海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No110:警戒必要 モロッコで北欧女性2人殺害

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月21日

No110:警戒必要 モロッコで北欧女性2人殺害


No110:警戒必要 モロッコで北欧女性2人殺害

こんなことをブログ記事に書くのは非常に残念です。



モロッコで北欧女性2人が殺害されました。
http://news.livedoor.com/article/detail/15765917/?fbclid=IwAR3E33If6jDh3BJ7jGSic_snC5fWppon5xQbgF1T1BADyZCAJT-_oKQmOTY



殺害現場は、イムリル(Imlil)から10キロ離れたキャンプ場ということ。
イムリルとは、マラケシュから、1時間半ほどの、のどかなベルベルの村で、起こった悲劇。



この村は、モロッコのトゥブカル山(Toubkal)に登るために、キャンプする観光客が多くいる村になります。日本でいうと、富士山に登ろうとした観光客が麓で殺されたという感じです。(被害者は山に登ろうとしていたかどうかはわかりませんが...)トレッキングなどでも人気のある場所です。
13403174_1287968167899642_5527858705617756378_o.jpg



犯人がイスラム過激派の可能性があるということで、もしかしたらクリスマス前ということで、欧米系の人を狙おうと思ったのか...?、はわかりませんが、旅行される方は警戒が必要だと思います。


最近、知人がATMでお金を引き出したところ、後ろから刃物を突き付けられお金を奪われたり、携帯で話している途中後ろから抜き取られたり...日本にまでは伝わってこない事件はたくさんあります。


モロッコの2017年の犯罪統計は559,035件が報告されており、強盗、財布の奪取、女性の嫌がらせが上位にきています。正直、報告されていないものを含めるともっと多い犯罪が起きていると思います。今回の被害者の方も2人でテント泊をしていたということで、何があっても山奥だし、観光客が対処できるような場所ではないので、非常に高いリスクが元々あったと思います。


モロッコは北アフリカの中で、危険度は低いと思いますが、少し警戒が必要かもしれません。普通に生活している分には問題ないのですが...。せっかくのモロッコ旅行...、今から、年越し砂漠などで、渡航を検討されている方は充分にご注意ください。


最後に、被害者の方へお悔やみ申し上げます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2018年12月21日
« 前の記事「No109:モロッコ旅⑦ モロッコの郷土料理 メクネス・フェズ地域の「マッコーラ」」へ
»次の記事「No111:Sana Saida あけましておめでとうございます」 へ
おすすめ記事
マラケシュ特派員 新着記事
No122:イスラム圏の女子旅行のマストアイテム
No121 : モロッコの食器メーカー COSEMA
No120:モロッコ旅行⑫ 迷宮都市フェズ 
No119:モロッコ旅⑪ 世界遺産 ヴォルビリス
No118:モロッコ旅⑩ メクネス CAFE おすすめ朝ごはん
No117:モロッコ旅⑨ ムーレイ・イドリス
No116:【重要】モロッコ観光地 入場料値上がりのお知らせ
No115:モロッコ旅⑧ メクネス

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集