海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No53:マラケシュからトリップ シェフシャウエン...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月 6日

No53:マラケシュからトリップ シェフシャウエンで体験 モロッコのベビーシャワー


No53:マラケシュからトリップ シェフシャウエンで体験 モロッコのベビーシャワー

22時頃宿の横で写真を撮っていると、前の家から、向かいの家に、料理をなんども運んでいる女性たちに出会います。
IMG_2686.JPG

とりあえず、目が合ったので「アッサラームアライクム」と挨拶。
そうすると、若い大学生くらいの女の子が「良い旅を!」と言って、ハンドメイドのお菓子をくれました。

その場を立ち去ろうとすると、その子のお母さんから家に来なさい。と言われ、お邪魔してみると中にはたくさんの女性たち。みんなに「アッサラームアライクム」と再び挨拶。
イスラムの女性の中には写真を嫌がる人も多いので、撮影できなかったのは残念ですが、年配者はトラディショナルな民族衣装カフタンを着ている女性もいました。

最初に声をかけてくれた女の子の叔母さんが出産したと言うことで、みんなでお祝いしていました。
出産後1週間以内で行われるモロッコのベビーシャワーは食べて、食べて。歌って、踊って...というような感じで、みんな楽しそう。
モロッコは、赤ちゃんを産んだら翌日には、退院です。筆者に出産経験はないですが、日本で考えるとスパルタですね。


22時に食べてと出てきた「やぎとプルーンのタジン」
IMG_2688.JPG

既に、夕食を済ませていたし、22時にヤギ!!!!という感じでしたが、せっかくなのでいただきます。
その後、チキンのタジンやデザートにフルーツの盛り合わせが出てきました。
そして、お菓子をもらって、日本のことなどを少し話して帰りました。
IMG_2923.JPG

ベビーシャワーは経験したことあるんですが、もちろん知らない人のお宅にいきなり呼ばれてのベビーシャワーは初めてです。友人もビックリでした。
モロッコは知らない人を結婚式やお葬式などの食事の場に迎え入れることはありますが、シェフシャウエンは旅行者が多いとはいえ、どこの国から来たかもわからない知らない旅行者を夜22時頃に迎え入れることはなかなかないと思うのでお互いいい経験になったのではないかと思います。

モロッコの人を迎える時の温かい気持ちは日本の「おもてなし」という心と通ずるものがあると思っています。
貴重な体験に、お邪魔しました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2018年5月 6日
« 前の記事「No52:マラケシュからトリップ シェフシャウエンリヤド Dar Elrio」へ
»次の記事「No54:サマータイム一時中断について」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No107:出国前に銀座の免税店で買い物のほうがお得?モロッコであまり期待できないTax Free
    No106:モロッコ旅⑥ Imilchil(イミルシル)ホテル Auberge des Lacs
    No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)
    No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用
    No103:ONCF 電車脱線事故
    No102:モロッコ旅行で使いたい!モロッコの言葉「ダリジャ」
    No101:マラケシュの治安情報~邦人犯罪被害事例~
    No100:モロッコ旅④ Beni-Mellal(ベニメラル)

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集