海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No81:モロッコとW杯、そしてイケメン監督

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 3日

No81:モロッコとW杯、そしてイケメン監督


No81:モロッコとW杯、そしてイケメン監督

W杯、日本残念。
どんなスポーツもベスト8の壁は高いですね。



さて、実は20年ぶりに出場したモロッコ。
出場決めた日の、ジャマエルフナ前の通りは、狂喜乱舞するモロッコ人たちでいっぱい。
IMG_7157 (2).JPG



盛り上がりは、渋谷のスクランブル交差点に負けていません!
IMG_7149 (2).JPG


本選は、予選リーグで敗退してしましましたが、41位(2018年6月7日現在)のモロッコが、 イラン(37位)・ポルトガル(4位)・スペイン(10位)格上相手によく頑張ったと思います。 全敗だったため、モロッコのみなさん、暴れることもなくとても静かでした(笑)


既に、ネットニュースにもなっていましたが、 日本にも、モロッコ / エルベ・ルナール監督がイケメンということが伝わったようで...(フランス人です。) ※ルナール監督の画像が肖像権にひっかかる恐れがあるので、是非気になる方はご自身で検索してみてください!


どうやら、西野監督になるまえの数日間、監督不在の間、日本サッカー協会はルナール監督にもお声をかけたようで...。 彼は2022年まで、契約を全うし、モロッコの監督でいるそうです。


さて、次の、W杯はどこでやるかというと... カナダ、メキシコ、米国が3カ国共催でということですが、実はモロッコも開催地に立候補していました。


モロッコで、やるメリット... 「時差はなく、通貨も1つ。全開催都市はカサブランカから半径550キロメートル以内のため、移動の負担も少なく、空港から1時間以内の場所にあるため、選手とサポーターはサッカーに集中できる 」とのことですが...「大会関連施設のほとんどが新設で大幅なインフラ整備が必要」ということ で、今回も大差をつけて破れました。


モロッコはこれまで1994年、1998年、2006年、2010年のW杯招致に立候補しましたが、すべて落選しています。正直、モロッコの地方のスタジアムに行ったことありますが...観客席、ロッカールーム、シャワー等色々日本基準で考えると、開催は厳しいクオリティーです。 11078.jpg


モロッコ王室のムハンマド6世の指示により、モロッコ政府は2030年のW杯招致の準備を進めると発表しました。モロッコの人々はサッカー大好きなので、 是非、次の次の2030年に開催に期待したいと思います! 本当に開催を実現するには、相当の改善が必要だと思います。そのための資金も必要です 。 開催国になることで、資金が投資され、モロッコのインフラがさらに整い、観光客にみえるところだけじゃなく、多くのところに恩恵を与えて欲しいと思います。そして、この国の子供たちに夢を与えて欲しいな...と思います。


IMG_2816.JPG 最後に、W杯記念でモロッコで販売されていたミネラルウォーター...モロッコカラーでカワイイです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年7月 3日
« 前の記事「No80:日本からモロッコへの行き方」へ
»次の記事「No82:モロッコのお米」 へ
おすすめ記事
    マラケシュ特派員 新着記事
    No98: 【祝日のお知らせ】Happy New Hijri Year  イスラム歴新年
    No97:モロッコ旅② モロッコの高速道路
    No96:モロッコ旅① レンタカーを借りてみた
    No95:【アフリカに支援してみませんか?】モロッコのシディカセムからコンゴ民主共和国へ羽ばたいた一人の女性の挑戦~コンゴ民主共和国と日本の架け橋へ~
    No94:Casablanca 海鮮レストラン Restaurant du Port de Peche
    No93:Aïd mubarak 羊犠牲祭
    No92:Casablanca Mosquée Hassan-II  ハッサン2世モスク
    No91:モロッコ最大のお祭り 羊犠牲祭の日程

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • マラケシュ特派員

      マラケシュ特派員
      Shiho
      2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集