーラ

ジャマエルフナ広場の夜の屋台、いろいろあってきっと何たべようか迷ってしまうと思います。
6-1.JPG


迷ったときに、まず食べていただきたいのが、モロッコの家庭の味ハリーラスープです。
ハリラとはトマトベースのスパイスや香草が入った栄養たっぷりのとろみのあるスープ。
6-2.jpg


ラマダン(断食)の時期に食べられることが多いですが、屋台や街道沿いの大衆レストランなど常時取り扱っているところも多く、お腹も膨らむので、旅人はけっこうお世話になるメニューの一つになるのではないかと思います。日本人の口にもあうとてもやさしい味のスープです。

レストランなどでは、ゆでたまごと写真のシュバキア(はちみつかりんとう)とツマル(なつめやし)がセットになっていることが多いです。シュバキアとスープを交互に食べて甘じょっぱいのを楽しみながら食べるのがモロッコ流だそうです。
6-3.JPG


私のおススメの屋台はNo125の屋台。
名物のかわいいおじいちゃんが快く迎えてくれます。
6-4.jpg
6-5.jpg


一杯3DH(36円/1MAD=12JPY)でこころもからだも温まり、ほっこりした気分になれます。私は、このスープにお酢をかけて飲むのが好きです。No125の屋台は地元の人からも愛されていて、いつも賑わってます。是非、お試しあれ!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年2月27日
« 前の記事「No5:モロッコからかわいいネコ達をお届け にゃんだふるライフ」へ
»次の記事「No7:ジャマエルフナ広場夜の屋台 マラケシュ名物タンジーヤ」 へ
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集