海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No90:マラケシュ、ジャマエルフナで火事に巻き込...

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月 7日

No90:マラケシュ、ジャマエルフナで火事に巻き込まれる!


No90:マラケシュ、ジャマエルフナで火事に巻き込まれる!

8月3日、夜のジャマエルフナ...御用達のCafe arganaでボヤ騒ぎが。
IMG_4206.JPG



突然、照明がピカピカ光りだし、店内が真っ暗に。バースデーサプライズの演出かな?と思いつつ、そんな気の利いたサービスはモロッコにはないと思い、停電かな?と思いました。モロッコでの停電はつきものなので仕方なく、そのままドリンクを飲み続けていました。
下からも、上からも人が逃げはじめ...とりあえず状況把握のため近付きました。
IMG_4197.JPG



あれ、階段の下から火が...火事だ! Image_5df489b (2).jpg


店内のお客さんは一斉に逃げ出してはいましたが、女性の定員は特に何もせず、ぼーっと。男性の定員や、お客さんは消火作業。 本格的に、やばいかも!と思って、急いで外へ。 IMG_4202.JPG


外は騒然、消防車まで出動。もう、ジャマエルフナの屋台の煙なのか火事の煙なのかわかりません。 すごい人だかり...。 IMG_4204.JPG


写真はブレブレですが、どうやら電気系統がショートした模様...。 IMG_4212.JPG


夜だったため、レストランで食事を楽しんでいた人々も多かったのに、みんな逃げ出してしまい、私も、支払いしなかったので、翌朝、昨日の支払いに...。2011年このカフェは、テロが起きているので、それ以降きっちり警備を強化していて、WIFIもあるし、トイレもきれいだし待ち合わせにはおススメのカフェ。営業停止になるのは悲しいな。。。と思っていましたが、普通に営業していました。話を聞いてみると、どうやら、ARGANA CAFEと横の民族衣装屋さんのところの電気系統トラブルで出火したようで、被害はほとんどなかった模様。出火場所もどこかよくわかりません。 IMG_4298.JPG


海外で火事...言葉がわからないぶん、やはり周囲を観察、問題把握、迅速な対応等は大事だな~と。 避難訓練という言葉も知らないモロッコですが、みんな落ち着いて逃げていました。 ついついブログのネタ!と思って、カメラをパシャパシャしてしまいました(笑)が、 それよりも火事の野次馬達の中に入り、スリに会う方が嫌だ...と思って、 外に出ることを躊躇してしまったのは、ここで暮らしているからならでの発想かな...と一人で振り返っていました。 ...自分の身は自分で守らないと。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2018年8月 7日
« 前の記事「No89:アトラス山脈ティシカ峠 拡張工事中」へ
»次の記事「No91:モロッコ最大のお祭り 羊犠牲祭の日程」 へ
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集