海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No16:2018年度モロッコの祝日予定

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 9日

No16:2018年度モロッコの祝日予定


No16:2018年度モロッコの祝日予定

もうすぐ春休み、そして新学期始まったら、GW!あっという間に夏休み!
休暇に、モロッコ旅行をしたいと考えている方、これから、モロッコ旅行する人のために!
以下、2018年、今年のモロッコの祝日になります。

imagesK93Z7VMB.jpg



 1月  1日 (月) 元日
 1月 11日 (木) 独立宣言記念日
 5月  1日 (火) メーデー
 6月 15日 (金) ラマダン明け休日 ※
 7月 30日 (月) 即位記念日
 8月 20日 (月) 革命記念日
 8月 21日 (火) モハメッド6世国王誕生日
 8月 22日 (水) 羊犠牲祭 ※
 9月 11日 (火) イスラム暦の新年 ※
11月  6日 (火) 緑の行進記念日
11月 18日 (日) モロッコの休日 独立記念日
11月 21日 (水) 預言者生誕祭 ※




後ろに※の印がついているのはイスラム歴なので、月の満ち欠けによって休日かわります。毎年、11日前後、前倒しになっていくような感覚です。 羊犠牲祭でいうと、2016年9月13日頃、2017年は9月1日頃だったと記憶しています。急に、「明日休みだよ!」と言われることも普通にあるのです。


また、今年のラマダンは5/15~6/14と言われています。 この間、日中、イスラム教の人々は飲食が禁止のため、観光客向け、外資系など営業しているお店もありますが、多くのお店が日中閉まってしまいます。 また、直距離バスの本数は減り、予定通りに物事が運ばなくなります。 バスや、電車も日没後のフトール(朝ごはん)を食べるときに、途中で停まってしまいます。写真はモロッコ人にアンビテ(招待)された時のフトールです。

IMG_0998.JPG


モロッコにはサマータイムがあり、例年だと3月下旬からになります。 1時間早めたり、ラマダンの時期は、通常通りにするために1時間戻したり... モロッコ人も毎年なんやかんやで混乱。 特に、飛行機の時間には、注意していただきたいですね...。 13516249_10206166764434149_6356533744237140321_n.jpg


羊犠牲祭の間は、日本のお正月のような扱いです。 犠牲祭前後は交通機関がすごく混みます。前もっての予約、鉄道利用は座席指定の1等車の利用を進めます。犠牲祭の当日だけは、旅行者が自力で国内移動するのはほぼ不可だと思います。 みなさん、羊に夢中です。捌いたばかりのレバーはとても美味しいです。 IMG_5428.JPG


近づいたら、また詳しくお知らせしたいと思いますが、モロッコへの旅行計画されている皆様は、日本でのお仕事等の都合もあると思いますが、事前にモロッコの暦にも、併せての計画が必要です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年3月 9日
« 前の記事「No15:モロッコの暮らし ここは何階?」へ
»次の記事「No17:ジャマエルフナ広場の屋台 オレンジジュース」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No98: 【祝日のお知らせ】Happy New Hijri Year  イスラム歴新年
    No97:モロッコ旅② モロッコの高速道路
    No96:モロッコ旅① レンタカーを借りてみた
    No95:【アフリカに支援してみませんか?】モロッコのシディカセムからコンゴ民主共和国へ羽ばたいた一人の女性の挑戦~コンゴ民主共和国と日本の架け橋へ~
    No94:Casablanca 海鮮レストラン Restaurant du Port de Peche
    No93:Aïd mubarak 羊犠牲祭
    No92:Casablanca Mosquée Hassan-II  ハッサン2世モスク
    No91:モロッコ最大のお祭り 羊犠牲祭の日程

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集