海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > ガレージに住みついてしまった有袋類ポッサム

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月 1日

ガレージに住みついてしまった有袋類ポッサム


メール プリント もっと見る

ガレージに住みついてしまった有袋類ポッサム

IMG_2153.JPG

オーストラリアは都市部にも野生動物が多く住んでいます。
メルボルンのシティ内にある公園にも、夜ともなればガサガサと夜行性のポッサムなどが現れます。
都会でもこのような状況なので、郊外ともなると大きめの州立公園には野生のカンガルーが生息しているのも珍しい光景ではありません。カンガルーの群れを横目にジョギングをするのも普通だったりします。

IMG_2553.JPG

IMG_2157.JPG

そして中でも住宅地でよく見かけるのが、ポッサムです。「北米に生息するオポッサムとよく混同されるようですが、分類学的には違う」(※)とのことです。
※https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%A0

実は以前からガレージのロールシャッターの中で音がするような気がしていたのですが、今年になってポッサムが住みついてしまっていることがわかりました。
毎朝シャッターをあげると、ぱらぱらと小枝が落ちてきていて、不思議に思っていました。どうやら寝床であるシャッターの筒状の部分に敷いていたようです。

IMG_1069.jpg

ポッサムはかわいい見た目とは裏腹に、夜中に変な鳴き声をあげたり、庭の果物や野菜を食べてしまう食いしん坊なので、あまり好かれてない面もあります。
とはいえ法律で保護されており、また飼うことも禁止されています。

そんなある日、夜に裏庭にちょっと太めのポッサムが現れました。ふだんは機敏でリスのように木々を飛び回るのですが、なんだか「よっこらしょ」といった感じです。
そしてしばらくその姿を見かけないなと思ったら...

IMG_1572.jpg

IMG_1573.jpg

なんと!おかあさんになっていました。ぽっちゃりポッサムだと思っていたのですが、お腹に赤ちゃんがいたのですね。
お腹もすくだろうと思って、パンをあげてみたら一心不乱に食べていました。

やがてすくすくとポッサムの赤ちゃんも育ち、しばらくするとおかあさんから離れて動き回っていました。大きさからするとガレージに住みついてしまったのは、赤ちゃんの方みたいです。
現在は車を出すときにも、ポッサムに気をつけながらの日々が続いています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年8月 1日
« 前の記事「離陸前に知っていると役立つ?メルボルン空港の便利スポット4選」へ
»次の記事「格安の公共レンタサイクルでメルボルンを走ってみよう」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集