海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > シャンパンのモエ・シャンドンinオーストラリア

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月 7日

シャンパンのモエ・シャンドンinオーストラリア


シャンパンのモエ・シャンドンinオーストラリア

 IMG_1837.jpg

世界有数のシャンパンで知られるモエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)。黄金に輝く泡がグラスの中ではじける様子は、優雅さにあふれています。

メルボルン中心から東へ車で90分ほど、ヴィクトリア州でも屈指のワイナリーがあるのがヤラ・ヴァレーです。
そしてここにモエ・エ・シャンドンの伝統的な製法を守ってワインなどを醸造するドメーヌ・シャンドン(DOMAINE CHANDON)が設立されました。
今では上質なシャンパンやワインを求めて多くの人が訪れる人気の定番スポットとなっています。

なかなか機会がなかったのですが、今回初めてワインのテイスティングに行ってきました。お酒好きですが、ワインに詳しいというわけでもないので、ちょっとドキドキです。

P4110832.JPG

P4110812.JPG
中に入ると、ワイナリーに続くガーデンを見渡せるガラスの吹き抜けがあります。

P4110816.JPG

内部は主にゆっくりと食事ができるレストランThe Brasserie(火〜木曜は休業)と、Tasting Bar(テイスティングバー)の2つに分かれています。
テイスティングカウンターは天気のよい週末はかなり混んでいます。特に並んだりしていないので、場所が空いたらカウンターへ行きます。
スタッフが近づいてきて、グラスを目の前に置いてくれて、テイスティングできる種類をざっと説明してくれます。
この時に料金が1人5ドル(2015年4月現在)かかりますが、あとでワインを購入するとその分を引いてくれます。

P4110822.JPG

P4110823.JPG

赤、白、ロゼのスパークリングなど6種類試しました。スピトーン(テイストしたワインを捨てる容器)も置いてあったのですが、完飲してしまいました。というか、そういう人の方が多かったような。
おそらくグラス2杯分ぐらいはあったと思います。穏やかな午後にゆっくりとした贅沢な時間でした。
メルボルンから行けるちょうどよい日帰り旅行であり、ワインだけではなくちょっとしたおみやげなども選べるので、訪れてみるのもいいかもしれません。牧歌的な光景にも癒されます。


公式ドメーヌ・シャンドン(英語)
http://www.domainechandon.com.au/

公式ドメーヌ・シャンドン(日本語の製品紹介ページ)
http://www.mhdkk.com/products/chandon.html

ドメーヌシャンドン(DOMAINE CHANDON)
【住所】727 Maroondah Highway, Coldstream VIC 3770
【テイスティングバー営業時間】10.30〜4.30pm(月〜日)※クリスマス、ボクシングデーは休み

【行き方】電車:メルボルンからLilydale Line(リリーデール線)でLilydale(リリーデール)まで行き、そこからバス。ただし帰りはコンシェルジェなどにタクシーを呼んでもらった方がよい。※ヤラ・ヴァレーは広くワイナリーが点在しているので、できたらレンタカーか、ツアーで行った方がよい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年6月 7日
« 前の記事「【食べる!】量り売りで好きな量だけ買えるデザート「フローズンヨーグルト」へ
»次の記事「おみやげを買う時間がない?だったらスーパーへGOです!」 へ
メルボルン特派員 新着記事
ミニチュアトイを集めよう
感染者数増加のなかロードマップを発表
長引くロックダウン、進むワクチン接種
ロックダウン6.0
メルボルンでもアウトレット
オーストラリアのMチョコ事情
メルボルン4度目のロックダウンへ
ストリート・アート 人編

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集