海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No36:マラケシュ新市街レストラン レバノン料理...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月29日

No36:マラケシュ新市街レストラン レバノン料理 La Cuisine de Mona


No36:マラケシュ新市街レストラン レバノン料理 La Cuisine de Mona

訪れたのは閉店間際。快く受け入れてくれたお店、La Cuisine de Mona(ラ キュイジンヌ ドゥ モナ)をご紹介。
IMG_0633.JPG



店内は、ピンクと黄緑の明るくポップな色合いで、かわいいです。フォトジェニック!
IMG_0624.JPG
IMG_0626.JPG



La Cuisine de Monaはレバノン料理のお店。アルコールも飲めます。
Amuse(アミューズ:日本でいう突出し)は色とりどりのお野菜が。
IMG_0611.JPG



レバノン料理は聞いたことはあったけど、実際どんなものなのか食べたことがなかったのでドキドキ。最初に、店員さんに「ベジタリアンですか?」と確認され、違います。と伝えると、Mezzésというメニューがおススメです。と言われ注文しました。

Mezzésとは10種類のレバノン料理をちょっとずつ楽しめるコース。
一人当たり140DH(1680円/1MAD=12JPY)で、単品をいろいろ頼むより、初めてのレバノン料理だったし、せっかく定員さんがおススメしてくれたので、Mezzéeを注文。
IMG_0612 (2).JPG



ひよこ豆のペーストHommosをはじめとする中東料理がどんどん運ばれてきます。
IMG_0620.JPG



ナスとゴマのピューレにレモン果汁をあわせたBaba Ghanouj。
IMG_0617.JPG



ナスとトマトソースの煮込みMoussaka。
IMG_0618.JPG



レンズ豆を煮たMoujadarha。
モロッコ料理でもレンズ豆を煮たものはよくあるのですが、味がまろやかで美味しい。
IMG_0615.JPG



パセリとミントとトマトを細かく刻んで、オリーブオイルとレモン果汁で合わせたサラダTaboulehは食べるだけで健康になった感じ。野菜不足解消!
IMG_0616.JPG



全て、トルティーヤ(とうもろこしの粉でつくられた薄いパン)と一緒に食べます。
IMG_0619.JPG



温かい料理も5種類。まずは、ひよこ豆のコロッケFalafel。
IMG_0622.JPG



お肉料理は写真は臭みがなくて食べやすくて驚いた鳥のレバーとどこか日本が懐かしくなるような、マリネした揚げた鶏を甘酸っぱく煮たもの。そして、野菜と肉団子。鶏肉のシャワルマ(中東のラップサンドのことをシャワルマと言います。)以上、10種類!盛りだくさん!
IMG_0621.JPG IMG_0623.JPG



10種類のレバノン料理をちょっとずつフルコース!モロッコでレバノン料理初体験ながら、好き!と思ってしまいました。ゴマ、レモン、オリーブオイル、ハーブ類、ヨーグルトを使った料理が多く、スパイスは感じるものの、まろやかに食べられる。お気に入りのお店が一つ増えました。



Adress:Rés.Mamoune 5 No115 B Quartier el Ghaoul cite OLM Guélize
Tel:0618137959

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年3月29日
« 前の記事「No35:マラケシュ旧市街かわいいモロッコラグ Musée Boucharouite」へ
»次の記事「No37:ジャマエルフナ広場の屋台 ジンジャージュース」 へ
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集