海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No15:モロッコの暮らし ここは何階?

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 8日

No15:モロッコの暮らし ここは何階?


No15:モロッコの暮らし ここは何階?

モロッコ人の友達に、「1階のカフェで待ち合わせね。」と言われ、待ち合わせから40分。
モロッコ人は時間にルーズだし、遅刻なんか当たり前。そう思っていました。
なかなか会えず、「ずっと待っているけど?」と電話をすると...、
「あれ?私も、1階のカフェにいるけど?」と言われました...。





モロッコに限らずですが、海外経験がある人は、もうおわかりかも。
IMG_9219.JPG



日本で1階の部分はモロッコでは0階になります。
つまり、地上からの入り口は1階ではなく0階です。
つまり、1階のカフェは日本の感覚だと2階のカフェで待ち合わせだったということです。


0の概念が違うんですね。目の前にあるものの状態を1と捉えるか、0と捉えるか。 日本の感覚だと最初は慣れるまでに時間がかかりました。


なので、地上階に降りたいときは0階のボタンを押しましょう。 また、エレベーターには閉まるボタンがありません。行先を押せば閉まります。

14-2.jpg



日本で育った筆者からするとちょっと、日本とは違う不思議な感覚。
モロッコで、エレベーターを乗る機会や、地元の人と待ち合わせすることはそんなにないかもしれまでせんが、知らないと、間違えてしまうこともあると思うので、お気を付けください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年3月 8日
« 前の記事「No14:マラケシュ旧市街おしゃれブティック  Max&JAN 」へ
»次の記事「No16:2018年度モロッコの祝日予定」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No109:モロッコ旅⑦ モロッコの郷土料理 メクネス・フェズ地域の「マッコーラ」
    No108:2018年度★上期★特派員アワード 
    No107:出国前に銀座の免税店で買い物のほうがお得?モロッコであまり期待できないTax Free
    No106:モロッコ旅⑥ Imilchil(イミルシル)ホテル Auberge des Lacs
    No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)
    No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用
    No103:ONCF 電車脱線事故
    No102:モロッコ旅行で使いたい!モロッコの言葉「ダリジャ」

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集