海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No41:マラケシュからトリップ エッサウィラ

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月14日

No41:マラケシュからトリップ エッサウィラ


No41:マラケシュからトリップ エッサウィラ

マラケシュからちょっと違う雰囲気の街に行きたい。と思ったとき、一番最初に思い浮かぶ街 。カモメが出迎えれくれる街、Essaouila(エッサウィラ)をご紹介。



IMG_7692 (2).jpg



スカラ展望台から眺める、大西洋!魚市場で働くおじさん達、潮の香りが港町に来たことを感じさせてくれます。気候がとてもいいので、モロッコ人も大好きな街です。
IMG_7705 (2).jpg


おじさんも・・・青い空に青い海に囲まれてお昼寝です。 IMG_1849.JPG


モロッコの7個目の世界遺産になるエッサウィラのメディナ。 IMG_1927.JPG


海で採れた新鮮なお魚をその場でグリル。魚の市場がすぐ横にあるのでとれたて新鮮です! IMG_7715 (2).jpg


古い港町をのんびり歩いていると十字路で大道芸人のミュージシャンがグナーワを奏でるのに出くわします。グナーワとはモロッコ儀式に使われる伝統的な音楽。毎年5月頃には、世界有数の音楽フェスグナーワ&ワールドミュージックフェスティバル(Gnaoua & World Music Festival)も行われています。


メディナを歩いてみると、基本的に値札がついている店がほとんど。ネコも店番なのか、商品の上でくつろいでいます。 IMG_7745 (2).jpg IMG_7858 (2).jpg


エッサウィラのメディナの商人たちは、すごくガツガツ接客してくるわけではないので、マラケシュよりは買い物しやすいと思います。 ただ...、マラケシュに限らずモロッコ人は声掛けが早いというか、まだ見ている段階で、「買う?買う?」という感じで近づいてくるので、なんか、物欲が冷めることが多いです(笑)


青と白の壁のコントラストや、色とりどりの食器や、サボテンシルクの布のカラフルさはインスタ映え間違いなし! IMG_1759 (2).JPG IMG_1816.JPG IMG_1753.JPG


ヨーロッパのデザイナーやオーナーがOPENしているお店も多く、所々メディナの中で異彩を放った店があります。このお店可愛かった~! IMG_1779.JPG IMG_1777.JPG


100年以上続いているPâtisserie Driss(パティスリードリス)は可愛いお菓子が並んでいました。 IMG_1906.JPG IMG_1902.JPG


夜も夜で、潮風にあたりながら、生演奏を聴き、美味しいカクテルとオリーブをつまみながらモロッコの思い出を語るのもいいですね。 IMG_7778 (2).jpg IMG_7787 (2).jpg


潮の香りとともに太陽の光を浴び、ゆっくり過ごすのがおススメです。 IMG_1769 (2).JPG


マラケシュからのトリップ、是非計画してみてください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2018年4月14日
« 前の記事「No40:マラケシュからトリップ エッサウィラ「やぎのなるアルガンツリー」」へ
»次の記事「No42:マラケシュリアド Riad Nafis」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No109:モロッコ旅⑦ モロッコの郷土料理 メクネス・フェズ地域の「マッコーラ」
    No108:2018年度★上期★特派員アワード 
    No107:出国前に銀座の免税店で買い物のほうがお得?モロッコであまり期待できないTax Free
    No106:モロッコ旅⑥ Imilchil(イミルシル)ホテル Auberge des Lacs
    No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)
    No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用
    No103:ONCF 電車脱線事故
    No102:モロッコ旅行で使いたい!モロッコの言葉「ダリジャ」

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集