海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No58:マラケシュ新市街カフェ・レストラン LA...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月13日

No58:マラケシュ新市街カフェ・レストラン LA CREPERIE DE MARRAKECH


メール プリント もっと見る

No58:マラケシュ新市街カフェ・レストラン LA CREPERIE DE MARRAKECH

モロッコはフランスの植民地だったこともあるので、フランスのエスプリが色濃く残っています。



今回はフランス北西部のブルターニュ地方発祥のそば粉で作られるガレットが美味しいお店、La creperie de marrakech(ラ クレープリー ドゥ マラケシュ)をご紹介。
IMG_0430.JPG



店内でまず出迎えてくれるのはこのお話しする鳥。オウム?九官鳥?
アラビア語でお話ししてくれます。
IMG_0424.JPG


テラス席の雰囲気が素敵です。 IMG_0431.JPG


だいたいガレットのお値段は40DH~(480円/1MAD=12JPY)。 私はエビ入りのガレットにしようと思ったのですが、入荷がないということで、チョリソーとたまご、チーズのL'espagnole(エスパニョール)60DH(720円/1MAD=12JPY)にしました。生地はカリッと美味しいです。 IMG_0434.JPG


デザートクレープは塩キャラメルのクレープにバニラアイスを。 IMG_0436.JPG


モロッコにも、モロッコクレープのムスンメンというものがあるのですが、ちょっと重くて、ずっしりするので、久しぶりに食べたのですが、やっぱりフランス風は軽くて美味しいな...と。 きっと、日本のクレープ文化はもっと進化しているんだろうな...と少し日本が恋しくなりました。


IMG_0460.JPG


テイクアウトもできます。新市街にお泊まりの方はホテルに持ち帰って食べるのもいいのではないでしょうか?

Adress:14 Petit Marche de Gueliz Route de Targa, Marrakech, Maroc
Tel:+212 5244-32208
Open:12-15h/18h-22h

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年5月13日
« 前の記事「No57:タンジェからマラケシュまで寝台特急に乗ってみた!」へ
»次の記事「No59:旅行者注意!ラマダン始まります!」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No62:モロッコの漁港 新鮮な魚を求めてとれとれ市場に行ってみた!
    No61:第19回日本語スピーチコンテスト in morocco
    No60:インスタ映え間違いなし!!! モロッコにゃんこ大特集!!!
    No59:旅行者注意!ラマダン始まります!
    No58:マラケシュ新市街カフェ・レストラン LA CREPERIE DE MARRAKECH
    No57:タンジェからマラケシュまで寝台特急に乗ってみた!
    No56:マラケシュからトリップ テトゥアン発!モロッコの中で一番かわいいばらまき土産
    No55:マラケシュからトリップ テトゥアン

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集