海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 格安の公共レンタサイクルでメルボルンを走ってみよう

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月 9日

格安の公共レンタサイクルでメルボルンを走ってみよう


メール プリント もっと見る

格安の公共レンタサイクルでメルボルンを走ってみよう

IMG_1673.jpg


メルボルンでの移動手段といえば、まずは徒歩。
それ以外では電車、トラム、バスなどの公共交通網を利用することになります。
特に市民の足としてトラムは便利なのですが、乗り換えなどの手間、土地勘がなかったりするとちょっと不安かもしれません。
もちろんシティサークルという、ツーリスト向けの観光名所を巡回するラインもあるのですが...。

IMG_1670.jpg

実は2010年からメルボルンシティでは公共のレンタサイクルのサービスが始まりました。
正確には「Melbourne Bike Share(メルボルン・バイク・シェア)」というプログラムで、シティ内50カ所のステーション で自転車が借りられるサービスです。
青い自転車が目印で、ステーションであればどこに返却してもOKという便利なシステムです。


手続きは簡単で料金も1日の場合、基本料金$2.9(約270円)+レンタル時間$2(約185円)/60分〜(※1)となっています。
これなら渋滞知らずで行きたい場所にスイスイと行けて、しかもちょっとローカルっぽい気分にもなれちゃいそうです。
※1...30分以内は無料

IMG_1668.jpg

IMG_1669.jpg

使い方は意外と簡単です。
1.バイクステーションにあるマシンにタッチ。
2.1日〜1年のレンタル希望期間や借りる台数(最大2台まで)などを選ぶ。
3.クレジットカードを入れて支払い完了
4.自転車の電子キーを解除する数字がプリントされたレシートを受け取る。
5.番号を入力して電子キーを解除する。

IMG_1672.jpg

ところでメルボルンでは自転車に乗る場合絶対に守らなければならないルールが以下の2点です。
1.ヘルメットを着用する。
2.歩道ではなく車道を走る。

ヘルメットに関しては、自転車に前の人が使用したものがくっついてる場合はそのまま使用しても大丈夫です。返すときに同じようにして次の人が使えるようにしておきます。
さもなければ、$5で購入することもできます。
こちらが購入場所です

シティ内は交通量も多いので気をつけてくださいね。土日は比較的空いている道もあるので、平日を避けるのもいいかもしれません。坂も多いですが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【データ】
Melbourne Bike Share(メルボルン・バイク・シェア)
http://www.melbournebikeshare.com.au

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2015年8月 9日
« 前の記事「ガレージに住みついてしまった有袋類ポッサム」へ
»次の記事「おみやげの大量調達にも!オーストラリア産他スイーツのディスカウントショップ」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集