海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月 9日

No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用


No104:冬時間を廃止 通年で夏時間を使用

モロッコ政府は26日、冬時間を廃止し、年間を通してサマータイム(夏時間)を使用することを決定しました。
http://news.livedoor.com/article/detail/15506170/

サマータイムが標準時間になり、日本との時差は9時間から8時間になります。
IMG_5110.JPG


今年は28日から冬時間に戻る予定で、なかなか発表されないため、みんな一時間寝れるか寝れないかそわそわ...。 特に、この時期モロッコは雨が多いので、暗いうちからの出勤はリスキーと働くモロッコ人達。確かにつらい。


サマータイム導入、解除の日は、モロッコ設定にしてあると、携帯は当日の朝起きると、自動調整で時間をずらしてくれます。 ラマダンの時は自身で調整です。来年のラマダンは5月の予定なので、あえて日照時間を短くするようなことは今後何年か行わないのかもしれません。


冬時間への切り替え廃止により1日で1時間の「自然の光」がある時間を確保することができ、電力消費を削減することができると行っているようですが...


そもそも、日中長いと暑くて寝て、20時くらいから動き始め、21時頃がスーパーマーケットの一番込み合う時間で、その後夕飯を作り始めるので...夜起きてる時間が長いモロッコ人にとって電力の消費の削減は実現するのだろうか...というのが、個人の感想です。


実際、モロッコ人たちは、銀行、省庁などでは制度にしたがっていますが、メディナの商人達は時間できっちり動いているような人達じゃないのでそんなに...気にしておらず、旧時間のままの時計が多いです。


モロッコにお出かけの際はお気を付けくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2018年11月 9日
« 前の記事「No103:ONCF 電車脱線事故」へ
»次の記事「No105:モロッコ旅⑤ Imilchil(イミルシル)」 へ
おすすめ記事
マラケシュ特派員 新着記事
No122:イスラム圏の女子旅行のマストアイテム
No121 : モロッコの食器メーカー COSEMA
No120:モロッコ旅行⑫ 迷宮都市フェズ 
No119:モロッコ旅⑪ 世界遺産 ヴォルビリス
No118:モロッコ旅⑩ メクネス CAFE おすすめ朝ごはん
No117:モロッコ旅⑨ ムーレイ・イドリス
No116:【重要】モロッコ観光地 入場料値上がりのお知らせ
No115:モロッコ旅⑧ メクネス

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集