海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No14:マラケシュ旧市街おしゃれブティック  M...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 7日

No14:マラケシュ旧市街おしゃれブティック  Max&JAN


メール プリント もっと見る

No14:マラケシュ旧市街おしゃれブティック  Max&JAN

メディナを歩いてると、壁に素敵な絵が。
14-1.jpg


おしゃれブティックMax&JANをご紹介。 スイス人とベルギー人のデザイナーがミラノとパリの有名なファッションの参考に、サンフランシスコやイビサ、フランスにも店舗を構えている、モロッコテイストを織り交ぜてデザインしたアイテムを発信するおしゃれブティック。色鮮やかな可愛いアイテムが出迎えてくれます。 14-4.jpg 14-2.jpg


ジャマエルフナの何がどこに置いてあるのかわからない、ごちゃっとした、お店も、異国情緒あふれて素敵ですが、相場がよくわからないままの根切の交渉はなかなか大変。そして、テンション上がって購入したものの、よくみたら、縫製や細工などが荒い粗悪品ということもよくあります。それも思い出!と割り切れればいいものの、なかなかショックからぬけられない。あっちの店のほうが安かったのではないか?というショックから抜けられない。そういう面では、メディナやゲリーズなどにあるブティックは値段も決まっていて、値札が付いているところも多くゆっくりお買い物ができます。また、品質のいいものをみて、目を肥やしてから、スークでお買い物することはマラケシュ買い物天国のマジックにかからないためにも大事なことかな...思っています。



お洋服は、どこかリゾートに行きたくなるようなテイストのものが多く素敵です。若干サイズは大きめです。 14-3.jpg 14-7.jpg


メンズアイテムも充実しています。 14-5.jpg


セール商品の中には、アフリカの大地を思い起こさせる茶色と黄土色で染めぬいたボゴラン(泥染め)の布を使った、バブーシュもありました。西アフリカの布と、モロッコのバブーシュ。アフリカの大地が生んだ、アイテムの融合ですね! 14-8.jpg


お洋服、かばん、インテリア小物、文具などなどいろいろあります。ちょっと、大切な人へのお土産、また自分への旅のお土産に。おすすめのお店です。 14-6.jpg


Adresse : de, Route Sidi Abdelaziz, Marrakesh
Tel: 05243-75570
URL :http://maxandjanblog.tumblr.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2018年3月 7日
« 前の記事「No13:ジャマエルフナ広場レストラン Le Salama」へ
»次の記事「No15:モロッコの暮らし ここは何階?」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No75:ラマダンも終盤です。
    No74:伝統工芸館 カゴバック
    No73:伝統工芸館 羊毛フェルトFeutrage 
    No72:伝統工芸館 モロッコの習字Calligraphie Arabic
    No71:モロッコ雑貨に心奪われて Ensemble Artisanal Marrakech
    No70:モロッコのスーパーマーケット Marjan
    No69:本当に大丈夫?モロッコ現地ツアー
    No68:モロッコでシンデレラ?クチに乗ってみよう!

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集