海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > マラケシュ特派員ブログ > No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコ/マラケシュ特派員ブログ Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月27日

No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~


No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~

モロッコのタクシーの乗り方、何が本当?ということで、今回はタクシーの乗り方についてご紹介します。
IMG_1030.jpg



「ぼったくられた!」とか、「私達は○○DHで乗れた!」とか、ブログ記事やインスタ書いている人をなどでよく見ます。いったい、何が本当なのでしょうか?


まず、タクシーにはプチタクシー(小さなタクシー)と、通称プチタクと、グランドタクシー(大きなタクシー)通称グラタクと2種類あります。各街によってタクシーの車体の色が違います。


今回はプチタクシーのご紹介。
プチタクシーとは市内タクシーのことです。各街によってタクシーの初乗りの値段も違います。夜になると夜間料金です。

【参考価格(2018年度)】(初乗り→夜間初乗り)
マラケシュは黄色(1,7DH→2,1DH)
カサブランカ(2,1DH→2,5DH)
ラバト(1,4DH→1,7DH)
しかし、街によっては例えば、エルジャディダは1人10DH。
ベニメラルは1台7DHです。アイナッサルドゥーンという山の上の公園に行くときだけ10DH。夜間は街中も10DHです。


タクシーの色は街で違います。

ラバト・シェフシャウエン→青
カサブランカ・アガディール・フェズ→赤
マラケシュ・べにメラル→黄色
モハメディア→黄緑
メクネス→水色

30107.jpg


タクシーのメーターはステレオの下や、ミラーについていたりと様々。


マラケシュの場合、駅からジャマエルフナまで10DH前後だと思います。新市街のスーパー、カレエデンにあるカルフールまでは7DHです。 ラバトやほか地域はだいたいメーターを使ってくれます。マラケシュやカサブランカの駅や観光地に停まってるタクシーはだいたい使ってくれません。観光客のみなさんが乗る場所が観光地なのでメーターで行くのは難しいですが、乗れると便利にこしたことはないです。カサブランカのモロッコモールはCasa Portの駅からメーターで40Dh前後ですが、なかなかメーターではいってくれません。


タクシーは3人まで乗車可能で、相乗りです。タクシーの止め方は何人乗りたいかを指で出して、行きたい方角を指すのが、モロッコ流。 先ずは、窓越しに行き先を伝え、OKなら乗り込む。空いていても、先客との方向が違う場合は、NOの場合もあります。それぞれの値段がメーターで表示されますが、同じ方向に行くお客さんと一緒なのでたまに、大回りになり値段がかさむときも...(値段を引いてくれる運転手もいる)。さらに、一人も乗っていない場合でも、自分の家の方向と違ったり、モスクの方向と違ったりすると、断られる場合も。ホテルから観光地までタクシーをフロントの人に呼んでもらうのもいいですが、せっかくなので現地のタクシーつかまえてみてください。 モロッコは白タクはいないので、タクシーと書いたものに乗りましょう。車体に番号が書いてあります。タクシーは全て登録してあり、日本のようにたくさんタクシー会社があるわけではないので、車体に書いてある4桁の番号を乗る前に覚えておきましょう。もし、万が一忘れ物とかをすると、戻ってくる可能性があります! IMG_0295.jpg


イスラム教に勧誘されたり、食事に誘われたり...現地の人とのディープなコミュニケーションがあるかもしれません。 マラケシュだと、ちょっと駅や観光地から離れるだけで、メーターを使ってくれるタクシーがたくさんいます。 ぜひ、タクシーにトライしてみてください。


もちろん、日本のように自動ドアではないので自分でドアは開閉しましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2019年4月27日
« 前の記事「No123:モロッコの壁アート」へ
»次の記事「No125:映画の街 ワルザザート」 へ
マラケシュ特派員 新着記事
【急募!】マラケシュ特派員を募集しております!
No130:最後のご挨拶
No129:モロッコの気球に乗ってみた!
No128:モロッコの伝統的な靴 バブーシュ
No127:モロッコのタクシー事情②~グラタク編~
No126:マラケシュメディナレストラン Cafe Snack Chinguitti
No125:映画の街 ワルザザート
No124:モロッコのタクシー事情①~プチタク編~
1年前の同じ月に投稿された記事
No48:マラケシュからトリップ エッサウィラ発!オシャレ雑貨「Boheme et Morocco」
No47:フォーシーズンズホテルでランチ
No46:足元注意!旧市街工事中
No45:モロッコ雑貨を日本まで持ち帰りたい!
No44:マラケシュ旧市街おしゃれなカフェ・レストラン Zwin Zwin Cafe
No43:マラケシュ観光 メナラ庭園
No42:マラケシュリアド Riad Nafis
No41:マラケシュからトリップ エッサウィラ
No40:マラケシュからトリップ エッサウィラ「やぎのなるアルガンツリー」
No39:インスタグラマー必見! ジャマエルフナ広場オススメの撮影カフェ

モロッコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • マラケシュ特派員

    マラケシュ特派員
    Shiho
    2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集